社会学的ラブソング・改

音楽と本とお茶と美味しいものと面白いもので出来ている。あんまりはてブされたくないので、はてブボタンは設置してません。

あなたに褒められたくて

年賀状の準備をしなければ・・・と思いつつ、1日が過ぎて行った。

「あなたに褒められたくて」(高倉健集英社文庫)読んだ。

あなたに褒められたくて (集英社文庫)

あなたに褒められたくて (集英社文庫)

  • 作者:高倉 健
  • 発売日: 1993/08/20
  • メディア: 文庫
薄めの文庫なら500円弱で買えた時代の本だ・・・(遠い目)
無骨でいかつい方だと思っていたが、文章はふうわりと優しい語り口調である。
口述筆記を基に書かれているのかな?と思った。どうなんだろう。
決断してから行動するまでが早い。
南極物語」のオファーを断っていたが、一旦「北極で風に吹かれてこよう」と決めたら監督に「ご一緒させてください」と連絡を取る。
ご先祖である北条氏終焉の地にある供養塔にショックを受けて「慰霊塔を作りたいのですが」と仰る。
(それは「お一人でなさっちゃいけない」「一人でも多くの人からの浄財でできてこそ、供養というものです」と止められたそうだが)
割とぽん、と物買いはる。
すごいなぁ。
映画撮影の時の話も面白い。

認めてくれるから、それぞれの人が、それぞれの場で、よりよいものを求めて、必死で駆け回る。(p.169)

のだそうだ。
例えば雪の大きさだけでも17種類用意されたり、カメラに写るとは限らない所にこだわったりする。
監督・カメラの方は気づいておられるだろうし、健さんだってお気づきだからエッセイに書かれている。
それにしても、高倉健でも「あなたに褒められたくて」と仰るのか。
・・・「あなたに褒められたくて」はお母上について書かれた章の題でもある。
任侠映画等いかつい映画に出ておられても、役者として演じられたものであっても、お母上には心配で心配で仕方なくて、息子は褒められたいもんなんだなぁ。

あと、「幸福の黄色いハンカチ」の北海道ロケ中に山田洋次監督に「愛するということはどういうことでしょうか」と質問された時の

愛するということは、
その人と自分の人生をいとおしく想い、
大切にしていくことだと思います

という言葉も書かれている。
その人も、自分も大切にしなきゃ、なんだな。
相手の為だけ、というのは逆に独りよがりなのかもしれない。

どうでもいいニュース:
しおりが当時のナツイチ、後藤理沙でなつかしー!ってなった。

今日のエイエイオーッ!!

健康診断終わったし古本屋に本売りに行ったら思ったより査定良かったし・・・と気が緩む。
f:id:sociologicls:20201128210601j:plain
査定の内訳を知りたかったが、聞けず。
古本屋行ったら受け取った金で次の本を買うのだけど、今日は欲しい本が無かった。
気になるのはちょいとあったけども、手に取ってそのままレジへGO!しなかった。
f:id:sociologicls:20201128210636j:plain
f:id:sociologicls:20201128210639j:plain
喫茶は自分の前までで満席、まぁいいやと待っていたらずかずかずかーっとご婦人二人連れが。
戻って来たと思ったら「空いてる席あるのに」と片方がまたもやずかずかーっと入っていく。もう片方が止める。
このご時世、敢えて空けてあるでしょうに。ソーシャルディスタンス。
事情があって急いでおられるのであれば仕方ないが、そういう訳でもないらしい。
人間は「待て」が出来ないもんなんだな。。。

さてお稽古。
ギターソロの後半のドラムから。
改めて聴くと華やかだがシンプルだな・・・こんなにシンプルは筈が無い。
と思ったけどもう一度聴くとシンプルである、少なくともサビ後半よりは。
でも足は結構動いてる。打ち込みだと楽だが実機だとちょっとしんどそう・・・とか考える。
レルレ氏すげーわー。
凄すぎて敢えてシンプルなのか、素人にはシンプルに聴こえるが認識している以上の音が鳴ってるのかわからない。。。
引き続きCメロへ。
ベース、ボーカル、ギター、ドラムという謎の順番に入れていく。
バッキングギターはだんだん音を抜いていく。
あれな、ギターでやってるんそのまま鍵盤でやらない、というやつ。
最初に比べてどんどん音抜いていってるような。
やり直したいような、これはこれで己の打ち込みクロニクル的な。
ドラムは昨日の三原さんのツイートを思い出す。思い出しただけである。
クォンタイズがっつり掛かってるから厭でも揃いますわな。

そういえばギターソロ、Cメロの鍵盤どうなってるんだろう。わからん。

次回→最後のサビ、もしかしたらその前に鍵盤かも

今年2回目の

健康診断だった。
毎年非正規雇用は年始だったが、社員さんと同じ時期になったのだった。
年始が前倒しで年末になった、という。
なので今年2回目だが年度としては1回目。
もっと早く行きたかったが、予約が取れたのが今日だった。
午後スタートなん、辛い。
朝から正午まで白湯しか口にしてないからな・・・SNSとかもあんまり見られない。美味しそうな写真見てお腹空くから。
ミリモバの動画観てた。

入る前に体温チェック、何℃だったか教えてくださるのが有難い。
一度に受けられる人数も絞られている。
だから予約が取れにくい・・・のだが、空いてるので待ち時間が少なくて済む。
あと中の人達がフレンドリーである。気のせいか。
レントゲン技師さん、「USJ居てはったでしょ?」ってノリである。
コントとかでやってる、あの明るい声でハイテンションなやつ。
おかげさまでレントゲン楽しかった。
腹囲もレントゲンの時に測った時も気持ちアゲてくれはって。
プランクを一瞬(寝る前にあずきカイロあっためる間だけ)やるようにしてたの、一応効果あったみたいである。
体重はうろ覚えだが、腹囲はダウンしていた。
気になる血液検査の結果は・・・後日。
どうなるんだろ。

で、安心して遅いお昼ご飯。
f:id:sociologicls:20201127210410j:plain
ザ・グッドバーガー、大豆パティが面白そうで頼んでみたが、普通にお肉である。すごいな。

慈雨

今タイムフリーで「風とロック」聴いてるが、逆に木村くんは笑顔でハイタッチしたくても出来ないのかもよ、
とか考えてたら、マツが近い事言ってはった。

「慈雨」(柚木裕子/集英社文庫)読んだ。

慈雨 (集英社文庫)

慈雨 (集英社文庫)

16年前の幼女誘拐殺人事件を巡る話。
夫婦でお遍路回ってる元刑事はその事件の捜査にあたっていたが、冤罪の可能性があった。
新たに起きた幼女誘拐殺人事件はその事件に類似している、捜査する後輩刑事達は元刑事に電話で助けを求める。
お遍路を回りながら過去の事件・出来事を振り返り、娘の事を思う。

文章がおっさんくさい。一瞬作者って男性?と思った位。
それが定年退職した元刑事の述懐によく合う。
狙いだったら凄い。

で。
今回の事件は此れでFAなんですかねぇ。
前の事件は、結局どうなったのか。犯人はどちらも同じなのか。
文章の合間を想像すれば解る、でも其れだって最初の事件の方の犯人じゃない可能性もある訳で。
DNA鑑定を今からやり直せるのか、どうなのか。
今更捜査を担当した刑事に詫びられてもなぁ・・・とも思うし。
基金立ち上げはるんですかね。
ちょっともやもやした。

どうでもいいニュース:
柚木さんが横山秀夫を尊敬しているのだそうだ、すごいよくわかる。
なんやもやもやしたのが一気に晴れていく、あの痛快さは相通じるものがある。

琉球奇譚 シマクサラシの夜

こないだ大阪出てきたんでついでに堂島のジュンク堂に寄った。
新刊ではないがそんなに昔に出たんではない本、何処行っても見つからないから・・・とダメ元で見に行ったら、あった。
欲しい本はほぼ確実にあるのではないだろうか、ジュンク堂堂島本店。すごい。
住みたい。

琉球奇譚 シマクサラシの夜」(小原猛/竹書房怪談文庫)読んだ。
探していたのは、これだ。
今回も怖いので書影無しです。
戦争に関する話もあるし、米軍の人の話もある。
神様や霊が身近な土地柄だからか、お亡くなりになった方と普通に話しはる方の話もある。
民話みたいな話もある。
・・・と明るい感じで読んでいたら(それもどうかしてると思うが)、最後の3つ(エピソードとしては1つ)が怖かった。
今迄の因縁があるなら”返される”可能性もあるだろうに、そこまでして欲しかったという事なんだろうか。
実際”返されて”いるのに。
時代が変わっても”終わる”事はないのだろうか。
読んでる人だって信じてるから怖い、のだろうか。