社会学的ラブソング・改

音楽と本とお茶と美味しいものと面白いもので出来ている。あんまりはてブされたくないので、はてブボタンは設置してません。

〜おんりゆ〜の話

観たいネット配信ライブアーカイブに聴きたいラジオ(タイムフリー&ネットラジオ)、書こうとしてるエントリで稲沢大渋滞!なのですが。
(なので暫くはエントリの日付がてんでばらばらで更新する)
今、感情が一層大渋滞起こしている。

この続きである。
sociologicls.hatenadiary.jp
「さてどうしましょうね。」と書いたが、エントリ上げた時点で既に申し込んでいたという。
それが届いたので、動作確認兼ねて観た。

folcaすごない?(すごくないわけがない)

今放心状態。
何処まで書いていいんだろうか。
好きなバンドが、好きな曲を3曲、目の前で演ってくれはるんですよ。
目の前。
よく配信ライブのチケット取って「最前列!」とか言うけど、その状態。どセン。
ライブの時バーン!と前に飛び出してきはるとこ、自分とこ飛び出してきはるん。
客はわたしだけだから。
でも生ではないのでメンバーの前でバカ面晒さなくて済む!はずかしくない!
それ以外は普通にライブである。
自分が「この3曲お願いします」て送ってるからセトリ解ってる癖に「え、嘘まじで!?きゃあああああ」ってなった。
これわたし独り占めしていいんですか。わたしだけのライブ。どうだ良いだろう。
名前呼ばれるし。ネタに走って”おけけパワー中島”的な名前にしなくてよかった。
それはさておき。
自分がもっとギター弾ける人だったら、「アゲハ」のギターソロで確実に目コピ出来る。
「シリアスミステリアス」の気になってたとこ、解った。解っても「えっ」てなってる。
あとこの曲に関してはイヤホンで聴いてると「え、ライブなのに耳元で///」ってなる。
或る女」のドラムはそうなってたのか。新たな発見もある。
何せめっっっちゃ”観られる”じゃないですか。どセンだから其其の音がきっちりしっかり聴けるじゃないですか。
生でライブ観る位テンションは上がる、でも生ではないので冷静に観られるとこもある。
それは配信ライブもそうだろう。
でもこれ”わたしだけのライブ”なのだ。わたしが観たい曲3曲のライブなのだ。
やっぱりそこは特別なライブである。

・・・と観てから1時間経ってるから書けた。
もう1回観るかね、と思ったがまだ感情が大渋滞起こしたままである。
お腹痛い(何でだよ)。

冷静に考えると、お客さんが選んだ3曲(しかも指定された順だろう)でライブが1本完結する、ってすごくないか。
対バンでも5、6曲で1本のライブ、1つの世界である。
それより少ない曲できっちりドラマ作り上げてるんだよなぁ。。。
誰かの「シリアスミステリアス」と、この「シリアスミステリアス」とは全然違うだろう。
そしてお互いハッピーだ。
がっつりライブが出来ない中で、バンドはお客さんの為に演奏出来る、お客さんは聴きたい曲を演って貰える。
バンドは大変だけど・・・。
noteによれば200曲以上演らはったそうである。頭が下がる思いである。
ありがとうございます。

ところで、どの曲が多かったんだろうなぁ。「或る女」は何回演りはったんだろうか。

どうでもいいニュース:
メインストリームで「きゃあああああまじでェェェ!」って手ぬぐい握りしめて観てる一方、サブストリームは「『或る女』お稽古でやりたいな、出来るかな」と思う辺りあほである。何でなん。