社会学的ラブソング・改

音楽と本とお茶と美味しいものと面白いもので出来ている。あんまりはてブされたくないので、はてブボタンは設置してません。

NOVA9

金カムエンディングのeastern youth感動した。感動したというか嬉しいというか何ちゅうか本中華。

「NOVA9」(大森望・編/河出書房文庫)読んだ。
段々感想が雑になっていく。
わくわくするし、色んな物語があって、自分からは選ばないだろうなぁって話も読めるから、面白いんだけどな。
「アトラクタの奏でる音楽」、試みはDJ的で面白いけど、プレイヤーとして楽しいのだろうか。
どうせなら自分の腕で盛り上げたいよね。
そういう悔しさは無いの?いいの?それはそれでストーリーとして面白くない?

面白かった話。

  • メロンを掘る熊は宇宙で生きろ/木本雅彦

メロン熊がこうなるとは・・・
最近は鮭食らってるらしいので、鮭食らうver.の続編希望。流石に厳しいか、身体的に。

  • 深夜会議/片瀬二郎

こんなループ厭ァ。
この方「サムライ・ポテト」の方ですよ・・・血腥ぁい
「検索ワード:異次元」の方はネット怪談にありそう。

ひとまず、NOVAシリーズはここまで。10以降は手に入れば・・・。
11月に更に続き出るっぽいのだけど(文庫新刊情報にタイトル上がってた)