社会学的ラブソング・改

音楽と本とお茶と美味しいものと面白いもので出来ている。あんまりはてブされたくないので、はてブボタンは設置してません。

僕と妻の1778話

「僕と妻の1778話」(眉村卓集英社文庫)読んだ。
余命一年と宣告された奥さんの為に1日1話ずつ書かれたショートショートと、振り返り裏話。
この物語はどんな意図で生まれ、どんな反応があったかを知ることが出来て面白い。日記のよう。
眉村氏の日常、その時期にあった事が小説に反映されている。
解説ではお嬢さんから見てこられた、当時のお話が書かれている。
奥さんの気晴らしになるよう、明るい気持ちでよく笑う事で免疫力がつけば・・・と書かれたショートショートは、眉村氏を支えるものでもあった。

そしてご家族だけじゃなく外の人に発表出来るようにと書かれているので、関係ない我我も楽しめる。
「一分間の春」「早朝の喫茶店」が好きだ。
ドキドキハラハラは無いけれど、ほわっと心が明るくなる。
「奇行の人」はフィクションだけど実際に居るのかもしれないね。

どうでもいいニュース:
ハテナ星ははてなとコラボしたらいいのに