社会学的ラブソング・改

音楽と本とお茶と美味しいものと面白いもので出来ている。あんまりはてブされたくないので、はてブボタンは設置してません。

わしわし

オザケンからクレバーさ取ったらおわってちゃんになるのか。
ラジオ聴いてて、ふと思った。

わしわし読む。
・GiGS
ミヤの自宅スタジオ写真に萌え。
フラッドが表紙で良かったんちゃうん。なんでや。
ストレイテナーのライブレポ、少しだけなんだけど濃かった。ひなっちのノリについて。
・ROCKIN'ON JAPAN
ROJのすっとこどっこいぶりは悪し様に言われがちだが、山崎兵庫井上中込ラインを様式だけ引き継いで、ベンジーに殴り込まれた経験から表現丸めて各地に阿りだした成れの果てだと思う。
それでも「世界はこんなに素晴らしいのに日本のガラパゴスな現状はクソ」ばかりのどっかの誰かよりマシだよ、良いとこ中心に書いていく分。
それはさておき、back numberは例の件に触れないんだなぁ。
音楽に影響出そうなんだが、あれ。
音楽と人
THE BACK HORN、いいレポ。金光さんだから書ける話。
マツ、PCと穴あきシンバル導入されてるのか。「GiGS」で気付かんかった。
エイトさんはアイドルで無くてよいのではないか。
とはいえファンからしたらバクホンだって怒髪だってフジだってアイドルなんでしょうけども。
パーソナルインタビュー自体に対しては特に無いというか「今こんな風に考えて活動してはんねんな」だけど、金光さんかな?のリード文は今回の亮ちゃんの件を踏まえて書かれているのだろうか?と考えてしまった。うーむ。
夏の魔物の人は半分以上自業自得というか、何というか。こうなる前に何とかならなかったんだろうか・・・ならなかったから、こうなのか。
あと樋口さん、サイサイは泣かさないのね。
・SATOち牛乳
ステキマツ。
「ロック兄弟」の催眠術の話してはる。
風呂ってて観られなかったんだが、やっぱSATOちはかかんなかったか。
フラットな感じがする人なんで「別に?」ってなってそうな気はしてた。
・Player
こちらもTHE BACK HORN武道館レポ良かった。
お名前存じ上げないライターさんだけど、彼らの歴史も踏まえて、今の彼らの姿を書いてくれてはる。
・ギターマガジン
「他ならぬあなたの人生も、すでに“現場”なあのだから。」って、くううかっけええ!
という事で特集は「マーシャル現場主義」。
ごりごりロック、じゃなさそうな現場にもマーシャルいてはる。

ところでギタマガの連載は終了するまで単行本にならないのだろうか。
滝工房と「ジャキーン!」は結構長いよねぇ。
こんなご時世だから厳しいのかも。。。