社会学的ラブソング・改

音楽と本とお茶と美味しいものと面白いもので出来ている。あんまりはてブされたくないので、はてブボタンは設置してません。

准教授・高槻彰良の推察EX

先週ずっと座っててお尻痛かったんだが、今其れが腰にキてるらしくて人生で一番腰が痛い。。。

「准教授・高槻彰良の推察EX」(澤村御影/角川文庫)読んだ。

アキラ先生&尚哉と周辺の人達の物語。
綺麗に次へと繋ぐ番外編である。
ロッカーの怪談のその後に少し触れられるが、「怪談を広めるのは、常に当事者以外の者達」という事でどんな風に生まれ変わっていくのか?という展開になっているのが面白い。
どっかで読めたらいいなぁ。
まぁちゃん人形といい、怪異に出会うの楽しみにしてらっしゃる割に鈍い、特定の方向に感度鋭くなってるから普段は見逃しがちなのだろうか。
あと尚哉意外とモテてんじゃーん

ところでアキラ先生の本棚、IKEAで大丈夫なのかね・・・?

で。
高槻彰良シリーズのグッズとして万年筆とブックカバーが出るそうだ。
万年筆は表紙イラストでアキラ先生が実際にポケットに差してるやつを再現したもの。
それな。
推しキャラの持ってる/使ってるグッズが欲しいんだよ、イメージカラーもいいけど。
ブックカバーは瞳の色のイメージカラーなんだっけか。
とはいえ”いいお値段”なので手は出しかねる。
万年筆欲しいんだけどなー、2、3本程放置して使えなくしてしまった。。。
小冊子のショートショートも気になる。