社会学的ラブソング・改

音楽と本とお茶と美味しいものと面白いもので出来ている。あんまりはてブされたくないので、はてブボタンは設置してません。

マナーはいらない 小説の書きかた講座

バの字コラボ、おフジさんMVのクリエイティブディレクターが小説家・・・という流れだけ見てると、小中学生の頃から小説家目指したらよかったかな、と思ってしまった。
勿論世の中そんなに上手くいく訳が無いし、仮に小説家になれたとしても、きっとその世界線では小説家ではないクリエイターが自分の好きなアーティストとコラボしてる。

イッタランドのTLに流れてきて面白かったから読むよシリーズその3。

「マナーはいらない 小説の書きかた講座」(三浦しおん/集英社)読んだ。

サブタイトル見落として、普通にエッセイなんだと思ってたら、実際にWebマガジンCobaltで連載されていた小説の書き方講座である。
(なので巻末にコバルト文庫オレンジ文庫の賞の募集が載ってたりする。)
より良く読む為に、書き方を知るといいってスゴ本の方も仰ってたし。
sociologicls.hatenadiary.jp
”講座”とあるが、普通に小説に特化したエッセイのようである。
実例としてご自身の作品を挙げておられるので、実際に読んできた人だったら面白いかもしれない。
「天国旅行」は読んでみたくなった。
(個人的に「月魚」が合わなくって敬遠していた*1・・・ちょっと後悔してる。)
兎に角「ハイロー」がお好きなようである。
「ハイロー」についてアツく語りつつ、其れがまた小説の書き方の説明に繋がってるってのが凄い。
自分もちょっと「ハイロー」に興味持った。←そこ?
ツッコミどころも多々あるようだ、でも「情熱ときらめきがあふれていて、見るものの脳と心を直撃してくる」のだそうだ。
現実世界と整合が取れているという意味でのリアルさと、作品の中のリアルさは違う。
それは感性で突っ走るだけじゃなく、此の本で説明されているようにコツ・論理性を反映させつつ描かれたものなんだろう。
「なんでもかんでも伏線を重視する昨今の風潮には賛同しかねます」に「それな!」ってなった。
あと読者に伝わるように書くけれど、それは読者ウケとは異なるようだ。
反応が欲しい、では疲れてしまう。
書きたいモノに真っ直ぐに向き合って書く、その伝え方については変に細工をせず、より”伝わる”ように書く、という事だろうか。

*1:なら何でこの本に興味持ったんだ!?