社会学的ラブソング・改

音楽と本とお茶と美味しいものと面白いもので出来ている。あんまりはてブされたくないので、はてブボタンは設置してません。

やる気がありません

そろそろヤフオクのWeb広告はグロくも気持ち悪くもない実情に即した品(アーティストグッズ、本・雑誌、楽器しか見ないぞ)を表示して欲しいし、Google Adsenseヤフオク広告停止する理由に「不快な広告」の選択肢をつけて欲しい。
(等と愚痴っていたらスマホ版の方に出てきたような)
出してくるものが酷かった。
前は「それ自分が出品したやつ!」「出品しようと思ってカテゴリ確認用に検索した結果!」だったんだが。
あと家庭教師のトライのハイジ広告は面白いと思ってやってるんだろうか?無理が出てきたような気がする。

愚痴はさておき。
週刊少年チャンピオン
今週は少年漫画雑誌よく読んでるような。
2日連続、職場で昼休みに読んでると流石に「自分は一体・・・」ってなる。
でも楽しい。
バラエティ豊かな感じがする、チャンピオン。
「やる気がありません」と言いつつ嬉々として読んでる、そしてプレゼント応募ハガキを書く。
目当てはHEREである。
初めて観たX JAPANのライブの話くそわろた。男子だなぁ。
この話はリアルタイムで知っときたかった、好き過ぎて「もしTOSHIが八百屋だったら・・・」的な手紙を毎日何通もくれた友達に「ほな○○ちゃんも『裸の付き合いしようぜ』って言われて服脱ぐん?」と死んだ魚の目*1で問うてみたかった。
X JAPANよりLUNA SEAだと思ってた、この方々。
やっぱりロックスターの圧は凄かったのだろうか。
・かつて神だった獣たちへ(1)(2)(めいびい週刊少年マガジンコミックス)
これ別冊少年マガジン連載なのか。ガンガンらへんかと思ってた。
本屋で見かけてちょっと気になっていたとこにお盆休みにhontoで2巻まで期間限定無料だったので読んでみた。
面白いんだけど、ここからが長いんだろうなぁ・・・うーんどうしよう。
3巻以降のあらすじ追ってみたら、ここからが本番っぽい。
鬼灯の冷徹(3)~(5)(江口夏実/モーニング KC)
芥子ちゃん可愛い。他にもうさぎ出てくるなぁ。
リリス達女性陣もコケティッシュで可愛い。
海外との交流もあるんやねぇ。
・も~っとずぼらヨガ(崎田ミナ、監修:福永伴子/飛鳥新社
今回は電子書籍で。
ちょっとずつ読んで、やってみよう!
と思ったが、タブレットは電源入れっぱじゃないやん、そうすると都度都度電源入れてアプリ立ち上げて・・・となるのでめんどくさい。
ヨガ自体は「ずぼらヨガ」同様、らくちんに出来る。
余裕ある時に読みながら実践して、体で覚えておけばよいのだ。
・自律神経セルフケア術
同上。
今は番組放映あるからしっかり観ておいて、復習に使おう。

やっぱり自分に電子書籍は向いてない。
(とか言いつつギターマガジンの電子版がhonto対応したら毎号買いかねない)
「ずぼらヨガ」「自律神経セルフケア術」はスマホだと見づらいのでタブレット推奨だったが、タブレットでもちょっと見づらいかもしれない。。。

*1:高校受験のプレッシャーやら何やらで精神やられてた所に嫌いな、もといあまり好きではないバンドの話毎日振られて、手紙もスルー気味にしてたら「読んでくれてる?」等と言われてたら自ずとそうなりますわな