社会学的ラブソング・改

音楽と本とお茶と美味しいものと面白いもので出来ている。あんまりはてブされたくないので、はてブボタンは設置してません。

屈辱、接触、摩擦

インビシブルマンズデスベッドである。
気がついたらねぇ・・・察してクレクレ。
接触」「摩擦」で一気に感想書こうとしていたところに“タワレコ怒涛の「屈辱」激推し”である。
結局「OH YEAH」の予約ポチってから「屈辱」が手元に届いてもまだ広告に出るんですが・・・。

HEREが選ばなかった選択肢を選んだのがインビシなんだろうか。
いや、選ばなかった選択肢を選ぶ為のインビシなんだろうか。
「屈辱」はそんな感じがした。
何がなんだか。
こういうの、やっぱり好きだ。

接触」「摩擦」は、その時点でないと出ない声、音なんだろうな。
その瞬間瞬間の衝動をぶちまけてはるんやけど、後の人間が聴くと刹那的な感じがする。
今、この頃の曲をやってもその衝動・刹那的な感じはあるんだろうけど、その当時のものとは違うんだろう。
時間を遡れないようなもので。
ところで「接触」「デリー」を歌いたいのだが、どうしたものか。

メルカリの検索用に「COCKROACH」があったの、ちょっとわかる。
接触」はバの字とかシロップとか、そちら方面の匂いがする。
エモいシロップ、ダークさを生々しさに全振りしたCOCKROACHみたいな。
昔対バンしたりしてなかったんかなぁ。
(と思ってたら、レルレ氏のツイの写真でCOCKROACHと対バンしてたのを知った)

どうでもいいニュース:
最近タワレコオンライン広告出なくなったが、出るとHERE、バの字、フジをオススメされる。