社会学的ラブソング・改

音楽と本とお茶と美味しいものと面白いもので出来ている。あんまりはてブされたくないので、はてブボタンは設置してません。

珍しい事するから台風来るんやんか

ここんとこエントリ上げるのが晩だったのは、書き溜めが出来てなかったからである。
書きかけも、感想書かねばなのも、いっぱいあるんだけど書く気力無かったんだよなぁ。
気力無いなら無理やり書かなくていいんだけど、アウトプットはしておきたかった。

珍しく女性ボーカルのアルバム聴いてた。
好きな歌い方と嫌いな歌い方の落差がかーなりあるんで、最近はあんまり聴いてなかったのだ。

・Rainbow/山本彩
名越さんが参加していらっしゃるというので!だから聴くのだよ!
斎藤さん→「レインボーローズ」「雪恋」「メロディ」
名越さん→上記+「スマイル」
その他豊夢さん、山木さんとか兎に角参加ミュージシャンが豪華である。
名越さん入ったら一発で曲が引き締まるの、凄い。
聴いて「名越さんだ」と解るほど修行積めてないが、ギター聴いて「ちがう」という曲は解った。そういうのはギターがぼやーんだるーんとしてた気がする。
ちょっと言葉の乗り方の好きじゃないのはあるけど・・・いいシンガーだよなぁ、さや姉。
永井真理子東京少年らへんの90's前半の女性シンガー思い出して懐かしい。東京少年はバンドだけど。
Special ThanksにKYORAKUがあるのが流石にんともかんとも

・穴空/私立恵比寿中学
エビ中は声が苦手かも・・・と思っていたが、ゆるいかSPで「お願いジーザス」聴いて「ええやん、大丈夫かも」だった。
あれからどれだけの歳月が流れたのだろう。
HERE沼だばーん!な今、「機は熟した!」てな感じで借りてきたのだった。
(というか単に生活圏内のTSUTAYAに「穴空」無かったんだよなー)
「あなそら?」と思ってたが、「あなあき」→「アナーキー」という事なのかな。
HERE→「春休みモラトリアム中学生」
吉澤嘉代子→「面皰」、ピエール中野参加
フジファブリック→「お願いジーザス」
たむらぱん提供曲、KenKen参加曲もある筈なんだが、手元のメモが雑すぎて不明。
楽曲提供者が演奏もやってるのええな。
そのせいか分からないが楽曲提供者の個性も出てる。
「春休み~」はもろHEREやん。
もろHEREだけどギター控えめでシンセキラキラなのが不思議な感じである。ギターのフレーズがシンセに置き換わってるような。
親和性高いのかも、もしかしたら個人的にHEREからのエビ中だから馴染めたのかもだ。
フジは割とギター出てきてるような気がする。
セルフカバーしないかなぁ。
どの曲も可愛いな。

どちらもストリングス+キラキラが印象に残ってて、これはポップスの特権なのかしら(無理やり)。
あとギターの音ちっさい。
これは単にここ数年ギターばりばりなんばっかり聴いてるせいかも。
(でも蝦夷乃無頼缶はちっさくなかったよ)

どうでもいいニュース:
いつのゆるいかSPだっけ?と確認したら「ポラリス」の時。2年前やん。
当時の日記を見ると「まやまさん、かとをさんと同じ感じで歌う子がいる」と書いてた。
それ武田の推しやん。
何処に伏線があるんだかわからんもんだねー。(それは伏線とは言わないような)
しかしどの子か解らない。誰が誰か解る日は来るのだろうか?