社会学的ラブソング・改

音楽と本とお茶と美味しいものと面白いもので出来ている。あんまりはてブされたくないです・・・。

2022年6月に聴いた3曲

6月末で退職される方方。 挨拶出来た方も出来なかった方も。 菓子折り片手に回ってはる方に遭遇しては「ありがとうございました」「お疲れ様でした」と挨拶した。 わざわざ自分とこまで来てくださった方も。ドライアイだけど目から何か出た。 普段退職者が…

魔除けの民俗学 家・道具・災害の俗信

ディスクユニオンの個人情報ダダ洩れの件でパスワード変更しようとしたら今回の件の御詫び等等の告知しか出なくて変更できない! とツイで愚痴ってたら「変えても仕方ないので使い回ししてる他のパスワード変更しましょう」と言われたのだが。 いつパスワー…

好きだった給食のメニュー

給食・・・まずメニューの前に牛乳について瓶だったか三角パックだったか?で10分くらい盛り上がるような気がする。神戸は給食のレシピ集がある。神戸の給食レシピ京阪神エルマガジン社Amazonうちにもある。 見ながら好きだった給食メニュー列挙するよ! ・…

残像に口紅を

上向いても下向いても頭がふらあっとする。 いつもの目眩なのか、熱中症の目眩なのか。 水分をしっかり摂るようにしよう。「残像に口紅を」(筒井康隆/中公文庫)読んだ。残像に口紅を (中公文庫)作者:筒井康隆中央公論新社Amazon「TikTokで超話題」って帯…

2084年のSF

きちっと考察出来ひん、あほの子がSF読んで感想書いてもいいよね。 時たまSF方面はきちんと考察・深読みしなきゃいけないような気持ちになる。 大事なのは面白いかどうかだッ!「2084年のSF」(日本SF作家クラブ編/ハヤカワ文庫JA)読んだ。2084年のSF (…

寂しいなあという話

よく拝読していたブログが消えていた。 日々の出来事を穏やかに綴っておられて、読んでいて凄く楽しかったし、面白かった。 だいたい決まったペースでエントリを上げておられたのだが、最近購読リストに上がってこないな?とは思っていた。 よく記事にスター…

営繕かるかや怪異譚 その弍

今日は雨降りという天気予報もあれば晴れ・曇りという天気予報もあった。 蓋を開けてみればそこそこ晴れて曇りがちで風が強い、と思っていたら雨降り。 当たってるような、当たってないような。「営繕かるかや怪異譚 その弍」(小野不由美/角川文庫)読んだ…

この気持ちもいつかナントヤラ

久しぶりに「この気持ちもいつか忘れる」の音源聴いたんですが、其のポップっぷりにもぞもぞしていた。何回見てもマジ?ってなる。 「リプかイイネで反応くれた人をフォローする」と仰るツイにイイネしたからなんだが。 まーさーかーほんとにイイネだけでフ…

日本現代怪異辞典 副読本

漢字検定を受ける心算は無いが、面白そうなので漢検準1級の読み問題を出題するアカウントをフォローした。 見た事あるけど読み方忘れたのが多かった。 難しい。「日本現代怪異辞典 副読本」(朝里樹/笠間書院)読んだ。日本現代怪異事典 副読本作者:樹, 朝…

とりとめのない話をしたい

自分の居る部署の人がばさーっと退職する事になった。 希望退職とかそういうやつである。 募集掛けたらバの字@磔磔並みに即完したのは知っていたし、来年・再来年に定年迎える方や定年後再就職の方がちょいと早く退職なさる程度だと思っていたのだが、部署…

遠野奇談

マツが夢に出てきた!と喜んでいた。 が、偉いっぽい人とマツが話してはる傍で「わー河出からも三国志出てるんだ!背表紙綺麗!欲しい!けど読む余裕が・・・」って浮かれてるって、どうよ。 浮かれるポイントが色々と間違っている。「遠野奇談」(佐々木喜…

黒武御神火御殿 三島屋変調百物語六之続

あんバターを見かけるとつい買ってしまうし美味しくいただくが、苦しい・・・。 あんもバターも控えめのあんバターはないものだろうか。「黒武御神火御殿 三島屋変調百物語六之続」(宮部みゆき/角川文庫)読んだ。黒武御神火御殿 三島屋変調百物語六之続 (…

着物憑き

起床に失敗、久しぶりにきつめの頭痛。 無理矢理バファリン飲んで横になっていたら落ち着いたが今日は使い物にならない。「着物憑き」(加門七海/集英社)読んだ。着物憑き作者:加門 七海集英社Amazon着物に纏わる怪異・・・なんだけど、加門さんの着物への…

今日の桜・その2&今日の流線型・その8

久しぶりにドラムとキーボードのはしごだよ☆〜(ゝ。∂)「桜の季節」は聴きながら歌詞等等メモしておいた。 わかりやすくなった。 今日はいきなり曲をやるのではなく、スネア連打&タム回しの練習から。 音の強弱を揃えましょう、なのだが其れ以前に均等じゃ…

心霊探偵八雲 COMPLETE FILES

積んでないもん段ボール箱に入ってるもん! ・・・から幾歳月、其の上に積まれるようになってどのくらい経っただろうか。「心霊探偵八雲 COMPLETE FILES」(神永学/角川文庫)読んだ。心霊探偵八雲 COMPLETE FILES (角川文庫)作者:神永 学KADOKAWAAmazonは…

Upside Down

松田さんのお日記の内容がどストライク過ぎて「何故私如きの好む話ばかりなのですかツーツーなんですか」と思う今日此の頃。 (ついうっかり深煎りコーヒーを濃いめに淹れて空きっ腹で飲んでのたうち回りながら)・音楽と人 鰰の叫ぶ声、写真無いのは気のせ…

龍神池の小さな死体

はてなブックマークのコメントにお返事したい時、何処に書くか悩みますな。「龍神池の小さな死体」(梶龍雄/徳間文庫)読んだ。梶龍雄 驚愕ミステリ大発掘コレクション1 龍神池の小さな死体 (徳間文庫 トクマの特選!)作者:梶龍雄徳間書店Amazon「驚愕ミス…

すごい言い訳! 漱石の冷や汗、太宰の大ウソ

髪を切りに行って来た。 美容師さんの愛と気合いで伸ばしているので、手間と時間が掛かる。なかなか予約が取れない。 他にも平日にすべき用事はあるし、有休もめたくそ溜まってるから・・・。 ずっと座ってるとお尻が痛くなって辛いので、合間に離れたとこに…

清く楽しく美しい推し活~推しから愛される術

マツのMATSUBEYAへのスタンス、というか無理のないよう「メッセージは嬉しい、でもメッセージしなきゃって思わなくていい、見るだけでもいい」等と言ってくださるのはありがたいねぇ。「清く楽しく美しい推し活~推しから愛される術」(河西邦剛、松下真由美…

妖怪文藝<巻之壱> モノノケ大合戦

ブログの収益化とか好きにしたらええけど、頼むから絡んで来ないでいただきたい。 今でも時たま「ブログ書いたよ」ツイにイイネしてくる見下し系ブログ指南とか副業がどうたらこうたらとか数字(ゼニ)の事しか呟いてないとか。 Amazon商品紹介貼り付けてる…

今日の流線型・その7

血圧手帳を忘れず持って、医者へ。 血圧低くはないが高くもない。だいじょぶ。 ・・・と思っていたが、夜が高めなので引き続き計測、用心用心。 今日は頑張って歩いた。 ハーバーランドうろうろして、其処から三宮まで。 久しぶりに1万歩ちょい、8.8km歩い…

千粒怪談 雑穢

北野さんが「100文字SF」の続編として「100文字ねこ」を出そうとされていたが、残念な事に早川からは出ないっぽい。。。 ねこ縛りええやん!と思った。出来ればうさぎもいぬもかめもお願いしたい! 「100文字SF」は面白いし国語の授業で朗読したり好きな作品…

「弔」怖い話

本日でこのおばか日記も16年(ダイアリー時代含む)。 此れ迄も此れからも宜しくお願いしますー。 音楽の話、とくにバクホン話したくて始めて、最近は読んだ本の話が増えてきた。 読んだ本一覧やブログのサムネが怪談だらけだと自分でもちょっとこわい(^_^;)…

MO'SOME TONEBENDER QUATTRO TOUR 2022 UMEDA CLUB QUATTRO 10th Anniversary "QUATTRO EXPRESS" Extra at 梅田クラブクアトロ

ライブ前に中国茶キメる暴挙。 1つのお皿が茶杯くらい、そしてみんな柄が可愛い。 ねぎ餅みたいなん食べていく心算だったが、何となく気力無くてかごもり豆花にした。 さては久しぶりのモーサムに緊張しとるね!? 事前に藤田さんのツイで会場BGMでポンチャ…

怪談標本箱 雨鬼

先日の「奥羽怪談 鬼多國ノ怪」の感想エントリの sociologicls.hatenadiary.jp コメントで「もし遠野に行くことがあれば、チェルシーをお供えしていただけるとありがたいです。」と頂いて、もし遠野に行くのであればヨーグルト味のチェルシー持参だな、と思…

6月6日はむむ、の日

今「音楽と人」読みかけてるんだが、某ライターのコラム読んでて「新コロ前のライブの在り方が戻ってくるのが果たして良い事なのか?」と思った。 合唱求められたら一緒に歌いたいし「おおーっ!」とか声出したい。 でも自分の立ち位置が確保されて後ろから…

ほねがらみ

おばか日記に記録として感想書いて、忘れた頃に読み返してフヒヒってなるやん。 折角書いたんで友人知人に「こんなんあってんでー」ってはてなブログの機能(?)で流すやん。 うっかり本人に補足されたりするやん。 「ボトルメールが届いてもうた」な時もあ…

今日の桜の季節・その1

本日からドラムレッスンの曲が「桜の季節」である。 こないだライブで観た時はあんまりドラムに注目出来なかった(大阪で観ようと割り切った)。 だが今回は事前に先生からお手本動画を頂いているので観るですよ。 ・・・ええっイントロが一番難しい。 2小…

大阪怪談 人斬り

本日から、麦茶始めました。 買ってある麦茶パック無くなるまで炊くが、今年はスタートが早いので延長戦あるかも。「大阪怪談 人斬り」(田辺青蛙/竹書房怪談文庫)読んだ。大阪怪談 人斬り (竹書房怪談文庫)作者:田辺青蛙竹書房Amazon”人斬り”とは物騒な・…

セトリのネタバレの件

ライブのセットリストのネタバレの是非について時々見かける。 結構気にする人居てはるな・・・気にしない自分は頭がおかしいのだろうか?とすら思えてしまう。 映画・小説・漫画等のネタバレは厭だよ。 でもセトリのネタバレを自分が気にしないのは何でだろ…