社会学的ラブソング・改

音楽と本とお茶と美味しいものと面白いもので出来ている。あんまりはてブされたくないので、はてブボタンは設置してません。

彼女の名は

どうでもいい話を聞いてください。
去年シネマ9mmの時「とうとうサポートメンバーで観に行くか否か決めるようになってしまった、名越さんでもやった事ないのに!」と凹んでいた。
しかし、サポートの奥野さん目当てで地球三兄弟観に行ったのを思い出した。良かった。

6月のサウンドファイターズ!も山内なのだそうだ。武道館まで武者修行なんですかねぇ。違うか。
そういえば前回の2戦目の後「彼女の名は」ってナレーションあったが、誰?
HER NAME IN BLOODだと安易過ぎるか。というかHER NAME~がアリならその前に出て欲しい人はもっと沢山ある。
このお姿は。

田渕ひさ子

ひさ子さんや・・・仕事が手に付かなかった。
(幸い只管待つのが仕事だったんで支障は無かった)
しかし山内総一郎田渕ひさ子って何なん「稲子のGiGSアンケートハガキの好きなギタリスト欄」みたいな面子は!
ここに菅波栄純追加したらガチで好きなギタリスト欄になるぞ。
ストラトvsジャズマスター Powered by フェンダー、な対決ではないか。
ブルースドライバーで音下げるひさ子さんが圧勝しそうだが、逆に両方倒しそうな気もする。
山内も案外がっつりした音だったしなぁ、わからんよ。
紙相撲の勝敗のみならず、ギタープレイや音も楽しみである。
ギタマガさんに芸術点付けていただいたらよいのでは。
勝負つかないな、それ。

名越さんvs滝ちゃん・・・まだ言うか。
それは高望みと言うのだよ。

どうでもいいニュース:
ゆるいかにサウンドファイターズ関連のメール送ろうと思って忘れていた、因みにゆるいかはアーカイブ含めて3回分溜めてる