社会学的ラブソング・改

音楽と本とお茶と美味しいものと面白いもので出来ている。あんまりはてブされたくないので、はてブボタンは設置してません。

出雲怪談

夜中に目が覚めた時までは温かったのに今朝目が覚めたら寒い。
9月から10月すっ飛ばして11月?みたいな。
カレーうどんが美味しい気候である。

「出雲怪談」(神原リカ、古川創一郎、本間亀二郎、西浦和也/竹書房怪談文庫)読んだ。

島根・鳥取両方の話が収録されている。
出雲は島根・・・鳥取?どっちだっけ。
位置は「ねっとり」で覚えたらよいと聞く。
出雲大社は島根、鬼太郎ロードは鳥取砂丘鳥取、飛さんのお住まいが島根、あらきさんの出身地が鳥取
心なしか”ぽい”話が多い気がする。
身近な所に神様がいらっしゃる。
粗末に扱わないように、って色々あって忘れられていくのは、大丈夫なんだろうか。
其れにしても、神社の廃材をお風呂焚くのに使っちゃうって、無茶苦茶な。

印象に残った話。
・水神様
気が向いた時、「ええことしよ」な時だけ関わってこられるのは厭でいらっしゃるのかもしれない。
しかし他の人がやった事迄被るのは辛そう・・・。
・存在しないコンビニ
お店に入れてしまうというのが怖いような。
話自体には関係ないが、山陰は音楽活動が盛ん、という話にへぇ~となった。
・蛇のお礼
いい話、とはいえ実際自分の身に起こったら怖いというかびっくりだろうなぁ。

あんまり細細と感想は書いてないけど、続編が読めたらいいなぁ、と思った。

そういえばとあるアパートの話読んでて、某マンションの話を思い出した。
あれも謎な立地だったような。

サイコパス解剖学

新コロ以降初めて、回るシースーをキメてきた。
ほぼセルフで店員さんと喋ったのは「(2000円以上飲食したら貰える)クリアファイルください」程度、開店直後で空いてるのもあって静か。
周りも自分らもほぼ無言、喋っても小声である。
タッチパネルが注文用タブレットになってる&自分のスマホでも注文出来るの便利やね。
テンション上がってもりもり食べてしまって、栄純おたおめ鯛焼きキメ損ねた。

サイコパス解剖学」(春日武彦×平山夢明洋泉社)読んだ。

シリーズというか此のお二人の対談で3冊目との事。
過去2冊も気になる。
普通にお二人が語ってるの読むだけで楽しい。

以前読んだ「サイコパス」がボロカス言われててわろた。
sociologicls.hatenadiary.jp
ふんわり差し支えない感じで説明するとああなるんだろうな。
サイコパスとは一体何だ、という定義は簡単なようで難しいんだろうと思う。
もっと身も蓋も無い、或いはぶっ飛んだ話出てくるかと思った。平山さんだし。
(一体平山さんを何だと思っているのでワシ)

PSYCHO-PASS」の執行官みたく、サイコパスを以ってサイコパスを制する・・・しかないんだろうか。
制する、というかパンピーカタギには迷惑掛けずに暮らすというか。
人騙したり殺したり殺し合わせたり苦しめたりしなきゃよいんだろうけど。”正常”と見做される範囲内で。
「自分が良ければそれで良い」では済まない、「苦しんでる、困ってるの見るの快感」みたいな奴はやっぱり居るんちゃうかな・・・。
気づいた時に避けられるのかどうか。
気づいた時点ではもう絡め取られてるのかもしんない。

どうでもいいニュース:
パッキーのお蔭で善人ヅラしてた稲子としては、こちらもボロカス言われてつらたん。
偶偶体質に合ってただけなんでしょうな。

機龍警察 白骨街道

こないだ仕事帰りにお米5kg+普段の買い物担いで坂道上って帰って来られたんでまだまだ元気じゃわ。
と己を過信した昨日、肉と野菜と日用品買い込んで帰って来たは良いが・・・帰宅して一気に疲れが出て一旦座ってから動けず。
つら。

「機龍警察 白骨街道」(月村了衛早川書房)読んだ。

正に「この国はね、もう真っ当な国ではないんだよ」「だが、それでもーー我々はできる限りのことをする」(p.33)である。
できる限りのことをしなければ生き残れない。どんな目に遭わされるのか。

ミャンマー奥地で捕まった国際指名手配犯の引き渡しに特捜部突入班メンバーが行かされる。
彼らならゲリラだのなんだの潜り抜けて生きて帰れる・・・からではない。
其処には色々思惑がある。
ミャンマーと今回の事案の裏側と捜査から外された城木の赴いた京都と、
段段各パートのインターバル詰まってくるから緊迫感も否応無しに高まってくる。
インパール作戦にも擬えられていてヘヴィなのは覚悟していたが、ロヒンギャ虐殺etc.ミャンマーの闘い以上に京都パートがヘヴィだった。
こないだツイで「お買い物しに山を下ってきたら道が無かった」てな動画見たんだが、見たのが読み終わったとこだったんで「RPGぶち込まれなくてよかったっすな」だった。
其れもどうかと思う。

機龍兵自体は出てこないものの機甲兵装のバトルが良い。
警察小説ではあるんだろうけど、機甲兵装部分はがっつり読みたい。かっこええもん。
他にあんなん読める作品無いやん。
(しかも捜査班の捜査・追跡のスリリングなとこと同時に味わえるっていう)
話が進むという事は其れだけの時間が経過しているという事、機甲兵装も進化してる。
まじか!?な進化遂げてるやつも登場している。
關さんかっこええ・・・痺れるぜ。いずれ相対する事になるんだろうけども。

とはいえなかなか物騒である。
龍髭の件とか。
姿さんも不穏だし・・・。
てかシェラーまじかよ。信じないぞ。
何となく沖津さんも色々隠してる気がする。
寒河江はしくじったんで消されたんだと思ったが、どうなん?

今日のEndless Game・その14

お師匠さんご多忙&稲子歯医者に行く為、平日晩に振替となった。
窓が無いので表が明るかろうが陽が落ちてようが解らない、でも日時変わっただけで全然違ってて不思議な感じである。

打ち込みもCubaseになると楽だ。
途中に3連あっても、其処だけクォンタイズ変えて3連に書き直したら良いのだ。
だがベンド情報のオーバーランしたやつの修正はめんどくさい。。。
前回入れた時のベンド情報が悪さして、今日入れたとこのピッチがおかしい。
(確認したのになぁ。)
エディタで数字いじって修正。
ベンド情報も「ここまで」ってマウスできゅきゅっと直せたらいいのになぁ。
ドラムのクラッシュ・チャイナは音伸ばしてみた。
それっぽい。ぽい、だけ。

久しぶりに平日夜の三宮に来たが、人気はあんまり戻ってないように見えた。
まぁ水曜だしちょっと早いし。
とはいえシャッター下りたままの店も。。。

次回→あのタッピング前半

そういえばカオスの百年のLINE BLOGどうなったん?
武田の!
「Endless Game」の!
話を聞きたいのッ!

ネメシスⅠ

オニィの「楽器の達人」のちーちゃん回観るぜ!
・・・で18時スタートなのうっかりしたりおさんどんしたりで半分くらい見逃す。
チクショー!

「ネメシスⅠ」(今村昌弘/講談社タイガ)読んだ。

ドラマのやつ。
脚本・トリックで関わった方が書いておられるのだろうか。
ドラマの方は何回かチラ見したような。
此処に収録されてる第1話が面白い。
ドラマも此のダイイングメッセージやったんかな。
なんかやけくそな感じもあって好きだ。
「そんだけ書いてるうちに血ィ乾いてまうんちゃうんか!」というツッコミ入れるとこまでミステリーだと思う。
割とゆるゆる読める。たのしー

「ネメシス」小説版はⅡ以降も其其違う作家で書かれている。
何方も「機会があれば読んでみよう」と思ってた人(青崎さんは読んでた)なので追追読んでいけたら。

どうでもいいニュース:
そういえば「魔眼の匣の殺人」の文庫版、そろそろだと思ってるんですが、どうなんでしょう。
「屍人荘の殺人」文庫版のチラシにあった「だから殺せなかった」も。こちらドラマ化するんでしょ?