社会学的ラブソング・改

音楽と本とお茶と美味しいものと面白いもので出来ている。あんまりはてブされたくないので、はてブボタンは設置してません。

ライブハウス ジャッジメント in KOBE

ほんとは4月に「ライブハウスや良いとこ?悪いとこ?」と開催される筈だったライブハウスジャッジメント
sociologicls.hatenadiary.jp
6月、ほんとはネコフェスが開催される筈だった日に開催される事になった。
なので”幻のネコフェス2020”Tシャツを着て一日過ごし、ライブハウスジャッジメントの中継を観ていた。
行き慣れたライブハウスなのに道に迷うあほの子である。。。見方が分からんかったん。

ワタナベフラワー

軽音同期の結婚披露宴以来のワタナベフラワーである。
(因みに隣のテーブルに居てはった)
配信を逆手に取ったネタ。
固まったりして。
タイトラなんでペンギン・アヒルもいる。
バーニングソングでは燃える(炎が表示される)。
トリだと思ってはったそうだが、トップバッターで燃やしてくれはって良かった。
お茶の間の愉快なお兄さん、なだけではなく少し毒吐くバンドやってんね。

KOBerrieS♪

折角やもんな、とVARIT.に走る。
こういう機会ではないと観ないと思う。
クラスの派手じゃない可愛い女子達って感じの4人である。
誰が楽曲担当してはるかわからへんけど、神戸ゆかり、神戸在住アーティストの曲歌うんやったらええなぁ、と思った。
稲村とかセクマシ森田とか平松愛理とか。

Slimcat

かっこええ。ええぞ。
ゴリッゴリのロックンロール。
こういうバンドが現在進行形で居てるの、ええぞ。
いや、居てるけど分かりやすくメディアには出て来えへんやん?
めっちゃ生で観たーい!絶対楽しい筈!
それもあんまり大きくないとこで。今となっては厳しそうだが・・・。
MC無しで30分突っ切るかと思っていたが、人の好さ全開である。
レフティレスポール、初めて観たかも。

ここいらでフラカンブレンドとキャラメルポタージュ味のポップコーン用意して待機。
f:id:sociologicls:20200621203056j:plain

HERE

こないだの配信ライブとどちらが先の収録だったんだろう。
初っ端から「死ぬくらい大好き愛してるバカみたい」、「はっきよい」。
よい。
「いらっしゃい」の2番のギター好きだわ。ハイテンションだけどハイテンションだけじゃないぞ!なクールなギター。
「ハイテンションなコミュニケーション」は2人それぞれの魅せ場があってよい。
「ギラギラBODY & SOUL」はヒット曲なのか。ライブ鉄板ではある。
BODY & SOUL体操するし。
黙々とライブ楽しみながら体操する。
ここで武田ストラトの弦が切れる。。。
ストラトにも色々あるけど、弦切れたら単に弦の本数が減るだけじゃなくチューニング狂うから大変だと聞いたぞ。
弾き切って最後「己STAND UP」前に応急処置(?)、暫くMCで繋ぐ。
敢えて録り直さないのがロックだ。
張り出しは客席まで。
ライブの圧は客席もレンズも通り越してiPadの画面からはみ出して伝わってきたぞ。
AIがもりもりGIF上げてるん面白い。

ライブ中に弦交換してはったんやろか。
モーサムのライブで藤田さんがライブ中に弦交換してはったけど、結構時間掛かってたよなぁ、と思い出した。
山内も切ってはったけど、流石に切れた弦外してチューニング直すとこまでだったような・・・こちらは実際観てなくて聞いた話だけなんで知らんけど。
何にせよ凄い。大変だな。

the cibo

4月はiPhoneのちっちゃい画面だったが、今度はiPadで画面でっかくして観られたよ!
繊細さと大胆さが両立している。
こういうロックのかっこよさがもっと世間に知られていけばよいのに。
次は生で観たい。

HEREもthe ciboも30分では足りないなぁ。。。

オテモトチョップスティックス

ちょっとだけ通りすがりに。
テクノなのね。
左手上げ下げする歌観たけど、クラフトワークの「電卓」を思い出した。ちょっとだけよ☆〜(ゝ。∂)

folca

今年めっちゃfolca観てる気がする。てか最後に生で観たライブがfolcaワンマン、その前もfolca主催ライブ。
しかし何回観ても新鮮である。
思えば今迄こんなにベースまじまじと観てないだろ。多分。
「ライブハウスが良い所か悪い所か」、答えは決まってるぞー!\(^o^)/
しかしギターソロはギタリスト映して欲しい。。。
「シリアスミステリアス」でどうやってるのか気になってたとこちょっと観られた、で「えっ」てなってる。

余裕かましてたら鶏肉の仕込みの時間が足りず、folca聴きながら(観ながら)肉焼いてた。
f:id:sociologicls:20200621203126j:plain
ええロック聴かせてるから美味しかった、しかししっかり焼いてあるのに活きが良くてフライパンから飛び出して転がって大変だった(おい)。
無観客ライブ配信サーキットだと素早く移動出来るし入場規制も掛からない、途中で休憩出来るし飲食も自由、何なら合間に「That's オール漫才」「笑点」観る事も出来る。
しかしおさんどんしながらは難しい・・・こないだ無印で買ったカレーでよかったんや!

セックスマシーン!!

先駆けてめっちゃおもろい”新しい様式”でのライブかっ飛ばしてくれたセクマシ!!。
無観客でも楽しい事に変わりはない。
そういえばキーボード弾いてはった。チープさのある軽めのオルガンがかっこいい。
とか書きながら観てたら、外出てきはったで。
知ってたけど。やっぱり出るのか。
何処まで行かはるのか。生田神社まで行ってきはったんかな。
サルでもわかる~」から「頭のよくなる~」って面白い。

アルカラ

ソリッドな方のSSGH。
MC無しでシリアスに畳みかける感じである。
ああそうか、これは普通のライブではないのだ。
己の生活を取り戻す闘いなのか、と。
「未知数2」は新コロとは関係ない筈だ、でも今聴いて、歌詞を読むと今のこの事態を歌ったかのようでもある。
そんな筈ないのに。
次にライブを観る時は叶うならライブハウスで、仕切り直した「NEW NEW NEW」のツアーで、笑顔でほんまおもろいわぁ、楽しいわぁ、って観たい。
(配信でもええかもしれんけど)

このイベント、継続開催されるっぽい?こちら↓では7月以降についてもちらっと書かれている。
www.city.kobe.lg.jp
後後「第1回は大変でさぁ、無観客でやってたんだよね」って言えたらいいな。

ライブハウスジャッジメント、ご馳走様でした!
(って、各アーティスト冒頭の映像の、あれ誰?)

最後になりましたが、the ciboのミブさん、Slimcatさん、くそツイートにイイネありがとうございます。くそい感想でごめんなさい。
f:id:sociologicls:20200621201609j:plain
むっちゃかっこよかってんで!