社会学的ラブソング・改

音楽と本とお茶と美味しいものと面白いもので出来ている。あんまりはてブされたくないので、はてブボタンは設置してません。

理想の老後

はてなブログのエントリをSNSに上げる時に前はデフォルト画像が上がっていたけど、エントリ冒頭の文章が画像化して表示されるようになった。
なんかかっこわるい・・・。
以前の画像も出せるようになったらいいのに。
文章厭だなぁ、とデフォルト画像でメロンパン画像出すようにしてるんだけど、これがすぐに反映されなくて。
ツイートした時点ですぐに表示されるようにするの、どうしたらよいのだろう。

それはさておき今週のお題、「理想の老後」である。
ええ加減具体的に老後について考えなければならない・・・金とか住むとことか。
あんまり人様に迷惑かけたくない。
持ち物も減らしていかないとなぁ、と考えてはいるが本とCDが・・・グッズもだ。
捨てられるよりは誰か必要な人の元に送り出したいが、全て手放してしまうのも寂しい。
まだまだ甘ちゃんである。

最近ほうぼうで「高速ブラスト叩く75歳として敬老の日に取材受けるのが目標」と言っている。
単にドラムたのしー!という理由ではなく、ドラムを続けていけるだけの体力をつけたい、維持したいのだ。
実際に習い始めてみて、運動とは違うけど体力が無いとやっていけないなぁと痛感している。
自分の体というものを見つめ直すきっかけになっている。
それとボケちゃったらフィルとか叩けなくなるかもしれない、そうならない脳みそを維持したい。
体力以外にも色々と余裕が無くちゃ音楽続けていけないし。
だからといってこんなエクストリームな事言い出さなくてもいいような気がしてきたが。
ピアノ習い始めて「マゼッパ」弾けるようになるだ!って言ってるようなもんだしなー。
でも「TRYしている事」として卓郎のラジオにメッセージ送って言葉足りなくて衝撃与えてしまったもんな・・・「がんばってください」ってゆるく言われちゃったもんな。
でっかい夢、見るくらいはいいだろ。

そういえば10年くらい前には「還暦でシャンソン歌う」なんて言っていた。
年齢重ねた方がいいシャンソン歌えるらしいよ。
いいシャンソン歌えるよう肺機能は落とさず、いい人生経験積みたいなぁ。

しかし60歳でシャンソン、75歳でブラストとは忙しい老後である。
ジャンル全然違うし。