社会学的ラブソング・改

音楽と本とお茶と美味しいものと面白いもので出来ている。あんまりはてブされたくないです・・・。

活字

濱地健三郎の幽たる事件簿

恵方巻、とりあえず買ってきて永谷園の松茸のお吸い物かなんかと一緒に食卓に出したら晩ご飯むっちゃ楽、という意味では大変ありがたい。「濱地健三郎の幽たる事件簿」(有栖川有栖/角川文庫)読んだ。濱地健三郎の幽たる事件簿 (角川文庫)作者:有栖川 有栖…

山形怪談

でん六豆が西日本で知られていない、という話を見かけた。 「まっめーのでーんろく!」てCMは見聞きしてたんだけどな・・・と思いながら、家人が会社で貰ったという豆を観たらよしピー。 落花生もよしピー。 神戸は吉田ピーナッツと東洋ナッツが強そうである…

モナドの領域

家人母から貰った大きな耐熱ボウルを割ってしまった。 大きさ・硬さ・底の丸さがお米研ぐのに丁度良かったんだ・・・悲しい。「モナドの領域」(筒井康隆/新潮文庫)読んだ。モナドの領域(新潮文庫)作者:筒井康隆新潮社Amazon河川敷で若い女性の腕が見つ…

タイタン

スマホで電子書籍、めっちゃ読みづらい。 ふとスマホ持つ手を奥に下げた。 ・・・ちょっと見易くなった。 此れがLOW-GUNというやつか? 45歳過ぎたら一気に来ると聞いていたけど・・・46歳になる直前にキタよ! てか46歳になっちゃった、吉村さんの歳に追い…

泣きたくなるほど嬉しい日々に

先日、メルカリで値下げ可能か聞かれたんだが、其の人の名前に「プロフ必読」と有るのでプロフ見たら「値下げ要求×」とあった。 自分がNGな事を他人に求めるんかーい! 可能か聞くのは要求ではないとでも?「泣きたくなるほど嬉しい日々に」(尾崎世界観/角…

ていうかもう1月末なん!

なんだかんだでほぼ毎週観ているドンブラザーズ、あと1か月で終わるんだろうか。 ほんまに終われるのか。 ウルトラCかまして大団円!も可能そうだよなぁ、今日のお神輿観てると。今月読んだ雑誌とか。 ・Talking Rock! 日記みたいなアルバム、って或る意味…

メイド喫茶探偵 黒苺フガシの事件簿

今日はお稽古、お買い物もするもんね☆〜(ゝ。∂) だが積雪予測による交通機関運転見合わせとかの絡みでお休みに。 ふて寝した。「メイド喫茶探偵 黒苺フガシの事件簿」(柴田勝家/星海社FICTION)読んだ。メイド喫茶探偵黒苺フガシの事件簿 (星海社FICTION…

岩橋邦枝の誹風柳多留

「サラリーマン川柳」が「サラっと一句!わたしの川柳コンクール」になるんだそうで。 名前変えりゃいいってもんでもないような。 選ばれる句の多様性の方が大事だと思う。「わたしの古典 岩橋邦枝の誹風柳多留」(岩橋邦枝/集英社文庫)読んだ。岩橋邦枝の…

昨日読んだ本

家に居るなら居るでやる事もあるだろうに、無いなら無いで寝不足解消にあたれば良かったのに。なんだかんだで読んでた。 ・京極夏彦が選ぶ!水木しげる未収録短篇集(ちくま文庫)京極夏彦が選ぶ!水木しげる未収録短編集 (ちくま文庫 み 4-37)作者:水木 しげ…

わるいはうまい

寒波来るし仕事にならなさそうだし休みたいが段取り的に悩ましい。 昨日野暮用で休んじゃったから余計悩ましい。「わるいはうまい」(杉村啓/醤油をこぼすと染みになる)読んだ。 今回は初版買えた!輝いてる! うま味調味料、塩、アルコール・・・等等、体…

編み物ざむらい

「Get Ready!」について「ありえねー!」らしいが、 フィクションだしこまけえこたあいいんだよ!悪いのが改心すりゃいいんだ!アタシはあのメカメカした手術室が観れたらええんよ! ・・・である。 因みに未だ第1話の後半しか観てない。「編み物ざむらい」…

らも咄

新コロ絡みで「今の若い子が可哀想」ってアレコレ解禁せえ、みたいな流れになってるが。 可哀想な点もあるけど、年寄りが思ってる以上に、若い子らって案外「そういうもん」と割り切って生きてるんじゃないかねぇ。 マスクしんどかったら上手くタイミング見…

ほぼ日刊イトイ新聞の本

昨日地元FMでやってた幸宏さん追悼特集的なYMOリミックスが酷かった。 「RYDEEN」始まりかと思ったらめっちゃ音飛びする・・・でもバックの別の音がずっと鳴ってるから放送事故ではなく、そういう仕様。 で、冒頭の「レ、ミ」辺りを何回も何回も繰り返すんで…

密室の如き籠るもの

寒くて洗濯物から湯気みたいなん出てる。 恐らく洗濯物から蒸発した水分がすぐ冷やされてるんだろう。 もっと寒いとこだと、そうなる前に凍るのか。「密室の如き籠るもの」(三津田信三/講談社文庫)読んだ。密室の如き籠るもの 刀城言耶シリーズ (講談社文…

超常気象 異形コレクションLIV

バレンタインのチョコ、もういいや。 あれ可愛い美味しそうってカタログ見てるだけで充分楽しい。 ・・・と、去年のチョコ食べながら考えた。 まあまあ美味しく食べられなくはないが、チョコに無礼な仕打ちである。「超常気象 異形コレクションLIV」(井上雅…

首里の馬

今日というか今年は敢えて此のエントリを先に上げる。 本来書く筈のエントリは多分夜上げてるんじゃないだろうか。「首里の馬」(高山羽根子/新潮文庫)読んだ。首里の馬(新潮文庫)作者:高山羽根子新潮社Amazon不思議な小説である。 沖縄の資料館の整理を…

恐怖箱 深怪

今日もだらだらしているうちに終わりつつある。 そういうとこやぞ。「恐怖箱 深怪」(戸神重明/竹書房怪談文庫)読んだ。恐怖箱 深怪 恐怖箱シリーズ (竹書房怪談文庫)作者:戸神重明竹書房Amazonツイで「昭和の地下鉄」の話が気になったもので。 不思議とい…

有夫恋

今日は日中めっちゃあったかいらしいが、朝はめっちゃ冷たい。「有夫恋」(時実新子/角川文庫)読んだ。有夫恋 (角川文庫)作者:時実 新子KADOKAWAAmazon川柳の句集。 大学の講義・演習で川柳のやつ取って実作したのを先生に御褒め頂いたので調子に乗って「…

BOOM BOOM SATELLITES 25th Anniversary BOOK「ブンブンサテライツ」

「BOOM BOOM SATELLITES 25th Anniversary BOOK『ブンブンサテライツ』」(音楽と人)読んだ。 中野さん回想録、川島さんゆかりの方方の証言、写真、「音楽と人」記事の再録。 読んでいて息が詰まりそうである。 音速、いや光よりも速くね?な生き様。 其れ…

敢えて雑誌にツッコミを入れてみる〜Sweet篇

昔、普段読まない雑誌読んでツッコミ入れるという謎エントリを書いていた→こちら 久しぶりにやる。今回ネタにするのは一部で話題になっていた「Sweet」2023年1月号の「推しのために可愛くなる!」特集。 諸事情により雑誌のみ入手。付録込みで1000円超えるよ…

やめられない ギャンブル地獄からの生還

連休前にやろう!と決めた事、全く出来ないまま連休が終わってしまった。。。「やめられない ギャンブル地獄からの生還」(帚木蓬生/集英社文庫)読んだ。やめられない ギャンブル地獄からの生還 (集英社文庫)作者:帚木 蓬生集英社Amazonギャンブル、主にパ…

貧乏神あんど福の神 怪談・すっぽん駕籠

昨日のスペシャの加山雄三特番、THE King ALL STARSの映像も流れるようなんで観てた。 明らかに名越さんのギターソロだぞ?なとこで全く映らなかったのは何故だ。「貧乏神あんど福の神 怪談・すっぽん駕籠」(田中啓文/徳間文庫)読んだ。貧乏神あんど福の…

束の間の正月休みだった

僅かな正月休み、買い物帰りに近所のゲーセンに寄った。 基本的にお子様向けだが家人曰く「アームよわよわ」らしい。 店の奥にはフィギュアの台が、居てるのはBLEACHの剣八に鬼滅の岩柱。 個人的にマダオもとい立木さんに杉田で非常にオイシイが山積みなんで…

闇塗怪談 終ワラナイ恐怖

今でも神隠しってあるのかねぇ。。。「闇塗怪談 終ワラナイ恐怖」(営業のK/竹書房怪談文庫)読んだ。闇塗怪談 終ワラナイ恐怖 (竹書房怪談文庫)作者:営業のK竹書房Amazonシリーズ摘み食いで読んでた。 あとがきに「読者の皆さんに実害が及ぶことは絶対に…

恐怖箱 厭満

親戚んちにまた家族が増えていた。 其れはおめでたい事なんだけど、色んな意味で大丈夫なんだろうか・・・。 元気いっぱいのちっちゃい子が何人も居たらしつけどころじゃないのは仕方ないんだそうだが(友人談)、未だ交流あった頃に見た、一番上の子の“遊ん…

北海道怪談

4日からふつーに仕事って、マジか?正気か?「北海道怪談」(田辺青蛙/竹書房怪談文庫)読んだ。北海道怪談 (竹書房怪談文庫)作者:田辺青蛙竹書房Amazon実質的に2022年読み納めだったやつ。 関西の田辺さんが何故?と思ったら円城さんの御出身が北海道だか…

いいねされてないけど本好きの自己紹介する

Twitterの「いいねされた数だけ本好きの自己紹介する」というタグが面白かったので、やってみる事にした。やってみよう#いいねされた数だけ本好きの自己紹介する pic.twitter.com/ELq0QRaGYl— 何もないいなざわ (@taci_xp50) 2022年12月27日 5つイイネ頂い…

大晦日ですな

大掃除頑張った。 頑張った言うても、普段よりちょっとしっかりやる程度だけど・・・。 朝からシャキシャキ動けないもんで、「動かざるを得ない状況」自体がしんどかった。 (因みに仕事は早めに行ってゆるゆるーっとやり始めている) ”しっかり掃除する”ポ…

わたしの2022年・2023年にやりたいこと

特別お題「わたしの2022年・2023年にやりたいこと」 毎年「2022年のライブと○○」として振り返ってるので、今年は特別お題に相乗りしちゃう。今回長くなるので初めて目次機能を使ってみる事にした。 わたしの2022年 今年のライブ振り返り 今年の○○ 2023年にや…

ネクスト・ギグ

「スッキリ」の時間も「ハコヅメ」やればいいのに。「ネクスト・ギグ」(鵜林伸也/創元推理文庫)読んだ。ネクスト・ギグ (創元推理文庫 Mう 3-1)作者:鵜林 伸也東京創元社Amazonライブハウスが舞台のミステリー無いかな、と思っていた。 色んな人が出入り…