社会学的ラブソング・改

音楽と本とお茶と美味しいものと面白いもので出来ている。あんまりはてブされたくないです・・・。

今日の流線型・その19

12/2が爲川の誕生日という事でインスタで質問・要望を受け付けていた。
此れは「なんで『流線型』のギターリフとソロえぐいんですかあああああ!」とうっかり直接言ってしまうチャンスである。
なので質問したが(さらっと書くな)。
生憎入力出来る文字数が足りない、そしておたおめメッセージと共にあああああ!を言葉に込めるのは困難を極めた。
送ったのは怪文書となった。
怪文書にも丁寧に答えてくださる爲川様は ネ申 である。
ありがとうございました。
文字通り「有難い」。

お返事があったとはつゆ知らず、当人は前の職場の先輩とご飯を食べていた。
おかずフレンチトーストって初めて見た。

美味しかった。
先輩はめっちゃパワー発してる方だけど、一緒に居てしんどくない、ほっとする方である。温泉のようだ。
本日もそんな感じでお変わりなくてよかった、そしてパワー頂いた。
お稽古がんばる!

さてお稽古は前回の続きでドラムから。
ドラムの繋がりが(以下略)、もしかしたらまたタム増えたかもしんない。
そしてギターをパァーンと・・・って此れは此れで何が何やら。
リフ・ソロとは違う意味でえぐい。むずかしい。
微妙にコード違うらしくて「ええっ!?」となっていた。
そしてサビをごそごそして入れて、後奏へ。
ラストまで来た!
サビとコード進行はだいたい同じなようである。
ドラム・ベースは取り急ぎ同じで。
後はギターである。
ぱっと聴いて弾けるような代物ではない。
此処はプロの手を借りる。
書き起こして頂いた所で本日は終了。

ギターに関してはやっぱりルーツである所のLUNA SEAコピってニュアンス掴む所から始めた方が良かったのかもしんない。
手癖として身に付いておればするするーっとは無理でもすすすするー!?位には掴めるかも。
(と思ったが作曲者の作ったリフを其の儘弾く曲もあるとか・・・「流線型」はどうなのでしょう)
LUNA SEAとかあの辺を聴いて育って叩き込まれてるギタリストのフレーズを、そういうの無しに育った鍵盤の人が拾うのは難しい。
ほんとは要望でスコア・タブ譜クレクレしたかったくらいだ。

次回→ギター入れて一番最後のとこのドラム、ベース、ギター足す。バッキングはどうだっけ。
   もしかしたらドラム修正要るかも(よく聴いておくこと)

どうでもいいニュース:
今日はお稽古でもSNSでもSUGIZOの話めっちゃしてたような気がする。

新しい時代への歌

サッカー自体にはそんなに興味ないしマスコミの謎盛り上がりには正直うんざりするが、Twitterでフォローしてる色んな立場・趣味の人達がめいめいに大喜びして大盛り上がりしてるのは好きだし、見ていて楽しい。
マツも大喜びしてはるやろな。

「新しい時代への歌」(サラ・ピンスカー/竹書房文庫)読んだ。

感染症とテロの影響で人が集まれなくなった世界で、ステージ・ホロ・ライブの出演者を探すローズマリーとビフォー最後にライブをやったルースの話。
集まれないのでライブはステージ・ホロ・ライブというVR的な配信ライブで行われている、生のライブは闇営業的に行われている。
ローズマリーはルースをステージ・ホロ・ライブに引っ張り出す(?)事は出来るのか。
ライブの現場はどうなってしまうのか。

文章がしちめんどくさい(自分が超めんどくさいモードをぶっちぎって読んでた所為だと思うが)。
装置はSFだけど、あまりSF的ではない。
普通に音楽業界描いた小説なような気がする。
売り出す側の型に当て嵌めて世に送り出す、とかあるあるやん何時の時代も。
野に帰れるか野が破壊されてるかの違いで・・・此れはでかいな。
音楽シーンの在り方の違いがフィクションだからなのか、国が違うからなのか。
某ソロドラマーのライブ活動は、此の物語のルースに近いのかもしんない。
そんな話はどうでもいい。
「恐怖はウイルス。音楽もウイルスだけど、ワクチンでもあり治療薬でもある」(p.312)は此の御時勢に読むと刺さりますな。

「オープン・ロードの聖母様」でああなったのも分かる気がする。
レコーディング的にライブ収録するならやりづらいだろうな。
双方向感出せる技術は生み出せなかったのかしらん。
逆に此のスタイルだから世に出た、ライブしたいと思った人もあるんじゃないか。
(よく考えたら、何時ぞやのLITEは自宅で此のスタイルで配信ライブやってたよなぁ)
人混みに恐怖を覚える人が多数なような時代なら尚更。
てか、インディーズ用のステージ・ホロも作りゃいいのにな、ばかだなースーパーウォリー。

「一緒に新たなものを生みだそう」と言っても、ビフォーに音楽活動してきた人とアフターしか知らない人とでは分かり合えないと思う。
だけどお互いに歩み寄って生み出そうとする事は出来るんじゃないだろうか。
そんなラストだと自分は思った。
生のライブ、ステージ・ホロ・ライブ、どちらが勝ってるか、じゃなくて両方の良いとこを逐次選択して活動していく、というのもアリなんじゃないかしらん。
そういう姿も描かれれば・・・と思ったけど、作者がそういう人ではないのか。

楽園とは探偵の不在なり

年賀ハガキ買ってこなきゃ。
うっかりしていた。

「楽園とは探偵の不在なり」(斜線堂有紀/ハヤカワ文庫JA)読んだ。

二人殺したら天使が地獄送りにする世界、なので連続殺人出来ない筈(二人目殺したら自分が地獄に送られるもんね)なのに連続殺人が・・・という話。
殺意が無くても人の死に手を下す羽目になれば地獄送り。此れポイント。
天使と言ってもあんまり可愛くない、気持ち悪いが一部でウケそうなヴィジュアルである。
謎を解く探偵は過去に色々ありそう。
特殊設定ミステリーって初っ端からトンチキでずるいなぁ、でも面白かったらヨシ・・・と思って読み始めた。
連続殺人言うても、一人一殺で立て続けに殺人出来るんちゃうん?と素人は思うのである。
・・・そんな場合じゃなかった。
・二人殺して地獄行きなら、一人迄なら殺していいのでは
・二人殺して地獄行きなら、纏めて沢山殺すべきでは
という世界。
悪意の先鋭化とは、想像の斜め上を行く
って此れ、もしかしてミスリード仕掛けてる?
落とし所はあるのか、あるなら何処へ落ちる?

割と正統な感じのミステリーである。面白かった。
今だからいうけど、同じ作者の「詐欺師は天使の顔をして」は特殊設定の扱いがちょっと狡いわ・・・と思うとこもあった。
今回はそんなとこはなかった。
天使のトリックとしての扱いも見事だし、みんな助手になりたすぎ!というツッコミポイントもあるし。
常木、なかなか悪趣味である。そりゃ殺されるわ。
ちゃんと悪い奴が殺されるとこもポイント高い。
・・・という感想もどうかと思うが。

謎は誰かが解かなきゃいけないからねぇ、そういう意味で探偵は必要なんだろうと思うよ。
此の作品の世界にも。

ミステリー其の物が厭じゃなかったら読んだらいいよ!

NFT作品を買う

THE BACK HORNがNFT作品を販売した。
こないだの「第四回夕焼け目撃者」のライブ写真とメインビジュアルである。
「Fanpla Owner」はチケプラと同じIDで利用出来るので其の繋がりで「THE BACK HORNさんも如何ですか?」となったのだろうか。
栄純が「かくかくしかじかこういう利点があるんだよね」ってメンバーに説明してそう。知らんけど。
NFT=ブロックチェーン=暗号通貨・・・うさんくさーい!
・・・と考えてしまう。
此の場合のNFTとは?
Fanpla Ownerの説明を見てみよう。
owner.fanpla.jp
ふむ。
一先ずは「公式が出処を保証した画像・動画」と考えたらよいのか。
「NFTコンテンツを保有している方に向けたチケットの先行販売や優先特典」とか言われちゃうと欲しくなりますな。。。
因みにTHE YELLOW MONKEYのオンラインチャリティーも、此のシステムを使用して開催されている。

という事で発売開始時刻に待機して即ポチった。
買ったのはメインビジュアルである。
疫病退散の縁起物になりますし。
誰が買ったか、という履歴はみんな見られるんだね・・・ちょっとびつくり。
データとして持つのは解るが、見えるんかい。
友人も買えたようで安心した。
もし誰かに二次販売した場合は、其の履歴も全部出るのだろうか。

・・・で、買ったら自分のページで愛でたらよいのだろうか。
他にやる事はあるだろうか。

数量限定のファンアイテムと考えたら面白い。
今後は「新譜ジャケ絵 by 松田画伯」を販売する、という事もあり得るのだろうか。
Fanpla Owner限定のライブ映像販売とか・・・其処は盤で売って欲しい。
ライブDVD単体が無理でも、アルバムの初回盤に付いてくるとか。
(今はシングルの大半が配信だもんな・・・配信シングル初回盤には物理的に付けられない)

アナログなようで実は時代の先を行ってるバンドだよなぁ、THE BACK HORN
音楽と小説のがっつりコラボ*1もYOASOBIが結成される前の2018年に始まってるし。
一か所に集まらずに自分のパートを録音してデータ渡して次の人、みたいなやり方もしてたし。

*1:音楽から小説が生まれる、小説から音楽が生まれる、というのは昔からあるだろうけど

バレエ・メカニック

昔は靴下に継ぎを当てて長く履いていたと聞くが、足首伸び伸びはどうしていたのだろうか。
と、足首伸び伸び靴下を干しながら思った。

「バレエ・メカニック」(津原泰水ハヤカワ文庫JA)読んだ。

昏睡状態の娘・理沙の幻想が東京という都市と繋がる話。
そして理沙を追う父・木根原と主治医・龍神<彼女>の話。
其の先の話。
トキオ。
何を言っているのか解らないが、そんなような話である。
詳しくは粗筋参照・・・しても、そんなような話のようで全然違うような気もする。

第一章「バレエ・メカニック」は読んでいて只管、幻覚を見ているような感じ。
何処迄が現実で、何処迄が非現実なのか。
其れが第二章「貝殻と僧侶」でもう少し輪郭を持ってくる・・・ようで、どうなんだろうな。
第三章「午前の幽霊」は、何が何やら、で最後其処なんかい、と。
何れもめためたSFだけど、SFと言う程親切でもない、読んでいて身を投げ出して全身で感じていく・・・にしてもそうはさせてくれない。

残念ながら、わたしにはわからなかった。
解るとかそういう話ではないだろうし、経緯や解決を求めちゃいかんのでしょうな。
ざっくり感想検索して、「色んな読み解き方があるもんだ」としみじみしている。

50年後位に大ベストセラーになってそう。
人間が退化してなかったら。