社会学的ラブソング・改

ロックと活字とごはんと溜息と。看板に偽りだらけ。あまりはてブされたくないのではてブボタンは設置していません。

演奏について考えてみたり

昨夜から今日にかけて、友人のツイで「SAI」の余韻に浸っておりました。
いいライブだったんだな・・・観たかったなぁ。愛で溢れてたんだなぁ。

人様の余韻に便乗して浸ってる場合でもないので、発表会ライブの演奏を録音したやつ聴き返しておりましたが音割れ酷っ!
オルガン爆音で鳴ってるのとコーラス音外してるのがめっっっちゃくちゃ恥ずかしい。
ギターに負けないでかい音で弾きたいとは思っていたが、さすがにでかすぎて恥ずかしい。しかもしくじってるし。
2番辺りから多少余裕出てきたのが音に出てる。オクターブ間違えてたの直しただけじゃなく。
みんなかっこよかったよ!自分以外は!でも自分で自分を褒めたいとこも少しはある!
自分の演奏、録音についてはイヤー!ってならず「ここがダメだった」「ここはまぁ良し」とやや冷静に聴けるようになった。
映像観るのは怖い・・・。
「モノノケハカランダ」の時、写真撮って頂いたのを見たが、すっごい目が泳いでて恥ずかしい以上に怖かった。
「如何にも発表会でーす」みたいな、お利口さんな感じになりたくなくて、「ライブでやっとんねん!」な感じにしたくて頑張ってたんだが。何のホラーだよ。
ま、まぁ「弾くのに必死!自分の事で精一杯!」ではなくなってきたのは良い事ではないだろーか。違うか。

最近は「山内みたいに演奏出来たらなー」って考えている。
すっごい楽しそうやん。
実際、「あー楽しい」ってよくMCで仰るけど、言葉以上に表情・演奏に「ほんま楽しいねん!見て見て!みんなも楽しんでくれたらほんま嬉しい!」っていうのが伝わってくる。
そういうのは観てる側も楽しいもんね。嬉しくなるし、「生みの苦しみとか色々あるんやろうけど、活き活き楽しそうでよかった」と安心もする。
自分もそういうの出来たらええなー。
でも「自分が楽しい!」だけじゃ、そうならない。
技術が無いと出来ないんだよなー。「楽しいねん!」ていう余裕がない。
実際、ウルフルズセッションで「あー楽しい」って弾こうとしたけど、それどころじゃなかった。

今年は「UNICITY」のかみじょうと貴雄ちゃんの対談の

キミに憧れてドラム始めた人とも戦ってちゃんと息の根を止めてあげるのが礼儀なんだよ

という言葉についてもしみじみ考えていた。
プロ怖ぇ。
勿論、発表会ライブに出る素人はそんなレベルで戦う訳じゃないし、そもそも戦わないし。
ただでさえ、ライブ出て弾こうってな鍵盤人口少ないんだぜ・・・仲良くしたいんだぜ。
時々”息の根止め”られた人がリハビリみたくお稽古に通ってる。そういう人知ってる。
でもちょっと考えていた、実質的なバンドのトップバッターに我我持って来たヤ○ハには後悔させてやりてえなぁ、と。
初っ端にこんなんやられたら後の人やりづらくね?後半に出してやればよかった・・・と。
実際どうだったかは知らんが。
シンセのボリューム最大の確認にはなったんじゃね?(泣)

「めっちゃ弾くん楽しいねん!」と「息の根止めてあげる」は全然方向性違うけど、技術が無いと出来ないという点では多分同じだ。

とか言いつつ練習きらーい。寂しいんだもん。

2017年のスモーク・オン・ザ・ウォーター

発表会ライブであった。
前日、職場歩いてたら「今年の風邪は喉からなんだって」って聞こえてきたんだが、その直後に咳出るは喉痛むは。
そんな風邪の引き方あるのか?
なのでコーラスの練習はせず、ちょっと鍵盤の練習だけして寝た。
滝ちゃんのリフは鍵盤のお稽古に良い。

当日も喉痛い。
会場に向かう途中もオレンジジュースやはちみつゆず生姜ジュース飲んでたんだが、生姜が喉に沁みる。つらい。のど飴がりがり食う。
出番3番目なんで、入場してすぐ裏に・・・と思ったが居場所が無い。
ギターさんのすっごいボードをじっくり見せて頂く。眼福。しやわせ。ロック系だったら何でも出来そう。
自分の手持ちのエフェクターの事でアドバイス頂いて有難い限りである。
何故かピアノの先生と「楽屋に鍵盤があればいいのに、指慣らし出来たらいいのに」と盛り上がる。プロも同じ事考えてはるんやなぁ。
SAX隊いいよなー、一緒にやりたかった、弾かせて欲しかった。

で、自分の出番だったんだが・・・キーボード無い!?
と思ったらひな壇。高いとこ。
軽音の学外ライブでセッティングするんでひな壇上ったけど、弾くの初めてだよ!うわあ。
ドラムも客席もよーく見えるがベースさんがお隣じゃないのって落ち着かない。音は聴こえるよね?
ていうかうっかり鳴らした音がでかい。まだ他の楽器の音が無いもんね。
ギター遠いぞ。ボーカルさんも遠いけど、革ジャンの背中が心強い。
あ、始まった・・・ギター遠い。
オルガンでかい。
”爆音鍵盤人”を自称するだけの事はある。わーい!こぉんなにEX5を爆音で弾けるなんて夢のようだ・・・
ってレベルじゃない、ただ只管でかい。隣のドラムしか聴こえないレベルででかい。モニターどうなってるんだろう。どゆこと?
お師匠さんか誰か本体のボリューム下げに来てはった。そういえば毎年ボリュームのとこにテープ貼って「これ以上上げたらダメ!」の印がついてるんだが、今年はそんなもん無かった。てけとーに自分が上げた時のままだった。EX様でボリューム上がり気味だったらそりゃでかいわ。ディープ・パープル仕様のオルガンの音だから尚更。
バンド系のトップバッターなんで、サウンドチェックに使われたのかしらん。だから厭なんだよう出番が最初の方ってのは!
でかすぎてうっかりあのリフでAメロ突っ込んだのだが、それもバレバレなんだろう・・・恥ずかしい。
コーラスは何とか歌えた・・・かな?
動揺してるのをギターソロ辺りで何とか立て直す。遅いわ!
ここら辺で楽になったけど、もう半分終わっちゃったよ寂しい・・・
とか考えてるうちに終わってしまった。遅れた。
うわあん。

とか言いつつ、去りしなに司会の先生が「コーラスもメンバーがやって~」と仰るのでピースしてきた。
痛い大人である。

ま、まぁ
大人の皆さんが
「Smoke on the Water」を
一生懸命演奏するよ!

という姿は見せられたかなぁ・・・と。
悔しいけど楽しかったっす。

帰りに観に来てくれた友人とお茶してきたんだが、いつぞやみたいにお通夜状態にならなくてよかったよ。
街はもうメリクリ仕様。

夜はイルミネーションが綺麗なんだろうな。

どうでもいいニュース:
演奏前に名前読み上げられるところで卓郎的なお辞儀しようとしたんだけど中途半端になってしまった。噫。

週報(11月第3週)

先週も美味しくいただきました(╹◡╹)

もちとろフロマージュ

このテのやつで一番好き(記録更新)

5色のカラフル白玉くりぃむぜんざい

甘さ控え目で食べやすい。
カラフルなのに白玉とはこれいかに?
ティラティスの上にのっけたい。

バター香るカスタード&ホイップパイ

さくさく。
あったかい紅茶と合わせたい。

さみな

じわじわ”持病”が悪化してたがここ数日で一気に来た。
要はダメメンタルという事なんだが外へ向き気味なのと本人にも何が地雷なのか分からず踏んで初めて自爆、なのがしんどい。
ディストーションでマスキングしてる的な状態だったのが、そろそろ限界。
年末近いからかね。

好きなものに自由に、ぬるっと生きていたい。
・MUSICA
「救いたい」という言葉が心強い。
今の自分が聴くべきアルバムなのかもな。
多分「盛り上がれる時につまみ食い」な人はもう去ってしまって、純粋にACIDMANを求めてる人が此処にいるのでは。
大きな愛だって、ラブソングのテーマで良いではないか。
シリウス星人に操られてるんだとしても、伸夫は今此処でこのアルバム出すために存在してるんだよ。
しかし96%が未知、って何で解るんだろう、「96%が未知」という事が4%に入ってるって事だよ!
あとシロップ!五十嵐とたいこさんの笑顔が良いな。
シロップ自体もライブもご無沙汰の方もこの写真だけは見て欲しい。
山口のNFパンチの連載、先月も思ったんだが、これ話し合ってどうするんだろう。
勿論、簡単に結論が出るものではないが、どこにもフィードバックされないんだったら何とも言えない・・・と。
サカナクションなり鹿っぺの関わってるとこなりにフィードバックされたらいいのになぁ。
・滝工房
会員限定のやつについてこういうとこで触れるのもどうかとは思うが・・・キャラバンの話があったもので。
バの字や怒髪の機材車だったやつでは。今は知らんけど。
バの字は磔磔で見た。
くるりが独立する前、レコ社が同じ繋がりなのか2バンドで機材車共用してるという噂があった。実際どうだったんだろうね。
1バンド分の機材載るもん、そりゃでかい。
でも滝ちゃんだったらそれぐらい沢山積める車でもいいんじゃないだろーか、スタジオ化しそうだし、と読んでて思った。

どうでもいいニュース:
バの字機材車だった故、正社員時代はテストデータでよく「キャラバン」使わしてもらってた。

音楽売ってくということで

音楽以外の手段が必要な時代なんだな、と。
・skream!
敢えてライブハウス・レコ屋以外にいる人達に届ける、というやり方もあるのだな。
Crahsというバンドなんだが。
デザフェス・HMJで手に入るらしい。
なるほど。裾野広げるにはよいかも。
一方で「ぐぬぅ・・・」って言わせたい、と仰るバンドもある。敢えて誰とは言わん。
戦略凝りすぎて「ぐぬぅ・・・」以前にぐったりするというか。
経験上、そーいう人らの音楽でガックリしちゃう事が多かったのだが、どうなんだろうね。敢えて感想は書かん。
とか言いつつちょいと触れると、ふつーに聴かせてくれる方が期待値上がってない分素直に聴けるっつうか。
あと設定あるのに定まってないバンドもあって、それもどうかと思う。
「〜って設定です」ってインタビューで言われてもなぁ、メタとしても面白くない。
・FOLLOW-UP
ディスクユニオン、独自特典多いなぁ。
メタル系のイベント参加券付きが意外。インストアライブかな。
特典無しで聴きたい奴ァ聴け!ファンも独自の情報網持ってそう。
BALZACみたいな、店員さんが純粋に好きで推していく、というのは今後もあるんだろうか。
名物店員がベタ(他の媒体あちこちでも見るぞ)なん推すんじゃなくて、好きで本人にコンタクト取ってて、プロモートにもかかわるくらいの。
ぬー茶屋町にはフジ絡みの名物店員さんいてはったけど。
・UNIMAG
対バンの時のユニゾンFC会報誌を見る機会があって。
3人とも真面目だなぁ。
真面目じゃない人なんて第一線じゃやっていけないけど、ゆるさがなくて生真面目。
対談相手の音楽へのスタンスも見えて面白い。
山さんの歌についての考え方も見えてくる。
かみじょうのの言動面白い。アーティストという以上に職人やんな。プロとして決して甘くない。
ニゾンは自らの音楽を追求する事が数字としても現れている、とはいえ「聴かれる為に」は練り練りしてはるもんなぁ。
他のバンドもそうなれば良いが。
話題性頼りじゃなくて。

どうでもいいニュース:
かみじょうつるつるー。