社会学的ラブソング・改

音楽と本とお茶と美味しいものと面白いもので出来ている。あんまりはてブされたくないので、はてブボタンは設置してません。

その先へ

なんだこれ。
THE BACK HORN×住野よるコラボプロジェクト公式サイト
このエントリを書いてる時点ではカウントダウンのみである。うちのパソ子のIEだとバージョン古いからか画像すら動かない。

1.THE BACK HORNの曲をイメージした小説
2.住野よるの小説から曲を作る
3.映画化
4.ドラマ化
5.共詞
6.住野よる原作の栄純漫画

あるとしたら1、2、5かなぁ。うーむ。

正直「光の音色」の事があるので映画化・ドラマ化したとて・・・と思っている。
誰映にも上がってこなかったのは喜んでいいのかどうなのか・・・。
とはいえ友達と会うと
「どうしたらもっと売れるのだろう」
「タイアップ?」(CMはげふんげふん)
住野よるの一存で主題歌にはしてもらえないだろうか」
「人気作家をもってしても『キミスイ』の主題歌がTHE BACK HORNにならないのか!」
等と議論(?)してましたからね。
ちょっと期待してる。
めっちゃじゃなくていい。
THE BACK HORNの名前出して「何それ?」ってならない程度、THE BACK HORNを説明する時に「住野よるのアレの・・・」って言ったら通じる、「あの曲なら聴いたことある」程度には売れて欲しい。
自分がファンになりたての頃は「アカルイミライ」の主題歌の「未来」の人、で説明してたんだよなぁ。
伊藤計劃がちょっと日記で触れておられたし。
あと趣味でバンドやってまーす、てな人だと通じるんだよなぁ。
その先へ。

カウントダウンの時間からすると、寝て起きた頃に明らかになっているのだろうか。
中途半端だなぁ。
もしかして時間も関係ある?
※08/31追記
日を時間と見間違えた模様。