社会学的ラブソング・改

音楽と本とお茶と美味しいものと面白いもので出来ている。あんまりはてブされたくないので、はてブボタンは設置してません。

真夏日です

朝から目眩でぐるぐるする。
熱中症なのか温度差は暑い時もダメなのか歯の問題か。
ふらふらするけどドラムレッスンには行くよ。

今回はリズムパターンとフィルが増える。
リズムは案外スムーズなような気がする。馴染みのあるリズムパターンだからだろう。
(寧ろこのパターンから始めたかったような気がする・・・)
フィルにハイハットがあると難しい。
何でだろう?と今考えると、リズムはハイハットとスネアを同時に叩く、しかしこのフィルは同じじゃないからなのでは。
あとスティックが絡まる。
ちーシグネチャの重みを生かして叩こうとしているが、生憎長さは持て余してしまうようである。
ピエールシグネチャに戻すべきだろうか。
タムを綺麗に叩くのも難しいのう。
「Smoke~」もどツボる。
今回は2番まで叩くよ・・・って同じだから特に進展は無い。
クラッシュ抜きでゆるゆるやると何とかなるが、クラッシュ入れた途端にぐだる。
先生は野外での出演があったそうで、がっつり腕が日焼けしてはった。
この季節、屋外でドラム叩くと、シンバルが触れないくらい熱くなるのもツラいそうだ・・・。

それにしても足と腕のコンビネーションはどう練習したらよいのだろう。
スタジオ入る機会があるかもなので、その時にちょっとドラムの方に見て貰いながら叩いてこようか。