社会学的ラブソング・改

音楽と本とお茶と美味しいものと面白いもので出来ている。あんまりはてブされたくないので、はてブボタンは設置してません。

君の膵臓をたべたい

コラボの詳細来たァ。
HPまだ見てないけど、だいたい予想通りでカウントダウンするほどか?と思った。
ここからかな(((o(*゚▽゚*)o)))
ただ、週刊新潮に連載?コラボのやつが?
野生時代じゃダメだったんだろうか。yomyomじゃダメだったんだろうか。

「牛の肝臓を食べたい」*1もとい「君の膵臓をたべたい」(住野よる双葉文庫)読んだ。
THE BACK HORNが主題歌にはならないな、これは。
かといってミスチルでもsumikaでもRADでもない。
雰囲気的にはくるりかな?
しかしくるりだと話のベタさが合わない。
そういう小説である。
(だから人気あるんだろう、とも言える)
てろてろと語られ、つるつる話が進むとこが他にはない感触なのが良かった。
でも取ってつけたような感じがする。少しくどい。
叙述トリック期待しちゃった。

これが小説サイトから発掘される、というのはいい事だったのかもしれない。

コラボはちょっと不安の方が強い。
いいんだけど、バクホン側が住野ワールドに引っ張られると面白くなくなりそう。。。
って、すっとこどっこいでクソほど人が死ぬ話ばっか読んでる自分が悪いのですがね。
とはいえ、「お前誰やねん」な人が「昔からファンでした〜」(ほんとかよ)って出てくるよりは、前々から公言してる人の方が良い。

どうでもいいニュース:
キミスイ、メルカリ見てみたら値段がピンキリだった。
1000円でも売れてた。
定価でも出てるのに何故それを買うのか。

*1:銀魂2」参照。小栗旬出てたのね