社会学的ラブソング・改

音楽と本とお茶と美味しいものと面白いもので出来ている。あんまりはてブされたくないので、はてブボタンは設置してません。

NOVA10

鉄瓶も鉄の急須もあるけど、探している本は無い。
蔦屋書店には。
堂島のジュンク堂には、あった。
日に焼けたのか、背が色褪せた本。
5年前から待っててくれたん?って感じで。

それが「NOVA10」(大森望・編/河出書房文庫)だ。完走したぞ。

面白かった作品。

身につまされるとこもある・・・が、こういう妄想大事よね。他人に迷惑掛けてない、自分が生き易くなる妄想。
山田達みたいにはなりたくないな。

何処へ行くのだろう。寂しさだけが残る。

無限回廊」読んでたらまた違うものが見えるのだろうか。
読んでなくても楽しい。美しい音楽なんだろうな・・・と思って読んでた。
読んでる自分にとってノイズかもしれないのだとしても。

「NOVA」シリーズ、新しいの出るみたいだ。
来月の文庫本の新刊案内にあったが、実際どうなのだろう。