社会学的ラブソング・改

ロックと活字とごはんと溜息と。看板に偽りだらけ。あまりはてブされたくないのではてブボタンは設置していません。

undivided E.P./cinema staff×アルカラ

THE BACK HORNや山さんソロが出た年以上に今年のネコフェス観たかった。
アルカラとシネマはこないだ観たしHEREとfolcaは9月に観るからいいとしよう、ゆーの観たかったなぁ。あとSSGHの集い。
そんな自分は何故か新長田に居た。

さて「undivided E.P.」である。
対バンツアーの先行予約申し込みたかったし*1・・・と言いつつ、単純に「first song (at the terminal)」が良くて。
ほんま、ええ曲。
アルカラや、他のバンド達の事を想って作ってはるんやろうけど、もっと広い、普遍的な歌でもあるような気がする。
もっと茶の間に届け。この歌でMステ出てくれ。KissFMはもっと流せ(リクエストしてんのにほんまに)。
「A.S.O.B.i」は異様にカッコいい。
ラジオでネタバレ云々言ってはったんで、もっとすっとこどっこいな曲なのかな?と思っていた。
目にした「えび」が「そび」に見えるくらい聴いている。
これバンドで演りたいんですけど・・・全部わたし歌うから・・・でも辻パートは誰かお願いしたい・・・
多分構成が複雑すぎてダメかも。
お互いの曲のカバー、アルカラの「great escape」聴いて「え!?」ってなった。
稲ピーが「シネマの遊び部分を出したい」と仰っていたが、シネマの曲がシリアスさを要求するのかも。
シネマの「チクショー」は元ネタ知ってたらもっと楽しいんだろうな・・・と思ったが殆ど分からなくても良い。

で、「サースティサースティサースティガール」がこないだのチュアーで演ってた、共作したやつなんだよね?
ライブで聴いた時と全然違う感じ、ライブの時よりミリキュー感薄れた気がする。
あの”重さ”をアルカラが消化したというか。

どうでもいいんだけど兎に角見て!なニュース:
シネマ×9mmの千秋楽打ち上げで卓郎に成り代わったかの如くさらりと紛れ込む山さんが良いな。詳しくは9mm LINE BLOG参照。

*1:ART一択とか取れる気せえへんけどな