社会学的ラブソング・改

音楽と本とお茶と美味しいものと面白いもので出来ている。あんまりはてブされたくないので、はてブボタンは設置してません。

呼び覚まされる霊性の震災学

「呼び覚まされる霊性の震災学」(金菱清ゼミナール/新曜社)読んだ。

これまで震災に関するルポは幾つか読んでいるが、何が違うかというと東北の方により成されたものだという事。
外側から来た人によって聞かれ、書かれたのではなく。
そして他の媒体が目を向けなかったところを取り上げ、丁寧なフィールドワークを重ねて論文を書いておられる。
(学部生でもなし得てるのに一部の社会学者ときたら・・・)
ちょっと無理矢理かな?と思う所もあったが、目の付け所が良かった。
話題になっていたのはタクシー運転手の方の話だが、震災遺構や慰霊碑の在り方、弔い方、社会的に孤立した被災者(コールドスポット)、消防団、猟友会。

残すか残さないかは一旦”保留”する、追悼でも教訓でもなく「生きていた」「生きていた事を覚えていたい」という”記憶”の為の慰霊碑の在り方等は当事者の方だからこそ解る事なんだろう。
語る側も収集・調査する側も辛い事だったろう、それでも”話”を残してくださって有難いと思う。
タクシードライバーの方の話については、「何故タクシードライバーなのか」という観点での分析や感情のモデルから考察されているのが面白い、面白いって言っちゃいかんのだろうけど。
もしかしたら身内ではないが地元の、何があったか等知ってるタクシードライバーの方に出会う事で幽霊と呼ばれている方々も何か気づいて、気持ちの置き所を作れたのかもしれないな。
しかし「手を取った」話はびつくりだった。

心のケアについては”近い人”同士、或いは敢えて”事情が違う人”同士というように、その時の心次第で流動的に話し合う事が出来たらよいのだろうか、と思った。
「私に比べたらまだ・・・」とか「もっと辛い人もある」とか「もっと注目される人もある」とかあるけど、第5章で話をされている方に関しては読んでる自分からすれば何と壮絶な経験をされた事か・・・と思ってしまった。
どんな関係なのか(親だとか子だとか友人だとかご近所さんだとか)関係なく、其の人にとって辛かったのであれば「辛かった」と言えたら。無理せず。
此れからそういう人、そういう話は出てくるのかもしれない。
時が過ぎたから言える事も沢山ある。

敢えて担当を決めない、というやり方もあるんやな。
其れが出来る分、人間関係を密に築いているという事なんだが。
時代の流れで、どうなっていくんだろう。

おまえら行くな。畜生道編

北野誠の「おまえら行くな。」の書籍の存在はもう随分前から知っていた。
文庫化したらね・・・で幾歳月。
なっとるやん!

という事で「おまえら行くな。畜生道編」(北野誠竹書房文庫)読んだ。

シリーズの途中である。
丁度松原タニシのパラノーマル日記シリーズが始まった、事故物件に住み始めた頃。
よくよく考えると酷い、住むだけじゃなくて強烈な心霊現象が撮れたら撮れる程ギャラが上がるという。
知らんでー知らんでー、と思ってたら”パワーアップ”してはるという。
もう祓えないらしい。
太ってるのを持ち味にしてる芸人が痩せたら仕事減る的な意味ではなく割とガチで。
大丈夫なんかな。
今はどうなんだろ。
その他はロケ収録のエピソードや番組に寄せられた話等。
多分番組・DVD観てたら「あれか!」とよりリアルに感じられるんだろうなぁ。
なのでマイルドな怖さ・・・それで良かったんかもしれん。
「あとがきに変えて」で語られてる話はこないだ「新耳袋」で読んだ話のような。
結構北野誠が提供した話あったんかもしれん。

どうでもいいニュース:
はてなAmazon商品紹介を「おまえら行くな 畜生道」で検索すると訳アリの人形出てくるん怖い。。。

開化鉄道探偵

今日ちょっと寒いよなぁ、と家を出てから気づいた。
上着とっかえる余裕なくてそのまま出社したが、そういう日に限ってバスがめたくそ遅れるという。。。

「開化鉄道探偵」(山本巧次/創元推理文庫)読んだ。

開化鉄道探偵 (創元推理文庫)

開化鉄道探偵 (創元推理文庫)

  • 作者:山本巧次
  • 発売日: 2021/02/12
  • メディア: 文庫
イヤッホーウ!キタよ文庫化!
明治の日本の産業を興す為に此れから鉄道を建設していくよ・・・という時代の物語。
鉄道が普及する事で国内の物流が豊かになり、産業も盛んにしていこう、って訳。
そして外国人の手を借りずに日本人だけで、と京都-大津間に線路を敷き逢坂山トンネルを掘っているが測量が狂ったり事故があったりと不審な事件が続く。
鉄道局局長の依頼で元八丁堀同心と鉄道局技手見習いが現地へ向かった所、殺人事件が起きる・・・という話。
生野銀山の坑夫が派遣されてるんだ、と思ったら、「掘る」事に長けている人達だからだ。
線路工夫とはあまり仲良くなさそうである。
鉄道が普及する事で仕事無くなる人達もある、なので快く思ってない、反対する人達もいる。
時代が時代なんで薩長の確執もありそう。ついでに警察なんかやる気無さげ。

ややネタバレあり。



ちゃんとミステリ。
トリッキーな「そんなアホな」なややこしい事も無く、ちゃんと探偵役が謎解いて助手が振り回されつつ謎解きのヒントを何気なく話してて。
誰が犯人でもおかしくなさそう、でも順順に追っていくと解ける。
そして悪い奴がちゃんと悪い。
捕まえきれなかった奴らは、此れから自分達の仕事で見返してやりましょう、という。
(あとがきで高速鉄道車両の輸出について書かれているのは、そういう事かと←あとがきを先に読んだ)
”鉄”分も多めだが、好きな人は其処でヒャッハー!だし、そんなに興味無くても楽しめるんじゃないだろうか。
ゴリッゴリのミステリ読みたい人は物足りないのかもしれないが、自分は謎解きと鉄道建設あれこれ部分とのバランスが良かったと思う。
少なくとも「パターン的に犯人こいつでしょ・・・ああやっぱり(落胆)」ではなかった。
そっちかー!そうきたかー!って感じだった。

ガチミステリやなと思ったら最後に涙腺やられた。
カートライト、めっちゃいい人。
厠がどうのこうのと文句付けてるのも、もしかしたら「線路敷けばいいってもんじゃない、駅もちゃんと整えなさい」という、日本の鉄道を良いものにして欲しい気持ち、優しさだったのかもなー。
どの登場人物も魅力的なんだけど、個人的に井上局長好きだ。
偉いさんやけど、身軽に現場に出て工夫達と一緒に働いたりする。現場好きなんやなぁ。
そういう姿がキュートで。
実在の人物なのだそうだ。

どうでもいいニュース:
この時に作られたのが「赤信号が長い」事で有名なトンネル?と思ったら、その次の柳ケ瀬トンネルの方だった。

ゴーストハント4 死霊遊戯

昼まで寝たい気分だが「PUI PUIモルカー」の為に起きる。

ゴーストハント4 死霊遊戯」(小野不由美/角川文庫)読んだ。

ゴーストハント4 死霊遊戯 (角川文庫)

ゴーストハント4 死霊遊戯 (角川文庫)

3に続き、怪奇現象がてんこ盛りである。祓っても祓っても減らない。
ほぼ全員が”ヲリキリさま”というこっくりさん的な占いをしている。
生徒の飛び降り自殺と”ヲリキリさま”と怪奇現象の関連や如何に、麻衣達はどうなっちまうのか?

今度こそ色々怪異起こしまくって何某かのパワー集めて巨大な(略)と思ったら、果たして。
そうきたかー、と。
我が身投げ打つだけじゃ足りなかったのか。
学校の怪談あるあるで「この学校のは墓地/病院だった所でホニャララの位置で遺体焼いてた」的な話あるけど、其れも取り込まれている感じがする。
こんなにてんこ盛りでもわやわやしないので面白い。
霊感・霊媒についての話も面白かった。真砂子本人が気づいたらちょっとショックかもなぁ。。。
そして麻衣の夢の精度が上がっている。すげー。
メンバー其其の得手不得手が上手く補われ、パワーアップするからSPRは上手く行ってるんだろうな。
ホラー読んでおいて何なんだが、面白かった。

ただ、ラストはちょっとモヤる。
単純な勧善懲悪じゃないのが良いんだが、もうちょっと罰当たってても、そしたらもうちょっとスッキリしたかもだ。

しかしゴーストハントシリーズの解説、書きたい人いっぱいおるだろうになぁ。
女子限定にしたとしても。系列グループ限定にしたとしても。
今作ラスト以上にモヤる。

どうでもいいニュース:
寝入りばな、というか寝付いて30分くらいで妙に疲れたり謎な厭ァーな状態になったりする事があるんだが、所謂”アルタードステイツ”の状態だったのか。
何でやろね。

ストレイテナー Applause Tour at 神戸国際会館こくさいホール

ライブ初めはストレイテナーである。
ワンマンで観るの初めて。
会場着いたら写真撮ってはる方ちらほらあったんで、真似して撮ってみた。
f:id:sociologicls:20210222195131j:plain
体温チェック、アルコール消毒して入場。指示に従い自分でタップする。
NARABAZZ便利ー、だがバーコード読み取りに苦戦。明度あげておくべきであった。
座席は1個飛ばし、貴族席は4つ並んでるうちの両端のようだ。1個飛ばしでだいたい埋まってる感じ。
思ってたより真ん中に近かった。誰を何をどう観るか悩ましい(贅沢)。
そういえば神戸国際会館の2階って初めてかも。昔昔の神戸国際でも1階だった。
・・・と思ったが、せっちゃんの時は中2階の貴族席だった。

ほぼほぼ定刻で始まったと思う。
あれもこれも・・・と思いつつ、結局シンペイさんめっちゃ観てた気がする。
エモエモなんやけど、叩き方が綺麗。両手でシンバル叩くのとかほんと綺麗で。
あとOJ。
OJの激しさにびつくり。
あんなにくるくるふわりと動き回ると思ってなかった、何なら最後らへんは床にも転がってた。
敢えて曲聴きこまないで行ったが、何も考えずただ音楽と向き合えた気がする。
あんなテナーも!こんなテナーも!と思ってるうちに2時間が過ぎていった。
曲によっては16の横ノリだけどドラムは8ビートなのもあったような。
バンドというものは面白いものだ。
(と思ったけど実は8のようで16とか、16意識して叩く8とか・・・と考え込む)
「シンデレラソング」の「サンドリヨン」の繰り返しのとこでコール&レスポンスしたかったそうである。
最後の「サンドリヨン」をお客さんに歌って欲しかったとか。
一緒に歌いたくなるよなぁとは思ったが、コール&レスポンスとは思わなんだ。
案の定あんまり伝わらなかったそうで「サンドリヨン?」って末尾上げて疑問形にするとか、てな話。
何なら「ROCK STEADY」も?その前のMCも疑問形にする?
余計難易度上がるような気がする。
お客さんも声出して一緒に歌ってよくなったら「サンドリヨン」歌うかね。

このご時勢だからというのではなく、元元関西でホールライブやりましょう、という事で此処を押さえていたそうだ。
オペラの会場っぽい、とア~と歌いだすシンペイさん、ひなっち
シンペイさんめっちゃ高い声出るんやなぁ。
赤いドレス着て真ん中でア~って歌うとか。
”こくさい”が2つ付くのが面白かったようである。
言われてみれば確かに。あんまり意識してなかった。

アンコールではもう2、3年早く愛想良くしてたら今頃ホリエアツシがドラマに出ていた、みたいな話も。
ホリエは菅野美穂は「走らんか」の頃から好きだったらしい。
懐かしいな。
でもホリエ、シーチキン食堂のCM出てるじゃんよ。マツより目立つじゃんよ。菅野美穂出てないけど・・・。
過去の自分にメッセージしたい、笑顔解禁するの2、3年早ければ、髭剃って髪切っていれば・・・。
↑の”こくさい”が2つ付く話もアンコールだったか。
メンバーの名前も途中2回繰り返したらよいのでは、とか。大山じゅんじゅん、可愛いな。
OJ「すげー面白いけど、楽器持てよ」
確かにひなっちがベース持たないで喋るのが気になっていた。意外だなぁと思って観てた。
それにしてもテナーのMCってこんなにゆるかったのか。
対バンで観てた時、こんなにゆるかったっけか。
テナー好きの友人から「そうだよ!」ってツッコミ入りそうな気もする一方、こういうご時勢だからMCゆったりめに時間取ってたのかもしんない。
各出入口、しっかり開けてはったからなぁ。曲が始まると次々に閉まっていくっていう。

久しぶりに音に飲まれる感覚。
お客さんいっぱいいっぱいの方が楽しいだろうし、バンドとしても盛り上がり/盛り上げやすいんだろうとは思うけれど、今回みたいな前後左右余裕があってしっかり観られて落ち着いて音も楽しめるのは有難い。
神戸国際は音良いし。
買ってきた「Applause」聴いて暫く浸っていよう。
バンドもやりたいなー。バンドってほんまええわぁ。

オーディエンスパス、ええな。
思い出として形に残るし場所取らないし保管しやすいし。
f:id:sociologicls:20210222194950j:plain
f:id:sociologicls:20210222195020j:plain
サイズ的に栞として日常使い出来るし。

どうでもいいニュース:
会場のCD販売が大蓄。テラなまらナツカシス。
大蓄で思い出したけど、このオーディエンスパスは光GENJIのラミカを思い起こさせるな。