社会学的ラブソング・改

音楽と本とお茶と美味しいものと面白いもので出来ている。あんまりはてブされたくないので、はてブボタンは設置してません。

怒髪天 一揆一友TOUR~権べ&田吾~ at 神戸太陽と虎

久しぶりの怒髪天、久しぶりの太陽と虎である。
HP先行で取ったら、取れただけ御の字の番号なのであった。
(最近のイープラスは1枚でも優しくなったという噂を聞いたのだが、あれは一部だけなのだろうか)

ツアーも中盤で今が一番いい状態!なのだそうだがネタバレ厭な方は後日御覧ください。
数曲は曲名書くけど詳しい知りたい方は各各方で検索なされよ。
酒爆だけ書いておくと「都そば」だ!
(2018/11/17追記 一時的にホッテントリに上がっており、ご存知無い方がご覧になる可能性があるので補足。「酒燃料爆進曲」はライブだとラストサビ前にドラムの坂詰さんが一言お叫びになる。大抵ご当地のものやイベントに関連した何かだが、大阪城野音で「江戸城!」と一捻りされる場合も多々あるので俺達界隈ことファンの楽しみの1つである。)










ていうか観えてない。
近くで「前にでかい奴おる」みたいな声が聞こえていたが、声の発生元らへんも十分背が高い方々だ。
わーってノってるうちにその人達の後ろらへんに行っちゃったので、心の目で観てる方が多かったかも・・・。
そんな感じで後方真ん中という割と音のバランス良い位置で観てた・・・聴いてたけど、ベースががっつり聴こえた。
こんなに低音聴けるハコだったっけ。
あんなに動いてたのか。あんなに動き回りながら(観えてないから多分)ベースラインも動いてたのか。
坂さん手数増えた?昔の曲で手数増えてそーなのがあった。
ギターの音こんなに丸かったっけ、埋もれた分他の人に吸収されて丸まったのか
新鮮だなぁ。
オクターバー分かれて聴こえないのが謎である。「ああそういえば」と思う。

「夷曲一揆」リリースツアーなので新譜の曲は勿論の事、過去の曲も結構演ってたような気がする。
いい意味で久しぶり感、違和感が無い。
「生きててイイですか?」「サンセットマン」「孤独くらぶ」が嬉しい。
何より「美しき誤解」でございますよ!
噫。
この日観られなくて正直「もう生で観る事は無いのかも」と覚悟した、実は初日のセトリ聞いて「美しき誤解」やるのは知ってたけど、こういう時に神戸だけセトリ外れる可能性もあるし・・・とちょっと諦めていた。
この瞬間(とき)を待っていた。どんなに待った事か。
・・・その割に随分冷静だったような気がする。
それにしてもあの辺のブロックアツいわ。ああいう渋い男臭いとこが、自分の怒髪天好きなとこポイントなんだなぁと確信する。

増「ここはホーム、おやじだらけ、こっち(ステージ側指しながら)は100%おやじだけど」
山水館はもっと年齢層高かったので大丈夫だと思う。
兄ィは旧居留地南京町へご飯を食べに行かれたそうだ。
ランチに1000円以上は・・・で、そこそこの金額で、そこそこの物を食べはったそうだ。
坂さんは都そば。かき揚げ30%オフだったそうだ。良かったですね。
麺が100%小麦粉じゃないのがよいとかどうとか。
友康さんはギターの音の話。
電車の音がハウリングして(響いてて?)、どんな音が出るかわからないのが楽しいらしい。
そういう効果もあったのか。音響は面白いなァ。
モニターちゃんと作ってても、兄ィはずっとお立ち台の上、友康さんとこはめっちゃボーカル聴こえてるらしい。
兄ィ、相当膝にきてた模様である。
大丈夫だろうか。
とはいえ仮に椅子があったとしても立ち上がってお立ち台に上がりはるんやろなぁ。

アンコールは更に下がって観てたが、カウンターの方もノリノリで観てらして、なんか嬉しかった。

どうでもいいニュース:
チェ・ゲバラベレー(?)流行ってるん?
バンドマンなにーちゃん達がめっちゃ被ってはった。