社会学的ラブソング・改

音楽と本とお茶と美味しいものと面白いもので出来ている。あんまりはてブされたくないので、はてブボタンは設置してません。

ハイテンションフェス2021

なんだかんだで結局観るんじゃないかアーカイブ
観られる範囲でランダムに観る。
もし自分がギターばりばり弾けたらギター片手に観られたりするんかねぇ、セッションしたりして。

folca

「己 STAND UP」始まり。
初っ端にカバーとな!ハイテンションだもの!
ミリキューカバーの時も思ったが要所要所のツボ押さえてるとこが素晴らしい。
だいぶfolca色つよつよだけどギターソロでミッツ側はヒデはばりばり弾いて武田側は爲川がギター持ち上げるとことか。
「アイツが軽々しく放ったセリフが気に食わない」の裏のギターとかギターソロ後で一旦テンポ落とすとことか。
テンポ落とすのは「ライブで観た観た!」ってアガるな。
武田のテンションの置き所についていじられる。
ピクミンめっちゃ笑顔で和む。
folca、ライブハウスでのライブは今年初なんやな、ちょっとびつくりである。
元気いっぱいで何より。

ベッド・イン

レルレ氏のハードスパンキング観たさに。
もし現地で観てたならキーボードとドラムばっか観てる筈である。
SE的な音は一部同期だろうか。いや、レルレ氏は見えてる以上に叩いてはるからわからんよ・・・?
ベッド・インの何が好きかって今迄500回位言ってきたし今後も10000回以上言う所存だけど、あんなにバブルリスペクトなのにちゃんまいがSGなとこな。
極限までストラトチャカチャカじゃないとこな。
実際ライブ観て解った、あれパンクなんだわ。
バブルの皮被ったパンク。
それはさておきMCの合間のレルレ氏の何とも言えない表情、生着替えで紅白幕持って出てくる時にHEREの出番かよ!なハイテンションで出てくるミッツと何とも言い様のない顔した武田が面白かった。
立ち位置がHEREの時の上下と同じなのが流石である。
は〜しば漬け食べたい
どうでもいいが阿部真央の「ロマンスの神様」に足りないのはこーゆーバブリーなガツガツさだ。イイ男ォォォォォ!逃さないわよォォォォォ!な。

キツネツキ

最初から取り憑かれメンバーの下上、爲川が居るスタイル。爲川ストラトだ。
滝ちゃん全曲でドラムである。
卓郎ハイテンションだ、ロックスターの物真似してるがなんか独特である。
卓郎は赤いシャツだが滝はこちら*1でも黒らしい。
ライブってドキドキするね・・・という言葉にドラムで相槌入れる滝。
ロックスター取り憑かれて登場して、そのイントロは「死ぬくらい大好き愛してるバカみたい」!
・・・と思ったらドッキリだった。
スターと稲ピーはドッキリ苦手らしい。
其のままやっちゃえば良かったのに☆〜(ゝ。∂)
此処から童謡シリーズ。滝ちゃん楽しそうでよいな。
インストはイヤンな位がっつり歪んでて「あーやっぱアーカイブ観てよかったー」ってなった。←そこ?
最後はHEREのギター2人登場。卓郎側が武田、爲川側がミッツ。
エモくていいですね。
武田取り憑かれてまえや、とか考えていたのでよかったなぁとおもいました。
爲川レスポール持ってる・・・と思ったら卓郎がギタースタンド立て始めた。
インビシの脚立?
でも組めないらしくて転がしの上にのっけてた。

ukka

ちょっとだけ観た。此れから咲いていくんだなーって感じのパフォーマンス。
Tシャツスカートにインなのがなんかかわいらしい。
ここだけちょっと雰囲気違うな。ほんわかしてる。

アルカラ

9mmじゃない方のSSGH。トリプルヘッダーとはならんか流石に。
声は出さないけど合唱
兎に角ハイテンション。曲もハイテンションなら演奏もハイテンションだしMCもハイテンション。
巻いて欲しいのとたっぷりやって欲しいのとで情報錯綜しているらしい。
そういう時も上手く盛り上げつつ何とでも出来るから、アルカラがO-Crestのトリなんかな。
希望の曲、武田に「どうなってるんですか?」と聞かれたのでこうだったと伝えて欲しい、との事。
13拍子と11拍子みたいなん分けて作ってるらしい。稲ピーの合図あっても難しそう。
この曲めっちゃ良いよな。
ところでこのフェス、武田めっちゃいじられてないか。愛されてるなァ。
稲ピーもロックスターの物真似してはる。
卓郎もだが正直そんなに似てないのに誰の真似なのかが伝わるのは何故だろう。
ボーイスカウトの掟の歌、こういう歌詞だったんだ・・・と改めて思った。
余談だが苦楽園は西宮である。神戸ではない。

HERE

新譜の曲とライブ定番曲。良い意味でいつも通り。
「ギラギラBODY & SOUL」前のリズムだけで自主的にBODY & SOUL体操始めるお客さん好きやわ。
ベッド・インのお二人も登場で華やかである。ちゅうえいも登場。
「己 STAND UP」でYEAH!とWow!のプロとしてヒデとはるきち登場。華やかでいいな・・・ん?
稲ピーも舞台袖で観てたらしく呼ばれたが、登場せず。
収支の話しはるんが”らしい”気もする。紅だったのか・・・。
とはいえ無事開催出来て良かったと思う。セクマシ来られへんかったけど、リモートで参加しはったし。
無い袖ばかりで振れなくて申し訳ない気持ちである。

他のバンドも観たい、観られたら追記していくかも。
ただハイテンションRADIO買ったのに聴いてない回もあるんよな・・・どうしよ。

*1:「鰰の叫ぶ声」の時に黒着てる話があった