社会学的ラブソング・改

音楽と本とお茶と美味しいものと面白いもので出来ている。あんまりはてブされたくないので、はてブボタンは設置してません。

はたらく細胞

旧おばか日記のインポート終わらず。
2007年辺りまで移行出来た模様。

はたらく細胞」(1)~(3)(清水茜講談社シリウスKC)読んだ。
結構巻数もスピンオフも出てたんだなぁ。「BLACK」気になる。
人気あるの分かる。面白いし、分かりやすい。
シリウスKCなので少年誌の括りだと思うけど、少女漫画的なとこもあるし、基本的にほのぼの笑えるけどちょっとダークだったり。
自分の体の中で、こんなに細胞達が頑張ってくれてたんだなー。
風邪のメカニズムって知ってるようで全然知らない。

欲を言えば、「病気編」「外傷編」「体内こんな風になってますよ編」「細胞それぞれの物語編」みたいにグループ化されてたらよかったような。
色々話が飛ぶなぁ、と思って。