社会学的ラブソング・改

音楽と本とお茶と美味しいものと面白いもので出来ている。あんまりはてブされたくないので、はてブボタンは設置してません。

タピオカをゆでる(閲覧注意)

動き出さないと、やる気は出ないらしい。
なので、何かやって動き出す事にした。

言いだしっぺは家人だったかもしれない。
つべで茹でるとこから自分でやってる人観たらしく、Amazonで売ってる!と言うてはるんで「そんなん南京町で買えるがな」と答えたのだった。
実際に南京町の食材の店回ったけど、何処も売り切れ。
白いちっちゃい方ならあるので、白タピオカとココナッツミルクを買って帰った。

※以降、ダメな人はダメな写真載せてるから注意。





タピオカの棚に茹で方書いてあったんで、それを写真撮ってきて(お店のおばちゃんに茹で方のコツとか聞いた所、「ここに書いてあるから、写真撮って帰んなさい」と言ってくださった)見ながら茹でる。
熱湯用意するらしいので、お鍋で沸かしてからタピオカ投入。
お鍋やコンロが汚いのは何卒ご容赦いただきたい。

1時間~1時間半かき混ぜながら茹でるってしんどいやん・・・しかし混ぜながらじゃないとすぐ鍋底にくっつく。
お玉で剥がしながら混ぜていると、柄が曲がっていた。
10分後。

こんなんだったっけ・・・。
茹で方には無かったけどちょっとお湯足しながら茹でた。
30分弱茹でて蓋して冷ます。
氷砂糖5個入れるらしい・・・が甘くなり過ぎそうなので砂糖大さじ1.5くらいを適当に。
ココナッツミルク投入して完成。

うん、甘くないふよふよタピオカココナッツミルクはツラさしかないね!
今回のエントリは「オリオンをなぞる」の歌詞捩りながら書くかね・・・と思ったけどそんな気力が失せる重さである。
修正前の写真だとちょっとグロい。
オリゴ糖シロップや黒糖入りきな粉投入して頑張って食べた。
ココナッツミルク抜き&きな粉でわらび餅状態にして食べたらよかったかもしれない。
写真だと解りづらいけど塊になってるんだ、タピオカが。だからわらび餅状態に出来た。
お鍋からはそこそこ外れるんだけど。

反省すべきは下記の2点である。
1.茹で時間
茹で方に従った筈なんだが、熱湯を用意しないで鍋で沸かしたんでちょっと水分減ってたのかな?
って、あーっ!

お店の茹で方、黒タピオカやん。
粒の大きさが違うから、そのままじゃだめだったんだと思われる。
軽くググったところ、乾燥白タピオカは水で戻してから茹でたらよいらしい。
そして茹で過ぎたかもしれない。
白いとこが少々残ってても余熱で何とかなるかもしれないし、ココナッツミルク投入したら全然分からない。
2.砂糖が足りない
ココナッツミルクに甘みが全くなかった。
タピオカを冷ます時にがっつり砂糖入れて甘みつけとくんやね・・・。

結論。
タピオカは店で。
次に茹でる時はしっかり戻してから15分くらい茹でて・・・と考えていたが、食べながら「もういい」ってなった。

どうでもいいニュース:
乾燥タピオカ、セリアに売ってるらしい。108円分の量でよかったんや・・・。