社会学的ラブソング・改

音楽と本とお茶と美味しいものと面白いもので出来ている。あんまりはてブされたくないので、はてブボタンは設置してません。

Λ/ACIDMAN

ここから、向こうへ。
わたしから、あなたへ。

声を届けようという意志。

そんな高らかな歌い方だと思った。
歌いたい事、伝えたい事は変わらない、より強固なものになっている。
どうしたら、もっと届くんだろう?って。

だから過去の作品・・・特に「有と無」「新世界」と大きく違わない。
音もフレーズも伝えようとする事、意志に向けて最適化されている。

ポエミーに書いてるが、ACIDMANの「Λ」ってそういう作品だと思うのだ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

というクソポが下書きに保存されていたので、このタイミングでお焚き上げ。