社会学的ラブソング・改

音楽と本とお茶と美味しいものと面白いもので出来ている。あんまりはてブされたくないので、はてブボタンは設置してません。

明るくいきたいものだ

加門さんが時々何某かの兆しから予言みたいな事をツイートされる、それがTLに流れてくる。
大切だし有難いし“兆し”には敏感であるべきだとは思う。
しかし怖い。必要以上に恐怖を煽っているような気さえする。
その位でないとアラートとして意味を成さないのだろう・・・が、モヤモヤする。

明るくいきたいものだ。
・ベースマガジン
稲子ホイホイ、俺得なベーマガだぜ!
「いや、我こそ俺得!」な人は多いはずだ。
サトマひなっち光舟、ヒーセにカズだもの。
そうか、10年前は「新世代」として登場してたのか。
この3人が日本ロックバンドのベース界を切り拓いていったんだよなぁ。
とはいえ4弦のままだ。意外。
ひなっちは5弦になりそうに思っていた、案外サトマが導入したりして。
光舟は栄純辺りに言われても「いや、俺は4弦」って言い切りそう。
タイプは違うけど、“同じ”なんだろうな、魂の奥底が。
光舟もケンパーなのか。
カズのNewベースをじっくり見られる。
透明なピックガードが照明を映していたんだな。
こないだの光舟対談も今号の対談も、一流のプレイヤーは変に戦略的じゃない、やりたい事やり、鳴らしたい音を鳴らす、シンプルなんだ。
・リンネル
はまじ、高山都って今こんな感じになってたのかー。
はなちゃんもびつくり。
例によって付録目当てだが、今号はアクセサリー関連が充実していてありがたい。
思ったより若い感じ、と思ってよく考えたら「大人のおしゃれ手帖」と間違えていた。