社会学的ラブソング・改

音楽と本とお茶と美味しいものと面白いもので出来ている。あんまりはてブされたくないです・・・。

遠野怪談

籠さんが「東京でもオーロラが見えるかも」とご家族の方に話されたというツイートをされていて
スマホから覗いたら見えるかも知れませんね!」等と話し掛けてしまった。
もしかしたら籠さんならオーロラと戯れる龍神様の写真をお撮りになったかも知れない。

「遠野怪談」(小田切大輝/竹書房怪談文庫)読んだ。

岩手・遠野に暮らす方方から集められた怪談。
挨拶に来たり呼びに来られたりするのが特別ではない地、「遠野物語」の遠野だもんなー、と思って読むからか、他の御当地怪談とは違う空気がある。
静静、ほんのりとした空気が良い。

其の他気になった話等。
・足音
一命を取り留めて助かりはって良かったなぁ。
情報錯綜してはったんかな。
全然関係ないが、祖父のお通夜の夜に母と祖父んちで留守番した時、廊下を早足で歩きはる音が聞こえたのを思い出した。
・伝承園
はむかっぱに釣られて行ってみたいと思っていたが、ちょっと怖くなった。
本来の風習とは少し違う事をされているように見えるが、そうするとまた違う力をお持ちになるのだろうか。
オシラサマといえば、第八章の冒頭で紹介されている話が凄いな。
神様を戒めるお祖父さんの話だけど、其れだけ孫の事を思っている、其の気持ちが通じたんだろうか。
狐憑きになったら
「学年に一人くらいは狐憑きになる子がいるじゃないですか」ってびつくりである。

岩手にはいつか行かねばと考えている。
友人が居るので遊びに行きたい、というのもあるけど遠野も行ってみたいし(行くとは限らないので色々書いたり言ったりしないで下さい)、大船渡や陸前高田をしっかり此の目で見ておきたい。
物見遊山的には行くべきではないのだとは承知している。