社会学的ラブソング・改

音楽と本とお茶と美味しいものと面白いもので出来ている。あんまりはてブされたくないので、はてブボタンは設置してません。

folca NEW EP『Urban Days』RELEASE ”ハンバーガー・デイズ TOUR” folca presents. ”Owl Night Club” at 心斎橋LIVE HOUSE Pangea

2020年ライブ初めである。
思えば心斎橋は2018年のフジプレミアムライブ以来では。
https://www.instagram.com/p/B7ySM67pHNl/
BIGCATで春節のイベントやってるとは思わなかった
早めに行って春節イベント観たりLERNIのHPにマツ使用とあるスティック買いに行ったりすりゃ良かったが、実際のところOPA地下フードコートで腕じんじんしびしびに堪えながらカモミールティー飲んでた。
まだ喉腫れ気味でしんどいが、流石に今日ライブ初めしないとこのまま何だかんだで行けなくなりそう・・・と頑張った。

喋ったら死ぬので後ろで大人しく観る。
そういやあバンドのギターさんが「俺は右手観る」って言うてはったなー、と右手観てみる事にする。

LONE

かっこええな。正しくギターロックだが、ちょっとメロディがV系ぽくもあり、音も不思議な感じがする。
ギター何だろう、ヘッドがデューゼンバーグぽく見えたが多分全然違う。色々付いてて割とコアなやつかギターシンセかな?と思ったがどうなんだろう。
“不思議な感じ”出してるのがあのギターなんかな、と。
ソロこっち向いて弾いて欲しかった。手元観たかった・・・後ろだと全然見えへんけど。
ものっそギターソロかっこよくてなぁ。
ベースのセイジ兄やんとマツと卓郎を足して3で割ったようなMCである。解る人には解るが、そういうMCだ。
ハンバーガー・デイズ”というツアータイトルに掛けてバーガーキングネタだったが、彼のMCでバーガーキング無くなったん知りました。ちょっと悲しい。
「マルマルモリモリ!」って声援飛んでるで、と振り返ればヒデ。

HERE

己 STAND UP
この世界よりこんにちは
絡みつくような愛をくれてやる
CHAOTIC SYMPATHY
土壇場READY GO
映像(folca「vision」カバー)
HELLO
LET'S GO CRAZY
はっきよい

「己STAND UP」最後音が出ない?と思ったら、まさかのストラトがトラブっていた模様。
何その「土壇場READY GO」・・・すまん、土壇場って言いたかっただけである。後で演っててびつくり。
最初はアンプが飛んだと思われていて「アコースティックライブに変更しよう」「楽器屋あるからアコギ買ってこよう」「いやアンプ買う方が(早い)」とMCが入る。
「(ストラト)売ってこよう」みたいなヤジ(byヒデ)も。売るんかーい!まだ支払い中らしいぞ。
爲川も手伝っていたが復活せず、そのままSGに持ち替え。
ギターが変わると音が変わるという話、しかしSGでストラトの音出す人*1もいるのでギターの世界は奥が深い。
武田SGは音が重たくていいな。
顔合わせの時にヒデから「パテと肉とパテ~」と話があったが、それはパテではなくバンズではないのかと愛のあるツッコミ。
肉で肉を挟むくらいボリューム満点、って事なんかなと思って聞いてた。
途中「ハン」「「バー」」\(ガー)/のコール練習も。スター、メンバー、客の順。BODY & SOUL体操の要領で良かったのでは。
新曲みたいな?曲がある、ロックの神様が曲を降らせてきてくれた。
で、「映像」・・・もといfolca「vision」カバー。
素で新曲やと思ってしまった。ロックスターが歌うとHEREの歌になるんやなぁ。
三橋バイパー*2持ち替えでSGとバイパー並ぶの地味に面白い。後ろで全景観ててよかった。
ヒデと爲川登場。結構歌ってはる。
爲川、武田ストラト持って弾いてた。動きがシンクロしてる。流石9mmサポートギターズ。
此処でストラト出てきたから復活するかな?と思ったがそのままSGである。今の衣装、SG似合うなぁ。
「はっきよい」のギターソロ前の「この俺がー!」が無かったのは気のせいだろうか。今場所横綱不在だったから?(ちがう?)
で、武田の手元観てたら、どんだけ激しくとも右手の動きはクールだな、と。
ご本人悔しかっただろう、だが凄味があった。かっこよかった。あれがロックなんすよ。すげえロックだよ!
三橋側はあんまり手元が見えず。
笑顔でのびのび弾いてらんの和む。
つらつらトラぶった話書いてしまったが、いい意味で気にならない。楽しかった!
あんまり首振れないの辛かった。。。

folca

だいぶ曲が分かるようになってきた・・・気がする。
「バンドというパテ、ライブハウスというパテ、お客さんというハンバーグでジューシーに行きましょう!」
そしてまさかのBODY & SOUL体操。確か「シリアスミステリアス」だった。
あのクールな曲でBODY & SOUL体操踊ると思っていただろうか(いやそんな事思ってない)。
シューッとした感じで歌ってはるやん、その横で”THE ベース職人(しかし走り回る)”なベースと”おうちで大切に可愛がられているわんこのようにフリーダム”なギターが真顔でBODY & SOUL体操やってんねん。あゝ恐ろしい。
folcaは音として好きだなぁ・・・と首振れないの捨て置いてノリノリで観てしまった。明日が怖い。
あんまり手元観てるどころじゃなかった。多彩だなぁ。何でもアリだ。
folca主催のレコ発とはいえ、こんなにホーム感ばりばりなライブもなかなかないと思う。
お客さんの雰囲気が、というよりそもそも会場のノリが家にお邪魔して「そこのM-1のDVD観ててええで、あ、奥は開けんといてな」位のホーム感。何が言いたいのか解らなくなってきた。
「美味い酒飲みたいんやー!」って叫んではったけど、さぞかしうんまい酒飲みはったんやろなと思う。

アンコールはボーカリスト勢揃い。
LONEのモーリーとは仲良しらしく、前の日も1時間くらいLINEで喋ってたそーだ。
vision」に関しては内緒なので*3武田セットリストにはテープ貼って隠してあった、「可愛い」・・・MCもフリーダムやな。スピーカー裏かどっかに貼ってあったの引っぺがして見せてくださる。
(セットリスト上「新曲タイトル未定」じゃ色々と分かりづらいのだろうか。。。)
スターがずっと歌ってるので途中ヒデに振るも、かえって歌いづらかったそうである。
ほんま仲良しよなぁ。ええなぁ。
色々あるんやろうけど、大変やろうけど、それでも続いていくバンドって、ええなぁ。
楽しかった。明日の事は知らない。

終演後物販で壱さんみかん完売。folca前にお隣の方が「何だろう?」と気にしてはったんでお勧めしておいた甲斐があった。
HEREのパスステッカーは物販にいらしたスター・武田のを1枚ずつ買う。
1枚に2人分サイン貰えたかもだが2枚売れた方が良かろうなのだ、しかし目の前で日付・ハコ・ライブ名・サイン書いて頂いたのでお手間だったかもと反省。

folca新譜も買えて良かった、というかこれだけは買って帰りたかった。
ピクミンTシャツも気付けば・・・ドラムレッスンに着て行きたかった。
XLしか無いのでオーバーサイズで着る。これが素で着られるようにならないよう摂生に努めよう。

喉腫れてたん、気づいたらだいぶ治まってた。ライブってすごい。

どうでもいいニュース:
ギター自体の音が出なかったの観たん、栄純の口ギター観られた郡山以来かも
・・・と思ったが怒髪@武道館もか、すぐ復旧したが

*1:友人で友康さんの音をSGで出してる人がいた

*2:SGという話もあるが形がうにゃんとしてる気がするので多分バイパーだと思うんだな

*3:セットリストも隠し、楽屋で確認したいが弾くとバレる・・・とは本編スターMC・談