社会学的ラブソング・改

音楽と本とお茶と美味しいものと面白いもので出来ている。あんまりはてブされたくないので、はてブボタンは設置してません。

これも温故知新かな

うちにあるRooftopを昼休みにちびりちびりと読んでいる。
2002年にインビシとフジが対バンしたという話を知って、もしかしたらそこら辺の情報があるのではないか、と。
ありました。楽しそうな対バン!
雑誌は基本的に切り抜きのみ取ってあるが、思うところあってRooftopの一部は丸ごと保存している。
いいもんだ、折に触れて読み返すのが楽しいね。
ライブスケジュールはロフトアーカイブスに期待。
2000年代のスケジュールも検索出来るようになりますように。

福島大逆襲
情報過多な時代だから、選ぶのしんどいから決められない症候群も致し方ない、しかし食べる事に関して面倒になってるのはちょっとうつの初期症状ぽくて心配。
とはいえバンドに動き出てきたら、気の流れも出来て少しは改善されるんじゃないかなぁ。
なんなら毎日ココイチで端から順番に頼むとか、どう?
そんなわたしはネタとしてインスタ映え!って言ってるぞ(ドヤァ)
で、もしかしてマツ、ひっそりインスタやってはる?
音楽と人
荒吐レポ待ってた!
ミリキューはゲストは言わずもがなだがサポートギターにも触れて差し上げて。。。
あの人達が居るからこそ、ゲスト迎えて自由に出来るんだと思うし、滝ちゃんの復帰が早かったんだと思う。
スカートの人、100kg以上あったのか。そこまでは・・・と思っていた。
音楽が素晴らしかったら体重がどんだけあってもいいけど、何はともあれ健康でい続けて欲しい。
Ghost~の「最後に幕をキレイに下ろすために、自分の死に際を整えるために曲を作ってるんじゃないか」ってドキッとした。
こういう人の10年後の音楽、どうなってるんだろう。
男性ソロプロジェクトが活気ある時代になりつつあるのかな。いい音楽が沢山あれば嬉しい。
それはさておき、DAさんがレビュー欄に登場してはる。
MUSICAと並行なのかしらん。
・銀河遊牧史
山さん、ええ事書いてはるのに笑うわこんなん。
マツのは是非伸夫の感想を伺いたい。
光舟は滝ちゃん思い出して少し心配。
栄純は・・・栄純だな、うん。
ジャバックホーン通信でもインタビューでも住野コラボについて「まとめて読んでもらえる機会があるかもしれない」と仰るけど、寧ろまとめないとダメだ、この小説。
未だに週刊で読むのつらい。。。
一気読みする方が楽しいと思う。
THREE for THREEの「アニバーサリーが終わって次へ進んでいく時に」ってのがめたくそかっこええええええ!
日本茶の教科書(エイムック)
教科書とは言っても新しい日本茶の飲み方がメインなような気がする。
なるほどと思う一方、カタカナ多くてなんだか気障ッたらしいとも。。。
ドリッパーで入れるやり方は試してみたい。
焙じてない番茶飲みたいなぁ。
・歴史のふし穴
食べ物終わってまたいたたまれない通常営業。
今までで一番読んでてしんどい。
榛名は見方によってはやり返したようにも思える、でもこんなの二度と御免だ。

機動隊にボコられた時ほどの感傷、すげえ恋だ。。。
(と、最新の「Rooftop」読み始める)

そういえば椎名林檎のインタビュー、紙ではまだあまり読めてない。新聞で少し。
ROJでやって欲しかったなぁ。