社会学的ラブソング・改

ロックと活字とごはんと溜息と。看板に偽りだらけ。あまりはてブされたくないのではてブボタンは設置していません。

PAUSE/STRAIGHTENER

ストレイテナーのトリビュートの感想書こうと思って、そのままになってた。

どのカバーも大きく変えてないのだろうか?と思うくらい、”テナー感”がある。
結構変えてはるんやろうと思うが。
(実はストレイテナーあんまり聴いてなかったのだ・・・家人しばいてCD借りてこよう)
大きく変えても残ってるテナー感はきっとそのアーティストの“テナーの好きなとこ”なのかも。

・・・と思ったけど、何度も聴いてると”本人らしさ”もすっげーあるなぁ、と。
特にback number、こちらはラジオでも聴けたのだけど、「こんなに一般化された曲になるんだなぁ」と驚いた。ポップさというか親しみ易さが増すように感じた。
THE BACK HORNピロウズはカバーじゃなく、それぞれの曲になってる。
THE BACK HORNなんて、ギターはTHE BACK HORNぽくないのに。
majikoこんなにソウルフルに歌う人だったとは。もっとか細い感じの人だと思ってた。(今回初めて歌を聴いた)
ちーちゃんのドラムシンプル・・・と思ったけどそうでもなかった。

最初に聴いた時と、ぐっと聴きこんだ時の印象が全然違うのが面白いなぁ。
どのアーティストもそうだ、という。

ついでに秦くんとのコラボ「灯り」についても少し。
ラジオでよく流れているのだが、ぱっと聴いて「テナー・・・あれ?秦くんカバーしてたっけ?誰?」、後でオンエアリスト確認したりサビまで聴いて「あーコラボのやつか」となる。
不思議だなぁ、と。
どちらかに偏らず、お互いの良いとこを集めて作ってはった筈。なのにすごい”テナー感”があるのは何故だろう。

どうでもいいニュース:
「SAD AND BEAUTIFUL WORLD」、これバンドでやりたいんだけど、どうなんだろうなー。無理かなー。
そういえばテナーの話題出ないんだよなぁ。