社会学的ラブソング・改

音楽と本とお茶と美味しいものと面白いもので出来ている。あんまりはてブされたくないので、はてブボタンは設置してません。

ネメシスⅠ

オニィの「楽器の達人」のちーちゃん回観るぜ!
・・・で18時スタートなのうっかりしたりおさんどんしたりで半分くらい見逃す。
チクショー!

「ネメシスⅠ」(今村昌弘/講談社タイガ)読んだ。

ドラマのやつ。
脚本・トリックで関わった方が書いておられるのだろうか。
ドラマの方は何回かチラ見したような。
此処に収録されてる第1話が面白い。
ドラマも此のダイイングメッセージやったんかな。
なんかやけくそな感じもあって好きだ。
「そんだけ書いてるうちに血ィ乾いてまうんちゃうんか!」というツッコミ入れるとこまでミステリーだと思う。
割とゆるゆる読める。たのしー

「ネメシス」小説版はⅡ以降も其其違う作家で書かれている。
何方も「機会があれば読んでみよう」と思ってた人(青崎さんは読んでた)なので追追読んでいけたら。

どうでもいいニュース:
そういえば「魔眼の匣の殺人」の文庫版、そろそろだと思ってるんですが、どうなんでしょう。
「屍人荘の殺人」文庫版のチラシにあった「だから殺せなかった」も。こちらドラマ化するんでしょ?