社会学的ラブソング・改

音楽と本とお茶と美味しいものと面白いもので出来ている。あんまりはてブされたくないので、はてブボタンは設置してません。

などらきの首

いよいよ読む本が・・・雑誌はあるにはあるが。
棚片付けてる時に出てきた本、再読しよう。

「などらきの首」(澤村伊智/角川ホラー文庫)読んだ。
怪異的怖さもサイコ的怖さフィクションが現実を越える怖さも。怖さの総合デパートや~。(何故か彦まろうとする)
京極堂も出てくるで。(自分もちょっと京極堂思い出しながら読んでたんでびつくり)
その「居酒屋脳髄談義」が一番好きだ。
「ゴカイノカイ」も「居酒屋~」も、結構迷惑だよなぁ、周りの他人からすると。
その不条理さがホラーで、祓われる事でちょっとほっとする。
そういうのを求めて読む・・・んだけど、この短編集にはそうじゃない方が多い。

「などらき~」はこれだけで長編でもよいのかもしれない、と思ったがこれでよいのか。
関学の名前が出てきて「おお!」と思ったら
最後の最後まで気が抜けない。

ホラー・オカルトは正しく怖がらないといかんのだろうな。