社会学的ラブソング・改

音楽と本とお茶と美味しいものと面白いもので出来ている。あんまりはてブされたくないので、はてブボタンは設置してません。

明日に向かって漕げ!/怒髪天

「明日に向かって漕げ!」聴いた。

正直ご無沙汰である。
あんまり言いたくないし言うべきではないけど「もういい」だった。「新聞記事あるけど要る?」って聞かれたら多分断る、最近めっきり話題にしない事にも触れて欲しくないくらいで。
でも新曲は聴きたいなぁ、と。
新曲の即出しデモは若い衆に走ろうがライブから足が遠のこうが、兄貴達はそこにいてくれはってんな、と。
「握拳と寒椿」「桜吹雪と男呼唄」らへんぽさもあるような。
「がんばれ!」をみんなに言うのじゃなくて自分に向けて、というのが今聴くにはしんどくなくていい。
音数少ない分、耳コピしやすいかもしれない。するアテはないけど。。。
いっそ「全曲新曲ライブアルバム」でも良いのではないだろうか。
再録の2曲は「アイーン!」してはる。

トークはガチのトーク。ファン向けのトークでもなく、普通に世間話である。
それがまた面白い。有難い。
普段楽屋やスタジオでこんな風に歓談してはるんやな、と。

どうでもいいニュース:
坂さん、奥さんに怒られない?大丈夫?