社会学的ラブソング・改

音楽と本とお茶と美味しいものと面白いもので出来ている。あんまりはてブされたくないので、はてブボタンは設置してません。

来年など今年の続きでしかない

割とガチで「ただぼんやり願うだけで夢が叶ってしまった」人はどうしたらよいのだろう。
「マツと動物園に行きたいブログ」改め「福島大逆襲の収録を横からそっと聞きたいブログ」、叶うまで願い続けますかね。

音楽と人
バイン田中の話の中に「音楽を聴くにしても小説を読むにしても、それを自分に引き寄せて、物語に感情移入できるスキルが必要」とあって、今の自分はこれが足りないからしんどいんだろうなー、と思った。
インタビュアーは“胃液”と表現してるけど、プラス“体力”が足りんのだよな。
渡辺さんのレビューのとこのコラムに「トラップで踊る人はノリ方がパンク/ハードコアのそれとに近い」という話が面白かった。
トラップとかあんまり解らないし興味はなかったけど、機会あったら聴いてみよう。ハイハットのリズムを感じるの、ね。
・skream!
「宇宙のへその緒」読んでてふと思ったが、マツからあんまり「キャプテン翼」の話出ないよなぁ。
滝ちゃんは元気そうなのでそれでよいのだ。
某ライブレポに「もはや、ロックフェスとは名ばかりなのか、その中身はアイドルから芸人からなんでもありで(略)」とあり、全くもって仰る通りだが、このご時世にそういう事言っちゃうの?
バンドの対バン相手がアイドルグループなのもあるあるな時代に?
バンドのファンがライブ行って「ファンサ貰った」云々言う時代に?
「楽器持たないバンド」てなグループ、あれもアイドルっちゃアイドルじゃないか?
だいたいこの文章が載ってる「skream!」がバンドにソロにアイドルとなんでもありじゃないか。。。
要は「他を下げて矛盾生まなくても如何によいライブイベントだったか伝わるやん」って話である。
・MUSICA
毎回モヤモヤしてストレス溜めるの分かっていながら買っちゃう。
「音楽をそのままの音楽として受け取れる人」、いるよ。いるけど発信しないから源ちゃんには見えないだけで。多分。
で。
抱え込める範囲でしか選択出来ないものなんだな、と。
ここの2018年ベストには「情景泥棒」も「FAB FIVE」も「OH YEAH」もない、あるわけない。
というか、今号の考察はアーティスト名含む”キーワード”ありきで成り立ってるようにも見える。
「こういう現象がありましたね、例えばこういう人達」じゃなくて「こういう人達の話題をしよう・・・そうだこういう現象があった」っていう。
「国家や社会としての日本の未来には例年にも増して絶望させられることが多い」って、あたしゃアンタが音楽・映画ジャーナリスト面出来てる事に絶望させられっぱなしだよッ!

「MUSICA」はまだこっち側に近いと思っていたけど、随分離れてしまったなぁ、と。自分がね。
各種媒体でこういう企画やったら、全然違うんだろうねぇ。
「2018年のベストアルバム」企画の集計結果は「MUSICA」に沿うような気がする。

2018年のベストアルバム

去年、一昨年と今年の10枚挙げる企画があって参加させて貰ってたんだけど、今年はあるんだろうか?
と思ってたら、ありました。
ongakudaisukiclub.hateblo.jp

2018年はこんなかんじ。

1.cinema staff×アルカラ「undivided E.P.」
2.#STDRUMS「FUSION PUNK MACHINE EP」
3.THE BACK HORN「情景泥棒」
4.菅原卓郎「今夜だけ俺を」
5.HERE「OH YEAH」
6.THE BACK HORN「ALL INDIES THE BACK HORN
7.キツネツキ「キツネノマド
8.フジファブリック「FAB FIVE」
9.folca「umber」
10.UNISON SQUARE GARDEN「MODE MOOD MODE」

詳細コメント
1.「undivided E.P.」→これだけ愛と本気に溢れたスプリット盤も無い。そういう思い入れ抜きにしても、5曲全てが素晴らしい。
2.「FUSION PUNK MACHINE EP」→EP自体面白かったが、これ聴くと他の音楽の聴き方も変わってくるのが不思議。
3.「情景泥棒」→ハイブリッドドラムetc.、20周年を迎えたTHE BACK HORNからこういうのが出てくるとは思わなかった。
4.「今夜だけ俺を」→メロディの殺傷力。一度脳内で回ると止まらない。カラオケで歌うとこれがまた楽しい。
5.「OH YEAH」→このギターだけで飯が食える!(食うなよ)という与太はさておき、楽しい事ばかりではないのだけれどそれでもヘッチャラ!って乗り越えていく強さ。
6.「ALL INDIES THE BACK HORN」→20年前から変わらないし、より強くしなやかになった・・・というのはインディーズ盤聴いてたからそう思うのかもしれない。インディーズ盤を聴いていなくても”新譜”として堪能出来るのではないだろうか。
7.「キツネノマド」→ドラムとギターでここまで楽しい事が出来るんだな、と。その自由さと曲・演奏の強さが両立してるのが凄い。
8.「FAB FIVE」→タイアップ先に沿いつつも、ここまでフジファブリックらしさ、最新のフジファブリックが楽しめるとは。
9.「UMBER」→兎に角folcaを挙げたかった。こういうバンドがまだまだいてるんだよねぇ。
10.「MODE MOOD MODE」→「Dr.Izzy」が良くて今後どうなっちゃうんだろう・・・と思ってたら遥かに上回った。アルバムも良いけどライブがほんっとに良かった。

くるり、ホルモン、星野源挙げたかったけど、まだ聴いてないんだよなぁ・・・。

以下が次点、だいたい順不同
・アルカラ「KAGEKI」
・folca「curtain call」「die is a cast」
・HERE「ハッスル」「死ぬくらい大好き愛してるバカみたい」「I WANNA EAT YOUR CHAOS」
インビシブルマンズデスベッド接触」「屈辱」
THE BACK HORN「ハナレバナレ」
9mm Parabellum Bullet「キャリーオン」、その他ライブ盤
syrup16g「darc」
怒髪天「夷曲一揆
私立恵比寿中学「穴空」
最初folcaは「die~」、HEREは「ハッスル」を挙げていたが、今年リリースではないので下げた。
もしかしたら今年は「ハッスル」を一番聴いていたかもしれない。それか「情景泥棒」「今夜だけ俺を」。
感想書きかけ作品については、どこかで一気にお焚き上げしようと考えている。

以降、今年聴いた/観た音楽の振り返りをつらつら書く。

今年は”9mmギターズ(サポート含む)全振り”みたいな年だった。
上半期には”9mmサポートギターズ推し”と思われたが、卓郎ソロとキツネツキがあったので。
HEREに転げ落ちたのは否定しないよ(白目)
THE BACK HORN20周年なのに!何故!どうして!
ていうかTHE BACK HORNとHEREのライブ被りまくってなかったか・・・大阪・・・仙台・・・大阪の選択は間違ってないけど悔しい。
THE BACK HORN選んでたら今頃どうなってたんだろう、って未だに思う。少なくともこんなに台風来なかったのでは(おい)
盛岡が下と上。
あと「何処へ行く」MV撮影とHEREフリーライブ。そりゃ台風の影響受けるわ。
それでも好きなバンド5つ上げたら真っ先に挙げるのがTHE BACK HORN、フジ、9mm、そしてHEREの前にCo/SS/gZ来るんだよなぁ。
コーパスはいつかライブ観る日が来ると信じて生きてる。
あと、まだまだ知らない、取り上げられてないだけで、いいバンドって沢山あるんだなぁ。
好きなバンドばかり増えていく・・・がデスりたくない。
今年後半からは、洋楽をぽつぽつと聴くようになった。
といっても昔のやつな、好きなアーティストがフェイバリットに挙げてるとか、お師匠さんとの話で出てくるとか。
ボヘミアン・ラプソディ」観たら、クイーンも聴きたくなった。

怒髪に関してはあんまり触れなくなりましたけども、実際そんなに聴けてはいない。
実は「ジャニオタの担降りブログかよッ!」なエントリを書きかけて下書き保存したままになっている。
今残ってるやつの日付は半年前だが、その前に何度か書いては消している。
アップする日が来なきゃいいけどな。。。
まだ怒髪セッションでギターデビューするのは諦めてないし、やっぱり弾けなーい!って鍵盤弾いてると思う。
ただここら辺に関しては、「あーなんか言うてるわ」程度でそっとしておいて欲しい。

犯罪小説集

9mmのサイトのカウントダウン自体は「わーい!たのしみ!」なんだが、2018年の残り日数と考えるとぞっとする・・・。

「犯罪小説集」(吉田修一/角川文庫)読んだ。
どの話を読んでも、犯罪者は弱っちくて抑えが効かなくて欲望に従ってしまうんだろうな・・・。
でも、「あーばかじゃね?」とは言えない。
誰しも紙一重なんかもしれない。
犯罪者にはならずに済んでも、誰かを犯罪者にしてしまうかもしれない。
万屋善次郎」の同じ集落の人達みたいに。
ええかっこしたり、体面気にしたりしないで、真っ当に生きるがよい・・・だけど難しいんだろうねぇ。

もっと色々あるんだと思ってたわ・・・どんでん返しとか更にその上の犯人とか。
あくまでも犯罪する人とその人にまつわる人達の心模様。

NOVA 2019年春号

友人からは文字通り空輸でメロンパンを頂いた。
自分がすっかりメロンパンの人みたいになってるけど、メロンパンはステージ下りたバンドマンですよ!
https://www.instagram.com/p/BraBV6-lTv1/
バンドマンはステージ下りたらメロンパンらしいけど、客はライブの帰り道にメロンパンになるんだよ ・・・って、ああッ(泣)も、モッシュ激しかったのかも
こんなポストするからか・・・

「NOVA 2019年春号」(大森望・編/河出書房文庫)読んだ。
新しいの、出た!
「2019年春号」というと季刊誌みたいだ。
面白かった作品。

自分も”順番順番いっこっつ”の神様信奉する。
もしかしたらメイさんも神様なのかもなぁ。
神様のたまごで、「上から見てて、ひとが死ぬのは嫌だなぁ」って少しずつ助けてやろう、って神様斡旋してるのかも。

  • ジェリーウォーカー/佐藤究

映画みたいだ。
スタニックは実際にクリーチャー作っちゃっててそれでとんでもない事になるんだろうなぁとは思っていたが、なかなか切ない。

面白かった、というのとは正直違うのだけど。
何が幸せなんだろうなぁ。
子供産んだから母親になれるかというとそうじゃない人もいるし、子供が「幸せだ」と思ってても実際そうじゃないかもしれない。
そこんとこは子供の意思が優先されればよいが、介入せざるを得なかったんだろうな、この世界。

”流下”とは何が?と思った。なるほど。
総理大臣がこうなった経緯も気になる。

神戸すたすた観光

岩手の友人がTHE BACK HORNを観に来るとの事、「もしかしてルミナリエ観られる?」と聞かれた。
残念ながらライブ後に猛ダッシュかましてどうなるか?・・・という事で代わりに神戸を案内という名の嫌がらせをしてきた。

キューちゃんもいっしょ。つか飲みかけの写真撮るなよ

着いたのがお昼なので、OUMA KITCHENでランチ。
イタリアンバルになっとる。ぼっかけ定食おすすめしようと思ってたんだが・・・あれ2年くらい前だもんなー。
写真は撮るの忘れたが、かにクリームパスタが見た目以上にかにだった。美味しかった。

ご飯食べて、まず太陽と虎へ。写真無し。
今日ハイスタ来るんだ・・・ええのう。
既に付近に人が沢山いる。チケット譲ってくださいの人、無事観られてたらよいな。

そこから東遊園地へ。
実は自分も初めて「希望の灯」のあるとこへ行った。
式典*1が始まっていた時だったので、そっと手を合わせて去った。
そのまま東遊園地→旧居留地へと昼のルミナリエを御覧いただく。



そのまま南京町のランタンも昼のやつを。



※写真は今日ではなく2週間前にたまたま撮ってたやつである
折角なので陸羽茶藝館の珍珠奶茶(タピオカミルクティー)で一服。

玉(翡翠)は縁起物なんだっけね。

相変わらずすっごい人なので広場には近寄れず。

更に歩いてメリケンパークへ。
行きたい所に「メモリアルパーク」を挙げて貰っていたのだ。
ここら辺で「くそほど喋りを聞かせる」「『あれがバの字を流してくれないのに[自主規制]はくそほど流すFM局』みたいな雑な説明をされる」「うっかり遠回りで余分に歩かされる」etc.という嫌がらせをする。ごめんね。
ポートタワーとか写真撮るのによかろう、と思っていたが、海洋博物館に感心される。なるほど。

普段気づかない良さを教えてもらった!
相変わらずメリケンパークのスタバはすっげー人である。
最初はガーッと歩いてスタバでテイクアウトしてゆるゆるダベるかね、と考えていたのだが、南京町で一息、にしてよかった。
メモリアルパークも沢山人がいらっしゃる。
友人もだけど、こうやって震災の事を知ろうとしてくださる方がいらっしゃるのは有難い事だ。
(希望の灯に行ったのも、そういう希望があったからである)
市役所脇通ってきたので、市役所や病院の建物の中間階が被災した話をしたら、驚かれた。

それにしてもいっぱい歩いた。
ポケGO立ち上げといたらよかったな。たまご返せた。
(で、帰宅して慌てて「いつでも冒険モード」について確認するという・・・)

今度は通天閣行こうぜ!
あと岩手行く時は色々教えてね。
(行くとしたらライブ観に行く時なんだろうけど、大船渡や陸前高田に寄れたら・・・)

*1:恐らく「慰霊と復興のモニュメント」へのお名前追加だったと思われる