社会学的ラブソング・改

音楽と本とお茶と美味しいものと面白いもので出来ている。あんまりはてブされたくないので、はてブボタンは設置してません。

雑誌の秋

この日のまくらの続き。
天才って自称したら天才じゃなくなるような。
唯一自称出来るパターンは「自虐を挟む」くらいか。
自覚ないのかもなぁ、真の天才って。「あれ、みんなは違うの?」みたいな。

雑誌読むモード入る。
・anan
「カンヌの休日」、ライブで「万引き家族」折り込んだりしてたのか。
歌詞間違っちゃうの微笑ましい。
モキュ様は僅か。
Tarzan
TOSHI-LOWさんと猫、ええぞ。
屈強な”鬼”も猫と我が子には弱いのだな。それがまたええねん。
・SPRiNG
買い物用バッグを新調したくて。
(物販トートいっぱいあるやろ!というツッコミは何卒ご容赦いただきたい)
たっぷり入るし内外にポケットあるから便利、多分。
スーパーに持っていく食品トレー溜めとくのにも良い。最近でかいトレーあるやん・・・あれもたっぷり入る。
「YOUのこれからこれから」まだ続いていたのか!びつくりだけど嬉しい。
柄に柄ってHEREかよ!とツッコミ入れたが・・・ありかもしんない。
可愛いチェックの重ね方。
シンガポール行きたい。
・リズム&ドラムマガジン
長く続ける、という事。
我我の為のような鼎談、からのカラダ作りとは見事な展開である。
鼎談も個々人インタビューも、あまりドラムの突っ込んだ話ではないのでドラマー以外も読んだらよいかも。
マツ、いっちゃん、シンペイさんの鼎談のインタビュアーRONちゃん、なんだろうけど3人の同期組+兄貴のトークって感じ、それでだろうか、すごくころころ話が進んでいる。
20年続いてたのは彼らの努力、だろうけど努力を努力と思わないでその時に出来る事、すべき事を積み重ねていったからなんだろう。
その上でも下でもない、稀有な世代なのもあるけど、そのタイミング掴めたのも実力なのかも。
(それはバンアパもだ)
変に持ち上げられすぎないのもよかったのかもなー。もうちょっとプッシュしてよ、と今なら思うけれど。
「見つかるべき人に見つかる」、というのは運だけじゃないはず。
それにしてもドラマーは顔文字好きか(偏見)
ミスター小西、ツインペダルだったのか、理由が少し切ない(^_^;)
紹介されているエクササイズ、見ながらちょっとやってみたりする。足さばきは鍵盤の人も大事よ。知らんけど。
逆流性食道炎もドラマーの持病なんかね・・・。

そういえば「GiGS」、2号連続で次号予告に「THE BACK HORN」とあったんだが・・・10月末発売の次号?

どうでもいいニュース:
BRAHMANからの対バン断ってたのか・・・法事だったら仕方ないよなぁ。