社会学的ラブソング・改

音楽と本とお茶と美味しいものと面白いもので出来ている。あんまりはてブされたくないので、はてブボタンは設置してません。

NOVA3

台風一過。
早々に交通機関終わりすぎ、という話もあるけれど、これでよかったんじゃないか?と自分は思う。
何事も無かったから「早すぎ」って言えるけれど、何事かあっても困るし。
運休状況によって、お店やイベントもどうするか判断しやすいだろうし。
ていうかそこんとこの判断遅れて21号の時に困った事になったのだった。

「NOVA3」(大森望・編/河出書房文庫)読んだ。
これはどれも面白かったなぁ。

特に面白かった話。

「SFファンとはSFとは何かを考え続けている人達だから」って、なるほど!と思った。

泣ける、会話だけなのに、上手いこと繋がりすぎなのに。
読んでてすごく緊張した。
3011がどうなってしまうんだろう、何処に行ってしまうんだろう、乗り主は無事辿り着けたんだろうか・・・と。

「あなたの〜」もだがばりばりSFなのに扱うテーマがもっと普遍的、というかSFじゃないとこでも描かれそう。

これから、こういう出来事が実際に起こりそう。
想い出作りサービスじゃなくても、他人の想い出で自分の記憶書き換える人は少なくないんだろうなー。

希望って、何なんだろう。希望が最後に残るのは幸せなんだろうか。

「NOVA3」は隠しテーマが「希望」なのでは?と思った。
火星のプリンセス」「メデューサ複合体」「東山屋敷の人々」「ろーどそうるず」も希望について描かれているような気がした。
最後に「希望」読むから、かな?