社会学的ラブソング・改

音楽と本とお茶と美味しいものと面白いもので出来ている。あんまりはてブされたくないので、はてブボタンは設置してません。

詐欺師は天使の顔をして

今、大阪や兵庫の医療体制が大変な事になってるもんで「酷い」「残酷(泣いてる絵文字付)」其の他ボロカス言われてるけども。
其の中でどれだけの人が「明日は我が身」って思ってるんだろうね。
宮城大変だ・・・東京えらいこっちゃって思ってるうちに、こうだ。
うちはそんなに感染者出てない・・・と思ったら一気にいくぞ。
TVに出たがる/出されたがる知事は大阪以外におらんやろうけど。

「詐欺師は天使の顔をして」(斜線堂有紀/講談社タイガ)読んだ。

霊能力者・子規冴昼が失踪して3年。
彼のプロデューサー呉塚要の元に冴昼から連絡が入る。
冴昼は”超能力者のいる街”に居て、殺人の濡れ衣を着せられている。
要を呼んで晴らそう、という話である。
超能力、と言っても”手を遣わずに物を動かせる”というもの。
何もそんな高いとこにわざわざ置かなくても・・・と思うけど、其の街の人には便利なんだろう。
その次は要が冴昼追っかけて”死者の蘇る街”へ、死者が蘇るんだから殺人なんて大した罪でもないのに彼らが出会った女性が殺される。
その犯人捜し・・・というか謎解き。
そして出会った女性も冴昼のように色んな街に転移してている”ヴァンデラ”らしい。
どちらの街の事件も只の犯人捜しではないが具体的にどうしたか書くとネタバレになるかも、という。
なんだかややこしそう。
冴昼と要にも色々ありそうだ。
そもそも冴昼は霊能力者じゃない、色々あるけど霊能力でアレコレしてるようで実はトリックがある、みたいな。
事件が起こるシチュエーションはそういう”けったいな街”でトリッキーだが、トリック自体は割とシンプルである。
特殊なシチュエーションならでは、なとこもありつつ其れが目眩しにはあんまりならない、2時間ドラマ的「ねーよ!」なトリックどーん!ドヤ!でもない。
そのバランスの良さが好き。
ミステリ部分が薄っすらしてて其れ以外のとこばっかりでもなく、トリックの為に全てが捧げられてるばっかりでもなく。
ほんのりしているが、味はしっかりあるという。
あと、何となくBLっぽい。ほんのり。絡みは無いです。
そこも何か叙述トリック的な仕掛けがもう少しあるかと思ってた。
名前とか。
捻り過ぎずに楽しんだらよろし、って事か。

ところで何で冴昼は「事務所の裏路地に朱色の電話ボックスがある。そこから掛け直せ」って要を呼べたんだろう?
自身の移動は制御できないのに。
ちょっと気になった。

因みに此の作品読んだきっかけは「グラン・ヴァカンス」が出てくるからだったが、それも割とシンプル、ほんのり。
此処に出てきたのが「グラン・ヴァカンス」なのか・・・ってそっち読んだらびつくりしちゃうね。ふふふ。

SDGsとかどうとか

アウトドアな人間ではないから引きこもりばっちこーい!
だと思っていたが、そんな事なかったと気付く今日この頃。
精神衛生維持の為に、だいたい週20〜25km歩く位の外出が必要らしい。
普通に出勤して日常の買い物して、週末医者や習い事に行くとそのくらい。

SDGsについて学べ、って話なんで本を読んでいる。
本は職場の回覧で回って来た。
SDGsってアメリカ・ヨーロッパが好きそう(雑)
ヨーロッパ以外、特に中国巻き込まないと地球全体で見た時に意味を成さない気もする。
”世界が結束するチャンス”にする為・・・なら尚更。
企業単位ででも、ある程度「せーの」でやらないと意味を成さない、というか効果が出にくい。
出にくいと「頑張ろー!」って維持できないような。
ところで行き過ぎたフェミニズム的な考え方、ってのはSDGs的にどうなんだろ。
自分達が「化粧しない!押し付けるな!」じゃなくて他人にも「化粧するな!捨てろ!」みたいなやつ。
SDGsの17の目標の「5.ジェンダー平等を実現しよう」には当てはまるのかもしれないが、他人の自由阻害してまで実現すべき事ではないように思われる。
お互いの考え方を尊重しましょう、を実現すべきだと思うんだが。
そして性善説が成り立ってる事が前提なような気が。
「12.つくる責任 つかう責任」の一環でセルフで手持ちの器に入れて購入するシステムがあったんだが、あれってセコケチホイホイなんでは?と。
セコケチは廃れてないだろう、残念ながら。

あと「こうあるべきだから、こうしよう」の前に「こうあるべきなのに、なってない」の理由を見極めないといかんのでは、と思った。
電気自動車が普及するのは素晴らしいが、去年の関越道立ち往生みたいな事があった時に支障は無いのか。
ガソリン車だから補給が出来たという話も見た。
専用缶に分けて自衛隊の人が持って回ってはったんやったっけ。
信号機がLEDになったら熱で雪が解けなくて信号が見えなくなった・・・という話も見た。どうなったんやろ。
いずれは電気でも大丈夫な仕組みが出来るのだろうけど、果たして「SDGs実現しよう!」という時に考慮されてるのか、どうなのか。。。
個人的には目標の中に「ゴミはきちんと捨てよう」を入れて欲しかった。
脱プラだってさ、きちんと捨てられないでそこいらにほっぽらかしてるのも問題なんでしょうに。
みんながちゃんとゴミをゴミ箱に捨てるなり持ち帰って家で捨てるなりしてたら、野良のゴミで苦しむ事も大幅に減るんじゃないかね。
海外じゃ使い捨てコンタクトを水道で流す人あるらしいやん・・・そういうとこから直していかなあかん筈である。
そこんとこ、どうなんだろうね。

兎にも角にも、物理的・精神的に余裕あるから出来る事なんだよなぁ。
そういう余裕が持てるかどうか。みんなが。
「生きるのに精いっぱい」な状態では、そんな余裕ないだろ。

どうでもいいニュース:
FRaU」の付録のエコパックは未だに使ってない。
友人に何か送る時に使えたら、とも思ったのだが、やっぱりファスナー剥き出しが怖い。

元気が出ません。
GW前に「やる事」一覧作ったがそれもどっかいった。
本・雑誌を読む気力すら無い。
歓喜の歌」読めたぞわーい!・・・だったんだが。
ギター持つのも重い。
ハンクラでアクセ作るのも億劫になってきた。インスタで写真見るのが精いっぱい、みたいな。
ずっと座ってるので体痛い。
体動かすべや、とやってるフィットボクシング2も精彩を欠いている。
悠一に申し訳無くて尚更精彩を欠く悪循環。
澱んでるなー。
洗濯物も乾かないし。
黄砂飛んでるらしいんで外干し控えてたら、全く乾かない。
気のせいかな?とは思うけどほんのりしっとり状態で仕舞いたくないし、仕舞ったのがしっとりしてるのも厭やんなー、と。

あんまり楽しい話無いもんな。
世間的にもぼんやりしているがパンピーほったらかしなのとオリンピック至上!なのだけは解った。
ワクチンは介護施設・精神科関連のスタッフが受けるべきじゃないんだろうか。
去年「インターハイが無くなって・・・」みたいな事言うてる人おったけど、試合どころか練習すら出来ない人達だってあるんだがな。
あと「コロナ患者受け入れ病院じゃないから安心」とか言う人未だおるんや。びつくりである。
受け入れてはるとこは其れだけ高度な医療が出来てるとこだし、今受け入れてなくてもそのうち溢れかえってくるんじゃねーか?
その時は手のひら返すんだろうねぇ。

そういえば未だ「リアル書店で紙の本を早めに買って欲しい」みたいな話出てるみたいだが。
そういう「ファンが発売後即買って初動が動いてくれないと続き出せない」みたいなやつ、止めにしてくれへんかな。
漫画と小説は別かとは思うのだけど。
自分が普段行く本屋、ハヤカワ文庫の新刊が発売日に置いてないんだよなー。
「不見の月」「歓喜の歌」、発売日に単行本が平置きしてあったっていう。その後は「永遠の森」が平置きになっていた。
ハヤカワ以外でも文庫新刊発売日に無い。
売り切れた・・・にしては頻度高い。
朝イチで皆さんお買いになるのか。仕事帰りじゃ遅いというのか。
所謂”まちの本屋さん”ではない。もうちょっと規模が大きいチェーン店である。
発売日、仕事帰りに買えない・・・となると早くても週末になる。
しかもこのご時勢だからほいほいとお出かけしづらい、何かの用事で出た時に買う事になる。
なので用事が無ければ買いに行く事が無い。
もう何年も「初動が悪かったら続き出せません」「電子より紙で買って欲しい」って作家さんの呟きが出てきては話題になるけど、改善されないんだろうか。
一応電書の売り上げも考慮されてるという話もある。
でも考慮はされているものの作者にどう投資したいか・・・みたいな話になるのも、どうなんだろ。
なんかもう疲れたなぁ。
自分の好きな作家さん達が「早く紙で買ってください」とか仰らないのがせめてもの救い、かも。

今日のEndless Game・その4

「YOU MAKE SHIBUYA LIVE」観た。
久しぶりにフルカワユタカ観たくて。
クセスゴGPに曲提供してる方のロックスターをヴァーチャルに楽しむって、良さげやん。
すったもんだで入場したが操作慣れないもんでどーにもライブ会場まで辿り着けない。
前で観たり後ろで観たりしたが・・・ううむ。
f:id:sociologicls:20210508195532p:plain
ステージ遠い。
画像は後ろからだけど最前でもステージ遠く感じるんよね・・・スマホで配信ライブ観るより遠い。
恐らくズーム出来るんだと思うが。
入場してから会場に辿り着くまでも苦戦した、操作に慣れるまでしんどそうである。

今日はコーナン行きたかったが自力で行かねばならんのでハーバーランド店に行く心算だったが、こういうご時勢だしいつも以上に人多そう・・・なので止した。
Amazonとヨドバシ.comでポチったが、よく考えたら全部ヨドバシでよかったんでは?
ていうかヨドバシ凄いよ!ストレス溜まらない!ついうっかりプライム入らされてすぐ停止しなくて済む!
お稽古前にちょっと阪急の北っ側通った。
神戸三宮阪急ビル、ほっそい!高い!
f:id:sociologicls:20210508195620j:plain
写真だと解りづらいが、”古き良きSF”みたいな感じ。
夜に下からサーチライトばんばん飛んでたり、広告が空飛んでたりするようなやつ。
EKIZOは行きたいのだけど今は中中・・・という感じ。オープン直後から休業せざるを得なかったお店も結構ある。

さて本題。
ギターはスコア通りでよいのか毎回悩む。スコアと実音でオクターブ違う事が。
今回はスコア通りの高さで良さそう。
メインのメロディが聴こえてこないぞ・・・取り急ぎ卓郎側のボリュームを下げる事で改善。
ベースはチョッパーじゃないんだけど勢い出そうとしてチョッパーみたいな奏法になった。
キーボードの発表会、同じクラスにウィンドシンセ*1の方がいらっしゃったんでそりゃT-SQUAREやるじゃろ、と「TRUTH」*2やったんだが、ベースパートのお兄さんが後奏で全力で弾いてはって、後で話聞いたら「チョッパーやったった」だそうだ。
懐かしいね。
ちょうど今日は和泉さんの話をしていたとこだった。
その流れで滝の方の音でイントロ弾いたら妙にハマった。
モノホンもがっつり歪ませてあるんだそうだ。
メタルっぽい感じを目指していたとか・・・だとしたら今此処でT-SQUAREとミリキュー繋がったみたいで個人的に面白かった。
すごくどうでもいいな。
ところで安藤さんがメサブギー使ってらした時代があったそうだ。
「TRUTH」の頃かは解らないが。
Wikipedia見たら「TRUTH」の頃の使用機材に”Suhr Standard(ミントグリーン)”とあって、併せてうおおー!と。
閑話休題
高速の16バスドラ2連打って片足なのか両足なのか。
めんどくさいので片足という想定で打ち込む。
ドラムの知識と技術深めてきたら「此れは両足で」とか解るようになるんだろうか。

次回→Aメロ卓郎から

お腹鳴ってるのを滝ギターで誤魔化す体たらくなんで、軽く食べて帰る事にした。
カフェも厳重である。アルコール消毒や体温チェック等がZepp並み。
元からディスタンシングしてそうな作りだが、導線めちゃくちゃ気を配ってはった。
行きと帰りで別の通路使う、みたいな感じ。或いは厨房から出てくる人とすれ違わないように、か。
座席も「普段この時間にはご案内しないのですが」と上のフロアに案内してくれはって特別感出てるが、あれも人数とソーシャルディスタンシング意識して割り当ててはるんやろね。
其れなりのお値段なので、お客さんも上品である。なのでわあわあやるような人が居ない。
(自分だってこういうタイミングじゃないと行けないよ、行きたいなぁと思ってるうちに自分が死ぬかもしれない、お店が持たないかもしれない)
気兼ねなく行ける日が早く来ますように。つか、来い。

どうでもいいニュース:
思わぬ所で武田ストラトのおよその値段を知った。多分アレのBahama Blueやんね?
そりゃギターの先生が一目見て「Suhrのめちゃくちゃいいやつ!」って仰る訳だよ。支払いが2年掛かる訳だよ。
実際はどうだか知らないが、自分が見て「これかな?」と思ったギターはSY-99の定価とどっち?ってなお値段だった。
SY-77の定価とタイマン張るくらいかな、と思っていた。

*1:リリコンじゃなくWX

*2:THE SQUARE時代の曲だけど演った時にはT-SQUAREだった

歓喜の歌 博物館惑星Ⅲ

此処んとこなんとなくしんどくてぼんやりしてて。
特に何があったというわけでもないが、精神殺られてんのかもな。。。
綺麗なモノを摂取して、なんだが相変わらずとっ散らかっている。

歓喜の歌 博物館惑星Ⅲ」(菅浩江ハヤカワ文庫JA)読んだ。

歓喜の歌 博物館惑星3

歓喜の歌 博物館惑星3

  • 作者:菅 浩江
  • 発売日: 2020/08/20
  • メディア: 単行本
「不見の月」の続きである。
sociologicls.hatenadiary.jp
連作短編だけど長編ぽい。ミステリ感増し増し。
今回は「デメテル」も割と出てくる。
工芸品に使われるタマムシの話、そして芸術品の真贋、写真作品の笑みの曇り、プラントハンターと製薬会社会長・・・等。
美とは、芸術とは・・・を通り越して、命とは、生とは。
今回、アフロディーテでの研究の為、或いは人間に遺伝子操作されて生まれた生物達を隔離した、”キプロス島”の存在が明らかになる。
此れを公開する事で、アフロディーテの素晴らしさを伝えたい・・・という話ではあるけれど、或る意味”残酷な美”なのかもしれない。
人間のエゴ。其れもまた芸術なんだろうか。ううむ。
とはいえ生み出されてしまった命は大切に、其れは其れで誰かの心を動かす存在なのであれば収蔵・公開されるモノなんだろう。

そして”触れる”とは。心とは。
「物理的なインターフェイスを持たないうちは、いくら直接接続されていても情動をプールするデータベースにしかすぎないってことだ」(p.147)とあるけど、インターフェイスが無くても、AIにはAIの触れ方、感じ方があるんやろね。
AI同士での伝え方が。
C2、良かったなぁ。流石美和子さん。
こちらも人間のエゴなのかもしれない、だけど生きる場所があって良かった。

木下が騙しの手口について健達に語っていた理由も、最後になれば解る。
本物に限りなく近い贋物が登場した場合、”どっちも本物”・・・てやっぱり違うような。
そして贋物って可哀想よなぁ。
本物は何かを表現したくて作られる、だが贋物は表現したいかではなく”他者に限りなく似せる為”に作られる。
己自体が評価されるんじゃなく、”どこまで本物に似ているか”という観点でしか美しさを感じて貰えない。

それにしてもラストの美しさよ。
文章、物語の力って、凄い。
身も蓋も無い言い方をすれば文字の羅列、なのに其処から読む人の心に起こるのは映像、音楽、ショー。
読んでいて感動がわーっと目から脳から、全身へ。
ユーミンの「シャングリラⅡ」観た時と同じ感覚だった。
色んな姿をしているモノを総合的に集めた芸術を一つの形で描けるの、文章ならではなのかも。
でももっと体感したい。
物理的インターフェイスも想像する脳もあるのに、もっと触れたい!
何はともあれ、50周年のお祝いが無事出来て、よかった。

しかし此れで終わっちゃうのだとしたら、寂しい。
(其れが寂しくて「不見の月」読んですぐ「歓喜の歌」を読めなかった)
またアフロディーテの違う人の物語が書かれないだろうか。ちょっぴり健達が登場したりして。
相変わらずマシューがやらかしてんだろうな。