社会学的ラブソング・改

音楽と本とお茶と美味しいものと面白いもので出来ている。あんまりはてブされたくないです・・・。

マニアックヘブンvol.14 ギャラリー配信

今年のマニヘブはライブのでギャラリーは配信のみとの事。
ちょっと寂しい。
其の代わり、配信が盛り沢山なのだった。
チケット買ってたら、ツアー終了の1週間後まで観られるみたい。
配信1~2週間くらいかと思って大急ぎで観た。
何となくメモを残す。
ちゃんと配信観るよろし。

4人サイコロ振って日本地図に描かれた双六をする。
マニヘブ開催地にはテーマが指定されていて、止まる度にトーク等を行う。
マツのサイコロの持ち方がサッカーボールっぽいのは気のせいだろうか
北海道スタートのツアーは初めて。緊張感が高いのでレア。
過去のギャラリー紹介として、ギャラリーが再現されている。懐かしいな。
マニアッ君もいる!
マニアッ君を呼ぶにあたっての経費を心配するマツ。
マニTシャツコーナーだけ異彩を放ってるように見える。
マニヘブTシャツ着て何処に行くのか、伊勢丹に行くのか(って誰が話してたんだろう)。
PAさんが気に入ったTシャツ等も紹介。
絶望アッパーカットTシャツ、光舟デザインだったのか。
自分が初めて行ったのが産声チェインソーだったからか、周りの人がめっちゃ絶望アッパーカットTシャツ着てた。
欲しかった。

ドクロマスの罰ゲーム(1)

栄純。
3人からしっぺ。
山さんは叩きながら痛みを食らう、光舟は容赦が無い。
マツ、久しぶりのしっぺ。優しかった。

オリジナルドリンク紹介(1)

山さん、栄純のドリンクをマツ、光舟が試飲
食べられるもの、というが光舟曰く「嫌なものが」。
この使われ方は業者も想像してないのでは、という話も。
栄純作は「I Believe」。
コーラとファンタグレープは夢の共演(マツ)、其処に胡椒。
ひゃっこいのに胡椒というのがなくない?
マツの食レポの上手さは流石である。伊達に白河ラーメン100軒レポしてはらへん。
味はというと、なんか餃子、ラーメンっぽいらしい。飲めなくは無い。
山さん作は「戦う君よ」。
赤ワインに青汁(健康にいいやつ、最近のは美味しいらしいとは光舟)、其処に胡椒、にんにくが入る。
尿酸値抑えたい光舟。
こちらもラーメンぽいらしい。
何の使命感なのか、マニアックの坩堝。
上手い段階にはなるが「ダメだ」と。。。

マニアッ君即興人形劇

要はマニアッ君ゼスチャークイズである。
マニアッ君、三浦カズ解るんだ・・・惑星メランコリーにまで知られるカズの凄さを思い知るべきか。
ライブ前の栄純がやってる準備運動を知る。

ツアーグッズ紹介

今年は待望のヘブンちゃん!
マニTシャツは例年の絢爛豪華なやつでも去年の激シンプルでもなく、ゆるいデザインである。
マツ「最早何のTシャツか分からない」
・・・試されてる。
マツ・栄純のプロデュースグッズに「守りに入ってないですか?」とツッコミ入れる光舟。
丼は他のバンドも出してるから守りに入ってはない攻めてるかというとそうでもないような気が。
因みにヘブンちゃんは大きいのも小さいのも買った。

ドクロマスの罰ゲーム(2)

栄純、苦茶を飲む。
めっちゃ苦手そう、ギターのチョーキングのような苦さらしい。

オリジナルドリンク紹介(2)

マツ、光舟のドリンクを栄純、山さんが飲む。
光舟作は「タソカゲ」
安心のクオリティ、そして今年もラフロイグの話をしていた。
光舟のは飲める味、美味しい味。ただアルコール度数高そう(過去に「桜雪」でダウンした人)
マツ作は「水芭蕉
安定のピーチネクター、実は封印していたそうである。
今回のがネクターを使った最終章。
ピーチネクター売ってないらしくてスーパー探し回ったらしい。自販機にはある。
トロピカーナもこだわりポイント。ちょっと疑ってはった。
炭酸もこだわる。
ファイナルな味らしい。

マツのこだわり

某カレーチェーン。
行くタイミングについて光舟から質問されていた。
ライブでエネルギー消費するので翌日のパワーを溜める為に食べる、カレーは食べやすいしどこの都市にもあるので。
前の日に食べると消化に時間掛かるからライブまでにエネルギーにならない・・・と聞いてうどん等ににした。
某カレーは納豆入れるの好きとの事。
そういえばこだわりを騙るテーマのマスに止まったのはマツだけだったのではないだろうか。

ギャラリー

4人でギャラリー見学。
ジャケット、描いた絵等。
自分達のイメージを自分達の絵で。
栄純の絵は結構大きい。画用紙
光舟はバックドロップによく使われてたんだな。
キャラが分かれている。
「情景泥棒」は今思うとヤバい、いや当時からヤバい、ブレてない。丸くなってないのがいい(栄純)

親しいバンドマン・スタッフからのタレコミ

「リモート打ち合わせで全員無言になるのやめてください」とスタッフから。
無言になっても動じないらしい。
リモートならでは、裏の笑い声めっちゃすごい

ドクロマスの罰ゲーム(3)

光舟、ビリビリペンを食らう。
おおーってはっきり来るらしい。
結局みんなやってる、楽しそうでよいな。
山さんいいリアクションである。

マニヘブ映像オンエア

去年のマニヘブ。

最後にギャラリーをぐるっと巡る動画。
有人で出来てたら、こういう展示だったんだろうな。。。
多分友人ちにTシャツの大半はあると思う。自宅でマニヘブギャラリー出来るんではないだろうか。