社会学的ラブソング・改

音楽と本とお茶と美味しいものと面白いもので出来ている。あんまりはてブされたくないので、はてブボタンは設置してません。

FAB FIVE

ちょいと前になるけれど「よなよな」ハナレフジゲスト回で”山内、先輩のレコーディング参加飛ばしちゃったよ”事件について改めて聴いてたんだが、相当やばかったんだな。
「酔っ払って起きたら真昼の路上でした」程度だと思ってた。

さて「FAB FIVE」である。
全曲タイアップって凄いな・・・トリプルA面シングルだとあるけど、ミニアルバムではあんまりないよねぇ。
こういう形で出るなら配信で買うの控えてた、と一瞬思ったが、配信の購入数が多かったからCDに纏めよう、ってなったのかも?
秘かに「Water Lily Flower」バンドでやりたいと思ってるので、そういう観点で聴いてたが、難しい。わからん!
しかしほんまにええ曲。
「かくれんぼ」も「Water~」も、秋の夕暮れ空見ながら聴いてたら心にふかふか沈んでゆく。
「1/365」は面白い。
かとをさんの多彩さを見たい(聴きたい)ので、どんどんお題のあるタイアップあったらいいのに。
「かくれんぼ」「1/365」聴いてて思ったけど、ダイちゃんもかとをさんも”山内の声のいいとこ”押さえた曲書きはるよなぁ。
「カンヌの休日」はやっとどっちが山内でどっちが山田孝之か解るようになってきた・・・気がする。
「電光石火」はピアノ練習しとこう。これもちょっと解るようになってきた・・・たぶん。

今のフジファブリック聴いてみたい、という人にまず「FAB FIVE」をそっと差し出したい。

「手紙」はこの後のアルバムの方なのだな。
楽しみである。

どうでもいいニュース:
「カンヌの休日」、去年の2月リリースだったんだね・・・もっと最近だと思ってた。