社会学的ラブソング・改

音楽と本とお茶と美味しいものと面白いもので出来ている。あんまりはてブされたくないので、はてブボタンは設置してません。

美女と竹林

なんだかんだでライブ感想エントリ2日かけてちまちま書いた気がする。
タグ付けて流したからなー(それもどうかと思う)。
はてなブログツイッターに拾われたら、僭越ながらプロモーションの足しにはなるかと思ったが、そうはイカ鬼子母神

「美女と竹林」(森見登美彦光文社文庫)読んだ。
竹林に行っては清談に耽り竹を刈りご飯を食べる話、エッセイである。
竹は最後まで刈らないまま森見ワールド駆け回るのかと思ってたが、案外刈ってた。
明石氏だけじゃ足りず、担当編集者達も竹林に駆り出される。
しんどいし腰にくるけど、何だか楽しそうなのは気のせいか。
竹を刈るに至るまでのあれやこれや、が本当に楽しそうである。
森見さんと竹を刈る会、とか開催したらどうだろう。
お忙しいから無理か。
残念ながらかぐや姫はおらず、明石氏と出会う事も無かった訳だが、鍵屋家に美女は居たのだな。
ほんじょさんも美女だが、人々の篭絡しっぷりはちぃちゃんが上回っている。

もし、モリミー・バンブー・カンパニー(MBC)が設立されておれば。竹の花が咲かなければ。
ロームシアター京都は「モリミー・バンブーシアター京都」だったかもしれんのだよな。
なんとなくそんなことを考えた。

どうでもいいニュース:
「洛北チェーンソー」って、バンド名に付けたい言葉である。