社会学的ラブソング・改

ロックと活字とごはんと溜息と。看板に偽りだらけ。あまりはてブされたくないのではてブボタンは設置していません。

うーん

録画してた「山田孝之の元気を送るテレビ」観てたら、しんどい位痛かった肩・首が全くしんどくなくなった。
観るの止めたら少しぶり返したが、一時期のしんどさは引いた。

さて。

アルカラの件。
インターネッツで「為川はアルカラのサポートもある」という話を見ていたが、まさかそういう事になっていたとは。
バンド・メンバー側からは一切”脱退”とは言ってないんだな。各種媒体・まとめが”事実上の脱退””謎脱退”とか書いてるだけで。
本人と話が出来ていないようなので、あくまでもどうするかは本人なり今後なりに委ねる、という事だろうか。
バンドは待ってるぞ、と。
でもプレッシャーにならないとも限らないから、そうは言わないよ。
自分にはそんな風に読めた、コメントが。
ロットンの人が意味深なツイートしてはったけど(現在は消されてるらしい)、言葉はさておき「連絡取ったってや」って事だったのかもなぁ。。。

時々連絡取れなくなるミュージシャンの話は、ネットの音楽ニュースで見る。
友人と「バンドって思った以上に”ブラック”なんだろうか・・・」という話をしてて思い出した。
こないだのROJで栄純がしてた話。
「イキルサイノウ」が出た後長いお休み貰って各メンバーが旅に出たりしてた時期の事。
当時栄純はメンタルがヤバかった。
その辺の話は知っていた。栄純はタイに、ご近所歩くみたいな軽装で行ったんだっけね。
そのタイ旅行中に「俺、携帯持って来てねえし、これ、連絡しなかったら帰んなくてもいいんじゃね?」って思ったそうである。
好きな子は居るし、「曲書かなきゃとか、締め切りとか、そういうのからも解放されて」いた。
よく帰って来てくださったものだと思う。
そこら辺の心境は栄純じゃないしプロのミュージシャンじゃないから想像するしか出来ない。
出来ないけど、もしかしたら連絡取れなくなっちゃうミュージシャンの中には、ある日ふと「帰んなくてもいいんじゃないか?」って思っちゃう方もあるのかもしれないなぁ、と。
それだけ精神的にいっぱいいっぱい、ぎりぎりの所で活動してはるという事だ。
ある程度自分達の活動を確立出来ている中堅さんであっても。

今回の件はメンバー・ファンだけじゃなく周りの方々や通りすがりみたいなゆるーく好きな人にもショックだった。
またいつか戻ってきて欲しいと思うし、そうじゃなくてもメンバーとは普通に話が出来ていて欲しいなぁ、と思った。

最近のラジオから

久しぶりにラジオの話。
地元FMは10月の改編でお昼の番組ががっつり変わった。
FM OH!*1みたいな感じ。
ツイッターでリクエスト出来るのいいな、DJさんによっては番組で拾わなくてもお返事くださったりする。お疲れ様やなぁ。

10月のヘビロテ的なやつはスカート。
90年代頭のスペシャで流れてそう、懐かしい。インフルエンザで寝込みながら観てた時代思い出す。

BENIのカバーは誰得なんだろう。
特に「シュガーソングとビターステップ」は曲の良いとこが無くなってるという意味で別物になってる、違う曲のカバーだと思って聴いてた。
あれ、田淵的にどうよ?
あと某女性シンガー、推し推しすぎて矢鱈聴かされてつらい。こんなに”合わない”人久々かも。
リリース直前直後は仕方ないとしても、めっちゃ前過ぎたり事在る毎に流したり・・・弱み握られてるん?ってレベルで。
(敢えて名前挙げないというか挙げたくないくらいうんざりしている)

その他相変わらずバクホンさん流れません。Webメッセージでもツイッターでもリクエストしてるのにな。
ブラフはちょこっと流れてた。いい歌。

他局、さわおさんの番組もウブラジも10月いっぱいで終了とのこと。
えらい急やん・・・中途半端な時期やん・・・悲しい。
(とは言いつつ、さわおさんの番組は殆ど聴けないまま終わってしまった)

*1:元・FM大阪

キツネツキ 1stデモCD

「どこ出身?」と聞かれたら市区町村名を答えるもんだと思っていた稲沢です。
都道府県を答えるもんなんですね。
横浜、神戸の人がやりがち・・・と聞いた事があるような、ないような。

キツネツキの1stデモCD聴いた。
1stって事は2ndデモもあるのか・・・!?
思ったよりミリミリしてた。まァ同じ人だもんな。
(ベースレス、ギターとドラムだけと言われたらあのバンド思い出しますわな・・・流石にあんなに凶悪ではないな)
すごい楽しそう。
音のせいか、“本職じゃない人のドラム”な感じだが、それがまた好い。ああでも滝ちゃんドラマーだったんだっけか。
ギターもドラムも歌も、演るの超楽しい!改めてそう思うんだ!って感じがする。
歌モノはメロディがキャッチーというか親しみやすい感じで、歌詞の意味分からんままちっちゃい子に歌わしたい。
サビのリズミカルな感じはちっちゃい子の心掴むんじゃないだろうか。
残念ながら周りにちっちゃい子が居なくて試せないが。
HEREとの対バンの映像をスペシャで観てから聴いたが、それともちょっと違う感じ。
キツネツキ、どんな風になってくんだろうね。
その時々で面白そうな事ガンガンやっていくのかな。楽しみ。

スペシャのライブ映像は「滝ちゃんがドラム叩いてる・・・ギター弾いてる・・・尊い・・・」と思ってしまった。
なんでやねん。

どうでもいい追記:
「ベースレス、ギター+ドラム」でコーパス思い出してたんだが、よく考えたら最初のテナーがそうだった

週報(10月第3週)

今週は(も?)短めに。

粉零しそうだが、ライブ前後に食べるのに良いかも。

こちらの方がチョコのつぶつぶが合ってる気がする。

スイーツに含めて良いかわからないが、美味しい。

セブンイレブンのスナック系大好きなんだよう。

はーパフェ系食べたい。

今月のギターマガジンがヤバい

※感じ方には個人差があります(2017/10/18追記)

以前こういう記事書いたら、結構長い期間このおばか日記の「注目記事」トップに挙がっていた。
sociologicls.hatenadiary.jp
未だにグーグル・ヤフーの検索でこの記事見はる人が結構あるらしい。
謎である。
鍵盤の人やねんで。

しかし。
今月号は凄い通り越してヤバい!
表紙からしてインパクトでかい。
Guitar magazine (ギター・マガジン) 2017年 11月号 (CD付) [雑誌]
※↑からポチっても自分には一銭の得にもならないので安心してポチって詳細ご確認くださいまし
出るの知ったのがピエール中野のツイートというところからしてヤバかった、雑誌で発売前からずーーーっと心待ちにするのも久しぶりでヤバかった。
実物はもっとヤバかった。
キタダさんが「名越マガジン」と仰るの分かる。

ビッグマフの歴史・・・当時の科学技術の平和的利用がビッグマフだったんだなぁ。
AKAIサンプラーにまで話が繋がるとは。
元々はサスティンを伸ばすものとして開発されていたそうだ。
あまりにも知らなさ過ぎた。
ざっくり「ガーンって爆音・轟音で鳴らしたい時のビッグマフ」という認識だった。
違うんだねぇ。
個体差がおおきいのがまた好きな人にはたまらんのだろうなぁ。いいなぁ。
白い四角いコンデンサ、「お豆腐みたい」って読んでたら「高野豆腐」って言われててわろた。
機材詳しくない人でも写真だけで楽しめる。

CD良いです。名越さん・小松さん・中尾さんの3ピースのだけでリリースされてもいいはず。雨に似合う。
やっぱり時期によって違うんだな、ある時点から音の丸さが全然違ってきてた。
8トラック目(オペアンプ回路のやつ)、11トラック目(レッドアーミー)、14トラック目(2017年)でおお!違う(気がする)!とど素人でも解った。
名越さんモディファイはいい感じにえげつない。それを受けたベースもかなり歪ませてあったような。。。
因みにワジー試奏はまたガラッと違う。同じフレーズで比較がしやすくなっていた。
26トラック目のが好き。

ビッグマフ愛好者として卓郎や百々さん等がコメントされてた。
良かった、卓郎ビッグマフ大好きだもんね。
複数の方が「kocorono」が挙げてはる。そりゃそうだわ。
「JACK NICOLSON」のスコアもあるよ!カポ買うとこから始めなきゃ(ってそこではない)。

あとプレゼントが名越さんのサイン入りビッグマフ。
恐れ多くて踏めない・・・が、それだけでええ音になってそう。

ビッグマフ踏んで似合う人間になりたい。
誰がどんなギターを弾いてもビッグマフの音になるそうだが、そうは言っても今の自分には贅沢すぎる。もうちょっとがっつり弾けるようになってからだよ、ねぇ・・・。
来来世くらいなら大丈夫か?

‪※2017/10/18追記
スゲーヤバイーと語彙力喪失していて、友康さんがアンプ試奏してはるのを見落としてました((((;゚Д゚)))))))‬

どうでもいいニュース:
表紙にもなってるあのデザイン、自分が生まれた年からなんだ!同い年!(というのもどうかしてる)