社会学的ラブソング・改

音楽と本とお茶と美味しいものと面白いもので出来ている。あんまりはてブされたくないので、はてブボタンは設置してません。

活字

ちびちび一定量ずつ読むシリーズ

今年から「自分の意図ではない一定量を読む」という読書を始めた。 よく考えたら新聞・雑誌連載もそうなんだけど、連載は作者の意図で“一定量”が決まるような気がしている。 これは作者以外が分量切ってるんだと思うんだが、実際どうなんだろう。 LINEノベル…

神戸の給食レシピ

こないだ友人と神戸あるある的な話から”とくれん”の話になって、須磨の大丸で買える話したらびつくりされた。 なので「懐かしさに身悶えするがよい!」と送りつけたら親子で楽しんでくれたようだ。「神戸の給食レシピ」(神戸市教育委員会×京阪神エルマガジ…

魂でもいいから、そばにいて

「魂でもいいから、そばにいて 3・11後の霊体験を聞く」(奥野修司/新潮文庫)魂でもいいから、そばにいてーー3・11後の霊体験を聞く (新潮文庫)作者:奥野 修司発売日: 2020/02/28メディア: 文庫東日本大震災で家族を亡くされた方達の体験談。 亡くなっ…

准教授・高槻彰良の推察3 呪いと祝いの語りごと

先日の「読書で離婚を考えた。」の感想書いたよツイートに幻冬舎の方からイイネがあったのだが、「不本意ながら幻冬舎」はご覧頂いただろうか。 わたくし未だに腹が立っております。はい。 本当に厭だ。「准教授・高槻彰良の推察3 呪いと祝いの語りごと」(…

准教授・高槻彰良の推察2 怪異は狭間に宿る

「天冥の標」シリーズ読みきって、読書力も使い果たしたかのよう。。。 ちょっと軽めのものを、と「GOHOマフィア!梶田くん」読んだりしてる。マッフィー君はうちも欲しい。「准教授・高槻彰良の推察2 怪異は狭間に宿る」(澤村御影/角川文庫)読んだ。准…

天冥の標X 青葉よ、豊かなれ

「天冥の標X 青葉よ、豊かなれ」(小川一水/ハヤカワ文庫JA)読んだ。天冥の標X 青葉よ、豊かなれ PART1 (ハヤカワ文庫JA)作者:小川 一水発売日: 2018/12/19メディア: 文庫天冥の標Ⅹ 青葉よ、豊かなれ PART2 (ハヤカワ文庫JA)作者:小川 一水発売日: 2019/01…

読書で離婚を考えた。

全やる気スイッチ喪失_。「読書で離婚を考えた。」(円城塔、田辺青蛙/幻冬舎文庫)読んだ。読書で離婚を考えた。 (幻冬舎文庫)作者:円城 塔,田辺 青蛙発売日: 2020/02/06メディア: 文庫不本意ながら幻冬舎。 Web連載でご夫婦でルールに従って課題図書を決…

冷えたかな

一日頭痛である。 特に朝が酷かった。 やばいので牛乳多め砂糖も入れるよコーヒー飲んで何とか・・・と思ったら吐き気まで。 仕方ないので昼まで寝てた。 今頃またゆるゆると復活してきた。 原因は分かっているので温かくして大人しくやり過ごせばよいのだが…

好きに書かせろよ

はてなブックマーク付け合いましょう、って互助会未だにあるんやね。10年前に廃れたと思ってた。 DMで依頼されてお断り&ブロックさせて頂いた*1が、こちとらPV数乞食と偏見持たれて迷惑した*2事あったんで他所でやってくれ。 わざわざブックマークボタン外…

瓦礫から本を生む

「瓦礫から本を生む」(土方正志/河出文庫)読んだ。瓦礫から本を生む (河出文庫)作者:土方正志発売日: 2020/02/05メディア: 文庫仙台の出版社・荒蝦夷の方の東日本大震災から今までの記録。 荒蝦夷を立ち上げる前は、被災地に立って記事を書いてこられた方…

関西怪談

予言残して「もし疫病が流行することがあれば、私の姿を描いた絵を人々に早々に見せよ」と言ったアマビエが話題で様々に描かれた絵がTLに流れてくる。 しかし「治してやろう、疫病してやろう」とは言ってない、という話も。 もしかしてアマビエは疫病や噂話…

残穢

ここんとこ日記みたいなエントリ続いてたな。「残穢」(小野不由美/新潮文庫)読んだ。残穢(ざんえ) (新潮文庫)作者:小野 不由美発売日: 2015/07/29メディア: 文庫先週末読んでたやつ。 「鬼談百景」の文庫出た頃に読もうと思ったが、ただ怖いだけじゃなさ…

些末どうなるのか

連休中、久しぶりにギター持った。 武田がやってたアレに挑んだが「そもそもオルタネイトピッキングが出来ないのだ」と思い出す体たらく、しかしゆっくりゆっくりやっていけば、オルタネイトピッキングの練習になるのかもしれない。 モチベは上がる! そんな…

病名がつかない「からだの不調」とどうつき合うか

インスタ広告から判断するに、どーやら自分は“簾禿げの貧乏なオッサン”と思われているようだ。 狙いではあるフッフッフ。 ・・・で、片っ端から「合わない」「詐欺だ」と報告していったらファンシーな広告が。いやしかし何故に。「病名がつかない『からだの…

京大医学部で教える合理的思考

ヒマヒマ期脱出。 その前に読み切れて良かった。「京大医学部で教える合理的思考」(中山健夫/日経ビジネス人文庫)読んだ。京大医学部で教える合理的思考 (日経ビジネス人文庫)作者:中山 健夫出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社発売日: 2015/09/02メディ…

まいまいつぶろ

映画に若いアイドル・タレント出したら客が釣れる、なんてのは出演者にも客にも失礼、莫迦にするのも大概にしていただきたい。 (事務所は内容精査しないのかねぇ) 中身で勝負してください、安易にマイノリティを型に嵌めて傷めつけるのではなく。此れ迄真…

作曲少女

滝工房のDEEP BLUE BOOSTER抽選販売あったじゃないですか。 申し込んだけど、当たったとて活かせる音楽活動はしてない。 ・・・したらよいのでは? 曲が無いなら作るしかない。という事で作曲に挑戦しようと考えたが、DEEP BLUE BOOSTERは当たらなかった。ト…

ししりばの家

「ししりばの家」(澤村伊智/角川ホラー文庫)読んだ。ししりばの家 (角川ホラー文庫)作者:澤村伊智出版社/メーカー: KADOKAWA発売日: 2020/01/23メディア: 文庫琴子の過去編・・・だが今迄ぽつぽつと語られていた家族のエピソード・事件ではない。そのもう…

まだ喉は痛い

ピエール中野インスタキリトリ線が一時期バンドマンと繋がる話ばかりだった。わらえるー。 そんなに世の中バンドマンと繋がりたい人多いんですか。ウケるー。何しにライブ行ってSNSやってんだか。 何しようと勝手だが、付き合ってる時だけじゃなく別れた後で…

呪いの解き方 なぜかツイてない日の作法

昨日のライブ以降、ついうっかりシュークリーム食べなかった自分を褒めたい。 朝ごはんにきなこ餅食べて一日苦しかったのは内緒である。 昼に図書館行って、予約していた本とそれ以外に何冊か借りてきた。「呪いの解き方 なぜかツイてない日の作法」(川井春…

完璧じゃないのがいい

ミニマリストの本を見たが、思ってたより物が多いし、“物欲の塊”みたいな自分より物に縛られてる感じがした。 部屋の飾りとか見栄え気にするんだなぁ。 そんな物も要らねえ!だと思ってた。・GiGS King Gnuの楽曲じゃなくプレイの話を見たかったので、良かっ…

天冥の標Ⅸ ヒトであるヒトとないヒトと

昨日は節分、ご近所の家の玄関にそこんちの子供が書いたらしき鬼への手紙が貼ってあったらしい。 (気づかなかったんで見に行こうとして「不審者で通報されるからやめろ」と止められたのは内緒だ) 今朝まだ貼ってあったんでよく見たら「鬼はお断り」的な内…

精神科ER 鍵のない診察室

今年の恵方は西南西、という事で「西南西から東へ北へと~」と「A.S.O.B.i」と口ずさみながら恵方巻を切っていた。 (「西南西の虹」ちゃうんか、というツッコミはさておき) 食後口ずさんでいたのは「アブノーマルが足りない~」、辻ちゃんパート。何故だ。…

山峡奇談

怪談系はライブの時に読むのに向いてるかもしんない。 1つ1つが長くないじゃん、すると入場待ち中や転換中に読んでても、きりのいいとこですぐ止められる。「山峡奇談」(志村有弘・編訳/河出文庫)読んだ。山峡奇談 (河出文庫)作者:出版社/メーカー: 河…

天冥の標Ⅷ ジャイアント・アーク

ライブ楽しむと免疫力上がるんだろうか、あれから喉が辛くなくなった。「天冥の標Ⅷ ジャイアント・アーク」(小川一水/ハヤカワ文庫JA)読んだ。天冥の標Ⅷ ジャイアント・アーク PART1作者:小川 一水出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2014/06/30メディア: …

喉つらたん

週の頭から喉痛くて、黙ってると楽だが喋るとしんどくなる。 なのでお稽古休んで半日寝てた。午前中の歯医者は休むと次何時になるやら分からんので行ってきた。(実際次の予約取れたん3月だし・・・) 明日大阪まで行けるのか。大人しく観る。・俺おま 駆け…

天冥の標Ⅶ 新世界ハーブC

「天冥の標を最後まで読む」を今年の目標にしようか。 物理的には全部あるんだ。積読の半分が「天冥の標」。「天冥の標Ⅶ 新世界ハーブC」(小川一水/ハヤカワ文庫JA)読んだ。天冥の標Ⅶ 新世界ハーブC作者:小川 一水出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2014…

虚構推理

「虚構推理」(城平京/講談社タイガ文庫)読んだ。 ネタバレあるよ。虚構推理 (講談社タイガ)作者:城平京出版社/メーカー: 講談社発売日: 2019/01/15メディア: Kindle版 妖怪の”知恵の神”となった岩永琴子、人魚とくだんの肉を食べて不死身になった桜川九郎…

チグリスとユーフラテス

「チグリスとユーフラテス」(新井素子/集英社文庫)読んだ。チグリスとユーフラテス(集英社文庫) 上下巻セット作者:出版社/メーカー: 集英社メディア: セット買い文庫版出た2002年に読んで、実家帰った時にもう一度読みたくなって持って帰ってきたのだった…

平成怪奇小説傑作集3

阪神淡路大震災絡みの怪異話あんまりないの、語れるまでに余裕無かった、何より誰も当時聞かなかったから、てのもあるんじゃないかね? 「そういえば、」という話なら実は自分にもある。 一人にだけ話をした事がある。 一昨日思い出した。「平成怪奇小説傑作…