社会学的ラブソング・改

音楽と本とお茶と美味しいものと面白いもので出来ている。あんまりはてブされたくないので、はてブボタンは設置してません。

何なんだ今年は

一体今年は何なんだ。
新型コロナどんだけ。
次々とライブ・イベントが中止・延期となっているではないか・・・。
差し当たり直近のROCKIN' QUARTETはどうなるのか。
すっげー楽しみにしてるんだぞ、ライブ(コンサートかな)自体もだけどNHK大阪ホール行く前に心斎橋のHMV&BOOKSとタワレコ難波はしごしてフジ関連の展示観て、心斎橋行くならドラム専門のとこ行ってLERNIのHPでマツ使用って紹介されてるスティック買うんだ。
何より久しぶりに友達と会うのすっげー楽しみなのだ。色々THE BACK HORNの話やその他のどうでもいい話をしたい。(一方的にごめんなさい。)
支払い用の小銭も平成最後の数年分1年ずつ揃えた!
何なら伸夫の歌で免疫力上げる気まんまんである。
実際、ACIDMAN歌ってたら風邪治ったもんなぁ。
昔発表会ライブでどーしても好きな曲やりたくて「ワテが歌うから!」って「プリズムの夜」やったんだが、風邪気味状態で練習行っても、終わる頃には元気になっていた。
それはさておき。
此れを書いてる時点ではまだROCKIN' QUARTETの中止・延期の告知は出ていないが・・・。
兎に角ライブというのは心の支え、日常と地続きのハレの日なんだ!という事を改めて思い知らされた。

あとライブだけじゃないんだよなぁ。。。
お稽古、3月中旬まで休館なので無し。
前回のお稽古から2ヶ月以上空くのでは。つらい。
今のうちに最後までコピっとけ、ってか。

そんでしんどいのが、日常生活はほぼ変わらない事である。
元々花粉症でマスクしてる人が多い季節だ。
お店のマスクや除菌アルコールの棚がすっからかんな以外は、だいたい変わらない。
なのに楽しみだけがどんどん奪われていく、という。先がいつまでか分からない。
観光客がどうのこうの、とかもう関係ない、多分誰が感染していてもおかしくない、と考えると大規模*1イベントじゃなくても、ちんまりと日常生活送っているだけで感染するリスクはあるような。
気持ちを何処までへし折らずにやっていけるのか。。。
報道は煽ってばっかり(しかも情報が若干古い)、インターネッツは玉石混交でとりあえず政府叩けばいいようになっている。クソい政府なんて昔からじゃないか。クソなりに何とかしろ。
苛苛してばかりだ。

苛苛ついでに。
「また会えるんだから!」ってさあ、フジファブリックてえのは「また会いましょう」って言ったきり生身では二度と会えなくなったメンバーが居るバンドなんだよッ!

こないだの「呪いの解き方」買っとこうかな。
・・・ポチった。
今は違う出版社からリニューアル版が出てるみたい。少なくともhontoで買った電子版はそうだった。

*1:どこまでをそう言う?