社会学的ラブソング・改

音楽と本とお茶と美味しいものと面白いもので出来ている。あんまりはてブされたくないので、はてブボタンは設置してません。

祝祭のあと

いやー昨日のネコフェスは楽しかった。来年も行きたい。
昨日のあれやこれや反芻してると、仕事も楽しいなぁ!わたしとってもしあわせ!
・・・ってあーっ、お前何故その勇気を無駄に可愛げの無い方向に発揮したのさ。
きゃーっ☆ってな人間ではないけども、何故そうなった。
うわあああ

と要らん反芻までしちゃってるので、ほんとどうしようもない。

そういえば昨日は殆どギター見えてなくて「ドラムを学んでけえれ」な状態だった。
HEREのサウンドチェックで武田側にトラブルという程ではないが何かあったんだろうか?と少し考える程度には何となく険しそうな顔してはった。
が、SE始まって登場する時は満面の笑みで飛び出して来はって、プロすげーなー、と思って観てた。
なんだそれは。
ギターはライブでガン見すると、何故か左手が開くようになる。特に何もしてないのに。
怒髪のライブ観た後で久しぶりにギターを・・・と手に取ると今まで押さえられなかったフレットが押さえられるようになったり。
今年のHEREワンマンの後は上から親指でミュート的な事、だいぶ出来るようになったぞ。
ふにゃ、って届いた。
ライブ観る事で脳のギターに関する部分が刺激されてるんだろうか。
目コピ出来るようになるといいねぇ。指がつるつる動くようになるとか。
ドラムはそういう現象あるんだろうか。
フィルで釣られなくなるとか、鳴り方が変わるとか。
因みにキーボード、DTMにはあんまり作用しない。

どうでもいいニュース:
クラブ月世界といえば、発表会ライブで出た。その時の模様→こちら
多分後ろの幕上がってたんじゃないかなー。
なので下手ギター/ベースアンプの後ろらへんでピアノ弾いてたような。
「銀河」の時はシンセごと、どセンターに出して貰った。
なのでスターが歌ってらしたらへんで「9年前『志村アンタすごいんだよおおお』って歌って弾いたんだなぁ」としみじみするかと思ったが、全くそんな事はなかった。何の感慨も無かった。それどころじゃないよOH YEAH!
当時のエントリをよくよく読み返すと、更にステージから前に出されていたのだった。転がしかよ。

神戸ライブサーキットイベント ネコフェス2019 KUDAKENEKO ROCK FESTIVAL 2019

ネコフェス行って来た。
チケット見ながらタイトル書いたけど、正式名称長いのね・・・。
家を出る前に洗濯2回回して溜め込んだアイロン掛け一気に片付けた自分を誰か褒めて欲しい。

ネコフェスは神戸・三宮のライブハウス9箇所で開催、チケットは各会場最初に観るハコを指定して購入する方式である。
第一希望をチキンジョージ、第二希望をKINGS Xにしたら見事第一希望当選(しかも整理番号1桁)、蓋を開けてみれば「何故KINGS XかKINGS X BASEを第一希望にしなかった!」なタイムテーブルであった。
チキンジョージはキャパ大きいから当たりやすかったのか・・・?

撮ろうとしたら幟が反対側向くのは何故なんだい・・・
以下、だらだら書いていく。後からガンガン追記していくかも。

the band apart at チキンジョージ

折角だから一番前で観るぜ!
ギターのカッティングってこんなにかっこいいんだ!と初っ端から感動。
ドラムは思っていたよりシンプルな気がする。ハイハット2つある!
バンアパは明日もタイトラでライブとの事。飲み屋主催のイベントらしい。
原さん、ハルヒの聖地西宮は正確に言えば神戸ではなくその隣かそのまた隣らへん、三宮も・・・って三宮こそ神戸ですよ。

GRAND FAMILY ORCHESTRA at KINGS X BASE

入場規制だと!?
KINGS Xのベッド・インの方が入場規制なのかと思ったら。
サイトで入場規制の状況が確認出来るのだが、それが追いついてなかった。
外聴きする。これがまたかっこええねん。泣きたい。
folcaになったら入れるかな・・・しかしキャパ小さいらしい、大丈夫か。

folca at KINGS X BASE

機材の搬入・搬出も客の出入り口と同じなので暫く待つ。
此処で何とか入れた。ドラムはそのまま同じ方。
サウンドチェックして1曲モニター確認して、そのまま開演である。
爲川はほんっとにギター大好きなんだなぁ、腕大丈夫か。
世知辛い話題だらけの昨今、あれだけギター弾くの楽しい!バンドで弾くの幸せ!てな姿見るとうるっと来ますな。
今回はお二人のギターのどちらがどちらか、等を聴いたり。面白かった。
ベースとギターのソロ掛け合いとか。
今までギターすげー!という方に耳が行っていたので、改めてベースかっこええなぁ、とノリノリかつしみじみ聴く。
途中でヒデが外の様子を・・・ってステージ下りて観に行きはって、後10人くらいだから、という事で「前2列のお客さんステージ上がって」と。
そんなんびっくりするよなぁ。お客さんも元気だが奥ゆかしいので「ほな上がるわ」とはならない。
すると今度は「男性10人くらい上がって」と。ほんまに上げてはった。
言われてカウント出す方もあったり。
なるほど、上手いなぁ。
観たいのに入れない人を救済しつつ、みんなで盛り上がれる。ステージ上がったにーちゃん達は貴重な経験だったろうし。

GRAND FAMILY ORCHESTRA観られなかったんでCD買って帰ろうとして石井卓とジョン中村のCDを手に取って「すみません」と声を掛けてしまった。
両方買った。
楽しみである、しかし恥ずかしい。

ベッド・イン バブル講座 with 疋田武史 at クラブ月世界

わし、正式名称間違えてツイートしてた気がする。正しくはこれ↑だ。
ちゃんまい、ほんまにパイオツカイデー。写真で見るよりでかい。顔埋めてみたい・・・ってオイ。冗談です。
かおりがメイク、ちゃんまいがヘアセットを担当して疋田とカクテルのとこのお姉さんをメイクしていく。
疋田は玉置浩二とかそういう系、オールバックで前髪1本垂らすのは懐かしくさえある。
メイクはアイシャドウもうちょっとがっつり入れてもよかったんでは(何故か此処で坂本隆一の「左うでの夢」のジャケ写を思い出していた所為かも*1)。
おねーさんの方は喋りまでベッド・イン化してた。メイクすごーい!
ディオールのブルー系ピンクのリップだったのでは、と思ったがあれは90年代後半の丸の内OLか。
BGMにベッド・インのカバー集の曲が流れていて懐かしくなる、気のせいか歌ってはる人の声も。
今度はライブ観たい。

HERE at クラブ月世界

ドラムめっちゃ見える位置で観た。相変わらず「死ぬくらい大好き愛してるバカみたい」のドラムがよくわからない。
サウンドチェックの「はっきよい」から盛り上がる。モニターOKか?と訊いているが客席がOK!である。
衣装は「OH YEAH!」のやつ。疋田はシャツだけ着用。
昨日のMUSiCフェスはおNEWの衣装だった、エビ中だから最新のかっこいいとこ見せはったんかなー。
ていうかロックスターがバブルメイクして貰いはったらよかったんちゃうん。
(武田はニューロマ系似合いそう)
負けないよう・・・しかし競えない、という事で涙袋にパール足しはったそうだ。
因みにバブリーメイクは落ちてなかったが前髪はしっかり落ちてた。
デモCD時代から知ってる疋田リクエストのセトリとの事で半分以上知らん曲だったら・・・と思ったら知ってる曲多くて安心。
新曲「HELLO」は先日ライブ観て「いい曲なのでやりましょう!」と言ってくれたそうだ。ありがたい。
CDで聴くとポップなのかもしれないが、ライブだと「こういうHEREが聴きたかった!」てな感じである。
「さらばカマキリ夫人」は初めて聴いた、「アモーレアモーレ」ぽい感じなんだな。
「己STAND UP」の”三橋先生ギターソロ”はまさか!と思ったら脚掴んではったけど回せないので左右に振られていた。
書いている自分もよく解らないが、あれはぶん回されるよりしんどいんじゃないだろうか。大丈夫か。
(後でお姿見かけたが大丈夫そうだったので大丈夫なんだろう)
何はともあれ大変楽しかった、明日の筋肉痛が怖い。時間短かったから大丈夫か・・・人様の心配してる場合じゃない。

因みに散散言ってたライブCDは大阪”以外”を買えた。
再販ないですか?とお伺いしたところ8月に出るシングルに収録されるライブ音源で大阪のは聴けますよとの事、言われてみれば確かに。
今日買ったのは観られなかったライブなのでそれはそれで聴くの楽しみである。
つか今日何枚CD買ったんだろう。。。

AC 9mm at チキンジョージ

ギリ間に合った感じ。
なので何も見えていない。あの例のドラムじゃなくて普段のやつだったと言われても解らない。
ドラムソロで始まった・・・と思ったら唐突に「Answer And Answer」。始まり方かっこいいな。アコだけどエモい。
ギターの音がピアノっぽく聴こえるとこも。
「荒地」がちょっとメジャーコードになってたのは気のせいだろうか、何となく明るい「荒地」なような気がする。
「The Revolutionary」だっけか、最後のソロがエレっぽかったけど持ち替えだったのかそもそもエレアコだったのか。
「悪い夢が覚めた ネコフェスの次の日」と変えて歌っていたのを「太祐さんにツッコまれるね」、そこからアルカラの話だったんだが「一緒に来た、サポートギターを共有しながら」という話になったんでそこだけSSGH登場したか!?と思った程度には見えてない。
それでも聴きに行ってよかった。ちょっとだけの心算だったが、結局全部聴いた。
MCのフリーダムさが増してたのは気のせいか。
(気になる人はツイッターでも見たらいいんじゃないかしら。知らんけど。)
最初にチキンジョージの面子挙げながら「(このタイムテーブルの位置だと)息を止める感じになると思ったけど、息しててよかった」、確かによかった、AC 9mm観ながら死ぬ訳にはいかないもんな。
前日に下上からメールが来ていて「きっと出演者みんなにメンバーがメール送ってるんだよ、みんなにも来るといいね!」
噫、嬉しかったんだなぁ。ネコフェスのええとこや、きっと。
最後は「Black Market Blues」、ギターのリフ・ソロをみんなで合唱。口ギターたのしー

LAMP IN TERREN at クラブ月世界

ちょっとだけ。
案外ポップな感じがした。

ここらで疲れたので帰宅。
東門外の中のローソンがネコフェスコラボで屋台出してて、そこのタピオカミルクティー飲みつつ。
「ストローで吸いにくいので」とスプーンも渡された、確かに吸えなくて苦労した。
ローソンなのでミルクティーは美味しい。

アルカラ

という事でアルカラはおうちで中継観てる。観ながらこれを書いている。
「ネコフェス今年もありがとう!」って観てるこっちがありがとう!やわ。
MC聴こえづらいが、アルバムが出る、との事。トライアドから?(くだけねこごとトライアド?)

*1:でも今ジャケ写見たら目の下に色が入ってた

ろくなもんじゃにゃー

医者行ってシースー決めて、帰ったらアイロンがけをだな・・・と思いながら昼寝してた。
土ダメは中川家出る!と頑張って見たがあんまり覚えていない。
大丈夫か。色んな意味で。
バスの定期買えたからよしとしよう。でなきゃ碌な一日じゃねえ。

明日はネコフェス。
ネコフェス自体もだし、サーキットイベントというのも初めてである。
バンアパGRAND FAMILY ORCHESTRA→folca→ベッドインバブル講座 with 疋田武史→HEREの心算だがどうなるか。
そしてその後。
AC 9mm、CAT ATE HOTDOGS、LAMP IN TERREN、マスドレ、TAMIWどれを観るか。
AC 9mmとCAT~被ったやん!と思ったが正確には被ってない。
5分以内で移動出来れば問題ない。
入場制限はどうなんだろう。
AC 9mm途中から・・・は無理か。
テレンとマスドレは前から観てみたかった。
TAMIWはネコフェスプレス見て興味持った。

Spaced Out

仕事が混んでくると、只管手を動かす事になる、手が動くと脳が無駄に動く。
色々考える。

LUNKHEADの件

「みかん祭」の対バンで観た、正直、THE BACK HORNより売れると思ってた。
一連の小高のブログの内容は衝撃だった。
音楽と人」で見かけるし、DIY的に続けてはるんやと思っていたが、そこまで危機的だったのか。
「バンド活動続けられているだけで一勝してるじゃないか」と思わなくもないが、状況が厳しすぎて疲れてはるんやろか・・・。
他の活動しながら音楽、というのも厳しいのか。
今回だけじゃなく、次に続いていけたらいいのになぁ。
(とか言うならライブ行くなりCD買うなりせえや!かもしれないが悲しいかな、無い袖は振れない。二の腕の肉振袖しか振れない。)
それにしてもリキッドルームってバンドの分水嶺なんですかねぇ。
リキッドルームが埋められない、そんな状態で満足いくライブが出来ない」てな人らもあったような。

めしだの件

何はともあれ無事で何よりである。
バンドは歩み続けるが本人は一旦お休み、というのが一番良いような気がする。
長いバンド人生を考えると一瞬なのかもしれない。
す・またん」のシロタン*1の見解もあり得るが・・・無いと信じたい。
確かに失踪して戻ってきて、バンドで復帰できた人あんまりないような。。。

不穏な空気の件

めしだの件もそれ以外でも、何事かあると某インターネッツ掲示板のスレで不穏な空気流れるのは気のせいか。

サブスクの件

サブスク*2自体はいいけど、その議論の流れで「世界から取り残される」「ガラパゴス化」と言われる事にモヤる。
売上の為には全世界に市場が広がれば良い、しかし元々音楽にそんなに興味ない人がサブスク解禁されたからって、聴く?
ある国では大人気だが世界的には有名ではないアーティスト、どれだけ聴く?
あと実際にサブスク解禁して売上なり何なり、上がったんだろうか?どんなデータで「上がった」と判断するのか?
サブスクのお陰でアルゼンチンでよく聴かれてるのが分かったとか、そういう話を知りたい。
・・・とか考えていたら「月額料金払ってでも利用する人は音楽好きと言える、サブスク解禁してないアーティストの歌はそういう人に届かない」という話を見かけて成る程と思う。
一方でそのレベルでも音楽好きと定義されるなら世の中どんだけ聴かれてないんだろうとか、音源買うけどサブスクは使ってない自分は音楽好きとみなされないのかとかモヤモヤする。
昔の邦楽ロック・ポップスやギタマガのプレイリスト聴きたいからApple Music始めるか検討中だが、聴く月と聴かない月の落差が出来るかもなぁ、と躊躇う。
個人的にシングルは配信で良いのではと思っている。

案外CD生きてる件

時代は配信、サブスクの割にライブ現場だとCDが健在なのは何故だろう。
会場限定販売あるし、来場者にデモCDくれはるとこもあった。
わりかし若いバンドもデモCD販売してはるし。
(私信:ごめんなさい、まだCAT ATE HOTDOGS聴けてないです・・・でも試聴はした、絶賛迷い中)
グッズとして健在・・・なのかもしれないが、ライブ会場に直接足を運ぶ勢にはCDの親和性高いのかもしんない。
それとも配信リリースというのは素人が考えるより大変なんだろうか。
それはさておき、HEREの大阪ライブCDは再発しないのだろうか?
「今年ネコフェスに行くぞと決めた理由」の第3位くらいが「CD買いたい」だったのだが。

スッスッス

OP曲がすっごい好き。
ジャニーズの、アーティスト提供じゃなく作家さんの提供曲っぽい。(という表現は的確ではないのかもしれないが)
ジャニタレがプリズムジャンプ跳ぶ世界線はあるのか。
ほんで歌詞の深読みが出来るのかも?
自分はのんびりまったり「ストーリーはとっつき易いけどプリズムショーが全て染め上げていくよなぁ」と観ている。
が、思いっきり壮大な展開に驚いている。
どうりでプリズムエリートの皆さんが映画館に何度も足を運ぶ訳だ。

着物広告の件

炎上は「世の中のイライラのとばっちり」という意見を見て「品が無い」とズレた事を考えてしまった。
外国人男性の目を惹きますよ、という意図だとしても「ハーフの子を産みたい方に」って下品ですらない、品が無い。
着物のイメージ云々抜きで。
もっと他に言葉があったんじゃないか、と思う。
悪い意味で煽るキャッチコピー、疲れたよもう。
見て「上手い事言うやん」「おもろいやん」ってキャッチコピーが見たい。
そういう人少なくないんじゃないかな。世の中、モノも言葉も溢れ過ぎているし、余裕が無いんだから。

*1:芸能レポーター城下氏、バツ4なんだっけ

*2:音楽ストリーミングと言うべきか

暑いよう

サブスク解禁しないアーティストについて、ぐだぐだと海外進出がどうの取り残されるだの、鬱陶しい。
その人が海外進出したいと考えてるかどうかは解らんし、逆に望んでないかもしれない。
素でサブスク解禁して!大好きなアーティストの曲をみんなに聴いて欲しいの!と言えばいいのに。

・ギタマガコラム
滝ちゃんが好調そうで何よりである。
最後の段落にほっとする。
“小並感”“老害”より何よりKenさんが文章で草生やしてらっしゃるのがあまり気持ちの良いものではない。
なんだかなー、と思いながら読んでいる。
本編はそのうち。

そういやあアベンズ対バンの後の写真、滝ちゃん写ってなくない?
カズの隣。
前前から「心が著しく清い人だけにライブ後の楽屋の滝が見える」と考えているので、少し徳を積めているのかな、と思っている。

・Talking Rock!
サカナクションもういいわ、でも現状や新譜をどうお考えか話聞いてみたい、と思って読んでた。
ちょっと聴きたくなった。
黄猿さんの時も迷ってたけど即予約した。
吉川さんのインタビューすごい、不思議なパワーあるよな。
ダ・ヴィンチ
人間椅子目当てである。
ジーは解るような気がして成程納得、ノブさんが思った以上に凄まじい。だからこそ人間椅子のドラマーなのか。
お茶特集は「そんなん言うても」と思っていたが、いい特集だった。
それにしても江國香織の写真見てギョッとしてしまった。
単純に年取ったとか老けたとかそういうんじゃなく・・・一体何があったんだ、という。
上手く言えないのだが。