社会学的ラブソング・改

音楽と本とお茶と美味しいものと面白いもので出来ている。あんまりはてブされたくないので、はてブボタンは設置してません。

THE BACK HORN 20th Anniversary「ALL TIME BESTワンマンツアー」~KYO-MEI祭り〜 at なんばHatch

祭りじゃー!個人的にTHE BACK HORNワンマン今年初参戦じゃーッ!各地行きたかったぞ!
沢山の人にお会いする。皆さんお元気そうでよかった。
今日は外で待機だった・・・寒い。空には月。

私も祝いたい。

終演後にお花のところで記念撮影してはるスーツ姿のお兄さんが居らしたが、何の人だろう?
KYO-MEI祭りも各地でセトリが違うのだけど、ネタバレ気になる方は後日僕と握手!(OJかよ)





心なしか入場SEが長い、なかなか入場しないように思える。
それだけ心待ちだったからだけど、マツの傷が・・・って心配になる。
定番曲もある分、今回はマニヘブよりセトリが読めない。
普段はセトリぐぐりやがれ!なんだけど、今回は思う所があるので、書く。(インターネッツで拾ってきた)

カオスダイバー
涙がこぼれたら

情景泥棒
運命複雑骨折
ジョーカー
悪人
コワレモノ
アカイヤミ
冬のミルク
シュプレヒコールの片隅で
あなたが待ってる
未来
グローリア
シンフォニア
コバルトブルー

en.
何処へ行く
ハナレバナレ
無限の荒野

THE BACK HORN初めての曲「冬のミルク」から、最新の「ハナレバナレ」まで。
それにしても何という物語なのだろう。
「運命複雑骨折」~「アカイヤミ」のえぐい、抉い流れ。
そして「冬のミルク」~「未来」へと続く。
「曲が出来た時は中指立ててたのが、今は喜び溢れるアカイヤミになった」と栄純が話していたけれど、この”物語”もそのように「アカイヤミ」で転機を迎えている。
自分という存在、その苦しみを見つけて欲しい、救われたいだけなのに、理解し合えなくて病んで堕ちて壊れて、それでも純粋さは失う事がなく、未来があって、待っててくれる人がいる。
見苦しいものも何もかも全て、生きて存在している事を祝福しよう!
・・・と思った。
そこから「シンフォニア」「コバルトブルー」「刃」とライブ定番が続くとは思ってなかった。演ってもどれか1曲かな・・・と。

マツはMCで何度も謝っていた、そして「フルパワー」で行く、と仰っていた。
ドラムに関しては何となくちょっと違うような違わないような、変わったのか変わらざるを得ななかったのか気のせいか、
と最初は思っていたけれど、全然気にならなくなった。
気のせいだったんだね!
「今日のライブでは一喜一憂していきましょう!」っておいおい*1・・・だけど怪我で心配させやがってばかやろう。
ここは福岡じゃないから何とも言えないけど、申し訳ないすみませんばっかり言わなくても大丈夫だよ、ファンというものは放っておいても勝手に心配する生き物なんだから、誤魔化さずにちゃんと話してくれたら、後は心置きなく心配させてくれ。観てたら快復してきてるのが解るし。
そんな感じで事前に「憂」だったんだから、ライブには「喜」しかないじゃないか!

それにしても「コワレモノ」があんなにサービス精神ばりばりの曲になるとは。
「on Bass、岡峰光舟!」って紹介していくのも新鮮だ。そのままギター、ドラムとソロ回しして山さん紹介して・・・からのコールアンドレスポンス練習。
神様だらけの\(スナックー)/
のやつ。
「もっとスナックっぽい変な顔で!」ってスナックってそんな変な顔するとこだったんだろうか・・・
よくコールアンドレスポンスでは「まだまだ声が小さい!」「まだ行けるだろ!」って繰り返させるけれど、栄純は「いいねー!もっとスナックぽい顔で!」と肯定しつつもっと!って煽る。いいなぁ。人が好い。
他の曲もだけど、大阪とか歌詞に折り込むのだなーとしみじみ。

からのMC。
怪我についてまた謝っているところに光舟が「どうしたの?指つめたの?」ってさらっと茶化す。
このフォローの仕方がTHE BACK HORNらしい・・・。
更に栄純に「スナック行った事あるのかよ」と。今日のトークは光舟主導なのかしら。
栄純は行かないけど光舟は行くのだそうだ。年上の友達多いだろうしなー。
スナックといえばカラオケ、光舟は軍歌を歌う。
ラバウル小唄」*2の「両手合わせてありがとう」の所で手を合わせるのだが、その時の反応が悪ければやめる。
光「そもそも神様だらけのスナック自体行けない」
確かに。
マツ「大阪ではこういう楽屋トークが受けると聞いていたのに・・・」
いや十分面白いですよ今日のMCも。
というか誰なん、↑な話しはったん。まぁ変にウケ狙いに行くよりは普通にゆるゆるトークしてる方が面白い。
あと「アカイヤミ」しばりカラオケは楽しそう。どんな赤になるやら、何色が見えるのか。
栄純が何だかの話から「マツ4人と、この~」と話しだして、THE BACK HORNは7人になってしまうところだった。
7人、ってツッコミ入ってちょっと考えた。マツ4人+栄純、山さん、光舟という計算だろうか。
「夜更けの囁き」聴いてるとマツ忙しそうだから、歌詞担当とドラム担当に分けるとかローテーションでもよいんじゃないかな、4人なら。
ちょっとめんどくさそう
山さんからは最後に「俺達はずっとここに居る」「20周年を祝い、みんなに祝ってもらっているけど、それだけじゃなく生きてここに来られる事を祝いたい」という話があった。
バンドが20年続いていくと、離れざるを得ない人もあるだろう、そういう人も待ってるからおいで・・・って優しい。

さてアンコール。
「何処へ行く」のドラムが足音、これからの歩みのようだった。
ライブで聴くと「ハナレバナレ」ってつくづくいい曲だな・・・と思う。
「無限の荒野」は待ってました!って感じだ。

「何も変わらねえよ 全て変わってゆく 歌いながら」
「我 生きる故 我在り」
・・・これまでも、これからも。

おやつ、みかん、ごま、メロンパン等等、ありがとうございます。

どうでもいいニュース:
頭がんがん振っては目眩くるくるー、だった。
医者曰く疲れからも目眩になる、鉄分足りないのかも・・・との事なので、頑張ってほうれん草食べよう。
という所に、吉田製油のすりごま頂いて大変ありがたい。多謝。
目眩の方は首からじゃなくて肩から振ったら何とか大丈夫だった。(振るなよ)

*1:光舟からツッコミ入って「ドラムソロ10分」を命じられていたけど、大歓迎だぜ?

*2:月月火水木金金」という話を見かけたが歌詞確認したら多分こっちだ