社会学的ラブソング・改

音楽と本とお茶と美味しいものと面白いもので出来ている。あんまりはてブされたくないです・・・。

活字

三体Ⅱ 黒暗森林

人を検知して蓋が開くトイレで、蓋が開きませんでした。「三体Ⅱ 黒暗森林」(上・下)(劉慈欣、訳:大森望・立原透耶、上原かおり、泊功/ハヤカワ文庫SF)読んだ。三体II 黒暗森林 下作者:劉 慈欣早川書房Amazon三体2 黒暗森林 上 (ハヤカワ文庫SF)作者:劉…

最近読んでた色々

職場の引越し以降、本を読む時間が取れなくなった。 お昼休みも読む時間無いとは。 何故。 何とか通勤中に確保するぞ。 今んとこ行きは何とか、帰りのぼんやりしている時間を読書に当てたい。 つうか文字読みたいねん。文字! ・skream! 先月分。今月はその…

京浜東北線怪談

西友のセルフレジ、読み取って直ぐエコバッグに詰める方式だったんだが、難しい。 エコバッグの一番下に入れたい品は、買い物籠の一番下にあるもんね・・・。京浜東北線怪談(糸柳寿昭・編著/竹書房怪談文庫)読んだ。京浜東北線怪談 (竹書房怪談文庫)作者:…

青森の怖い話

昨日は美容院で一式(ストパ、カラー、カット)。 「カラオケでよくクリープハイプを歌う人」みたいな髪型になった。どんなんや。「青森の怖い話」(高田公太、鶴乃大助/竹書房怪談文庫)読んだ。青森の怖い話 (竹書房怪談文庫)作者:高田公太,鶴乃大助竹書…

漣の王国

本日でこのおばか日記も18年(ダイアリー時代含む)。 今年もよろしくー\(^o^)/(栄ズン先生漫画の締め風に)。「漣の王国」(岩下悠子/創元推理文庫)読んだ。漣の王国 (創元推理文庫)作者:岩下 悠子東京創元社Amazon才能も美貌も恵まれた青年を巡る4つ…

うさぎになった日

「うさぎになった日」(村中李衣:文、しらとあきこ:絵/世界文化社)読んだ。 かわいい! 横浜・東京行った時に本屋回ったのは此の本の店舗限定特典しおりがついた本が欲しかったのだった、しかし何処も売り切れで「取り寄せなら・・・」だった。 お取り寄…

スリーアミーゴス バッドカンパニーⅢ

パインアメ味の豆乳、パインアメじゃなくてメロンの味しない・・・?「スリーアミーゴス バッドカンパニーⅢ」(深町秋生/集英社文庫)読んだ。スリーアミーゴス バッドカンパニー III (集英社文庫)作者:深町 秋生集英社Amazon表紙のタイツいいよね、ワテが…

怖い日本の名城

今でも「好きな作家・漫画家応援したかったら発売後1週間以内に買え」なんだな(何かを見た)。 ほんと、どうにかなりませんかね、そういう集計のやり方も脅しみたいなお願いも。 発売日に手に入らなくなりつつあるのに。 本州ど真ん中の姫路で「1日遅れで…

宇治拾遺物語

「あんた責任取れるんか」って言われても。 使いたくても捨てたり荷造りしたりして直ぐに使えないから「今だけやし」と荒事してるので、寧ろ責任はそちらでお取り頂きたい。 でも其処は「お互い様」やと思ってんねんけどな・・・。 要るもん捨てた件は「すま…

ザリガニの鳴くところ

はてなブログのおすすめに挙がる基準って何だろう。 こないだの神保さんのドラムセミナー観に行った話が音楽カテゴリ内に挙がっていた、有難い話である。 しかし過去日付で上げてるので普段程スターも付かないし、「書いたよ」通知ツイも1時間位で消してい…

怪と幽 vol.16

地元の防犯メールが専ら「不審電話の発生」、要は特殊詐欺の発生のお知らせと「引っかかるなよ」という啓発ばかりなんだが、必ず何処で発生したかが添えられている。 掛かって来たとこの場所の情報って要る?と思うんだけど、実際に自分ちの近所に掛かって来…

四季暦いろいろ

職場片付けてたら色々出て来た、読み物も色々。 社内報とか、謎の本とか・・・。 そういえば此の会社、「みんなで読もう!」というコーナーがあった。 読まない本あったら持って来てね!方式だったんで、ひっそり「異常論文」置いとこうかと思ったのは良い思…

病院の怖い話

かーちゃん世代の方を何人かフォローしていた。 恐らくはお忙しいかX(旧・Twitter)にうんざりして去りはったのか・・・と思ったら、長い沈黙を破って超久しぶりにRTしはったなぁ、 という場合のRT内容が陰謀論だったりメロリンQリスペクトだったりするか…

うたうおばけ

「トラペジウム」、映画版はどの位改変入ってるんだろう。 暑苦しい位の情熱的な感想を拝読していると、自分が以前読んだ原作と同じ作品とは思えない。「うたうおばけ」(くどうれいん/講談社文庫)読んだ。うたうおばけ (講談社文庫)作者:くどうれいん講談…

冬季限定ボンボンショコラ事件

河出文庫グランドフェア2024のトートバッグ欲しい。 A4サイズのしっかりしたトートを求めていた。 しかしフェア対象から5冊は厳しい・・・。 河出文庫で読みたい作品は対象外、対象作品はもう読んでたり単行本で持ってたり。 去年より対象作品減ってるのは…

休みづらいと休みたくなる

普段、平日に居ない筈の場所に行きたくなる。 岡山まで高速バスで行くとか、平日お昼前の京浜東北線に乗るとか。 其処迄遠出しなくても、京都水族館・京都鉄道博物館・鴨葱書店に行きたい。 国立民族学博物館とか・・・そこそこ遠いな。・音楽と人 THE YELLO…

遠野怪談

籠さんが「東京でもオーロラが見えるかも」とご家族の方に話されたというツイートをされていて 「スマホから覗いたら見えるかも知れませんね!」等と話し掛けてしまった。 もしかしたら籠さんならオーロラと戯れる龍神様の写真をお撮りになったかも知れない…

SNSとのモヤモヤとの上手なつきあい方

今、交流がある友人知人は大半がSNS越しなので普段を知らない。 「彼氏さん」「彼女さん」がいつの間にか「旦那さん」「奥さん」になっててびつくり!はめでたいが 一切浮上しなくなった人の事は心配である。 単純に離れただけ(特にTwitter)、或いは別垢で…

予言怪談

ダイブ・モッシュ問題で「禁止って言葉じゃなくてもっと違う言い方を〜」みたいな意見を見た。 「禁止」って言われても物理的に止められないからやってるような状態だったら、「めっちゃ禁止」「超絶禁止」「厳禁」って言われても何だかんだ言ってやるんじゃ…

ぽつぽつと読んでいた

住野よるの新作、今度はフラッドらしくて。 rooftop1976.com バクホヌもこんな感じのコラボが良かった・・・とか言っちゃいかんのか。インターネッツに悪口書かれるよ。 (「この気持ちも~」の時に批判的な意見をやや感情的に書いた人が某所で叩かれてたの…

ひとめあなたに…

実家から「明日お豆さん持ってくわー」という趣旨の連絡があったが、当日「行かれへん」との事。 両親とわんこは元気そうだが親戚に何かあったのか、もしかして“試されて”いたのか・・・。「ひとめあなたに…」(新井素子/創元SF文庫)読んだ。ひとめあなた…

日常的な延命 ~「死にたい」から考える~

「日常的な延命 ~『死にたい』から考える~」(小川和/ナナルイ)読んだ。日常的な延命 「死にたい」から考える作者:小川和ナナルイAmazon「本が好き!」の献本で此の本を見かけて読んでみたくて応募した。 其の時の一言。 自分でも「何でだろう」と思う一…

怪談売買録 嗤い猿

めざましテレビの荒吐1日目レポ、わたしの知らない荒吐だった。 9mmは知ってる・・・観られて良かった。 川上洋平やTAKUMAも出てたから放送あったんかな。「怪談売買録 嗤い猿」(黒木あるじ/竹書房怪談文庫)読んだ。 怖い(というか不気味な)ので書影無…

岸辺露伴は動かない 短編小説集(5)

江戸川乱歩賞の講評で作家名に指摘があった件。 まさかと思うけど、講評書けるような内容じゃないから作家名の減点の話したとか・・・?「岸辺露伴は動かない 短編小説集(5)」(柴田勝家/集英社UJ文庫)読んだ。 ウルジャンの付録、待てば別途書籍版も出…

怪談売買録 死季

こないだ職場で雑談していて「え、ロック好きなん?そんな風に見えない」と驚かれた。 どんな風に見えてはったんやろ。。。「怪談売買録 死季」(宇津呂鹿太郎/竹書房怪談文庫)読んだ。 怖いので書影なしです。 本家の怪談売買所で集めた怪談の数々。春夏…

別冊音楽と人 チバユウスケ

「別冊音楽と人 チバユウスケ」(音楽と人)読んだ。別冊 音楽と人 チバユウスケ(音楽と人 2024年4月号増刊)音楽と人Amazonミッシェルのデビュー当時からのチバ単独のインタビュー記事集。 「Gb」「snoozer」等他誌に記事もある。 持った感じがバンドスコ…

怪談売買録 拝み猫

iPhone15のCMの「Don't Let Me Down」の合成音声(?)があまりに気持ち悪くて、自分だったら全消ししちゃうかもなぁと思った。 良かった、iPhone SEで。「怪談売買録 拝み猫」(黒木あるじ/竹書房怪談文庫)読んだ。怪談売買録 拝み猫 (竹書房怪談文庫)作…

今日もライブに行けません!~アラフォーバンギャル、魂のV系語り~

去年、史上最大級の頭痛(稲子の頭痛原因トップ3が一気に来たっつう)でfolcaワンマン@神戸行けなかったのが未だに悔しい。 あれからワンマンどころか対バンでもfolca自体生で観てない、よく考えたら爲川すら観てないのでは・・・だからそう思うのだろう。…

あやかし百物語

以前からゲーム配信を観ている家人、最近はVTuberのゲーム配信を色々観ているようだ。 声だけ聴こえてくる、可愛いしめっちゃ楽しそう・・・だけど「死ね」連呼は流石に精神的にキツいもんがある。 そういうゲームかなんかの配信らしいのだが流石に(略)。 …

奇々耳草紙 憑き人

「本を紹介させていただきます」ってエントリがちょいちょい人気エントリ的なとこに上がってくるけども。 折角だから粗筋+見出しだけじゃなくて「此処が面白かった/面白んなかった」「まだ読んでないけどこういうとこが面白そうだから紹介する」っていう、…