社会学的ラブソング・改

音楽と本とお茶と美味しいものと面白いもので出来ている。あんまりはてブされたくないので、はてブボタンは設置してません。

思えば寒いGWだった

このGW、二度寝かました挙句起床に失敗して頭痛・・・が2回。
やや気持ち悪いけど痛さレベルが通常営業なので大丈夫かな、と。
低気圧というより、かぽーんと冷え込んだ日の朝がよろしくない、小豆カイロを首の付け根に載せていたら楽になったし。

ドラマガ続き
世界的なすごいドラマーでも自ら事務作業しなきゃいかんとは大変だな。今は流石に違うんかな。
DISH//、レコーディングだと本人じゃなく本職というか豊夢さんとか一流ドラマーが叩いてるのか。其れを自分のモノにしてライブでやるってのも大変そうだ。
若手ドラマーの手書き履歴書面白い。
YOASOBIで叩いてる人、紅白がドラムデビューだったとか。紅白で叩いたのが好評だったのがドラム始めたきっかけらしい。まじかよ。
ハルカミライのドラム、お父上がドラマーのようだが、誰?
・怪と幽
アマビエの能、見てみたくなった。
最初の「私の姿を書いて見せよ」だけだった所から効能・属性が追加されているのは、「アマビエのこういう力で疫病を鎮めて欲しい」という祈りなのかもしれない。
・STORY BOX
警察小説大賞の選評で「この作品を参照図書として読むとよい」と勧めた後、数ページ先に広告打つんうまいわー。
それはさておきレビューでネタバレ防止として詳細を書けないのは解るが、ページ数書くんは何か雑だよなぁ。。。
あと新刊インタビューでBL書いてた方のインタビューがあるんだが、「BLはメインの男性二人がくっついて終わる、ハッピーエンドがお約束」ってあるけど、そうなん?
メリーバッドエンドを含むんやろか。
・羅刹ノ国 北九州怪談行(菱井十拳/竹書房怪談文庫)
怪談集或いは個個の怪談からラスト畳みにかかる、という感じではなく此れ1冊で1つの長編(その中で複数の怪談ごった煮)みたいな感じ。
残穢」云々という事で興味持って読んだが、そちらの方はあんまり。メインが其処ではないので。
・闇塗怪談 断テナイ恐怖(営業のK/竹書房怪談文庫)
インタビュー読んでバンド活動絡みの話読みたいなぁ、と思って読んだが、この巻にはあんまり載ってなかった。
じわじわくる。
くだんの話も気になるのだが・・・どうしましょ。