社会学的ラブソング・改

音楽と本とお茶と美味しいものと面白いもので出来ている。あんまりはてブされたくないので、はてブボタンは設置してません。

スッキリ!の話

こないだの「スッキリ!」のフジファブリック出演回を観る。
観てなかったのは単に「ロック兄弟」と9mmの日のLINE LIVEアーカイブ観るのに忙しかったからだ。(ミリキューは27日いっぱいだと思ってた・・・)

春菜の読み上げるまとめ方にツッコミ入れたいけど、それは自分の主観と違うからであろう。
シカオちゃん、マッキーの「若者のすべて」が聴けるとは思ってなかったんでありがたい。
昔の映像も沢山流れてて嬉しいな。そういえばダイちゃん微妙に髪長かった。山内は正しくギタリストって感じだった。
色んなバンドやファンにとって、フジファブリックの続き方というのは1つの指針みたいなものになってるのかもしれない。

しかしこういう形で”いるけどいない”志村の”不在”を感じさせられるとは。
ずーっと”いるけどいない”けれど”いない”とは感じてなかった。思ってなかった。
バンドが続いて、今また改めて「若者のすべて」が知られるようになって、こーやってTVに出て・・・ってとこに、いない。
いるのにいない。
直後の、周りでフジの話出来てた人に「もういい」って言われた時期とは違うしんどさがある。
何で今ー。いやもう何で今更目から汁出してんの。
折り合いつけてたようで、全然ついてなかったんだろうな。何を今更。
話聞いてーやー。
色んな人の志村の話も聞きたい。
それこそ”まだ何者でもない青年”だった頃をご存知だった方だっていらっしゃる訳でさあ。

それにしても曲削りすぎ!である。
「Water Lily Flower」は仕方ないかなーと思ったけど「若者のすべて」のあの削り方はないわー。1コーラス無いとは。

天の声にちょっと救われたな。ありがとう、天の声。

どうでもいいニュース:
貴闘力の発言が話題になってたの、同じ日か。