社会学的ラブソング・改

音楽と本とお茶と美味しいものと面白いもので出来ている。あんまりはてブされたくないので、はてブボタンは設置してません。

音人の卓郎→兄ィの流れいいぞ

トーキング・ロックがあるのに音人がない本屋がホワイティにあった。
発売日だったが、入荷遅れたのかエレカシファンがわんさか買ってった後だったのか。

6/5〜8もエントリが前後します。どうでもええけど。
・ROCKIN' ON JAPAN
今月号のチャットモンチーのインタビュー読んだら、いっそ清清しいくらいで「解散も仕方ないんだなぁ」と思えた。
ずーっと「”解散”じゃなくて”休止”じゃだめなんだろうか、気まぐれにたまーに復活するんでもいいよ」って思ってたんだが。
センターステージってBRAHMANがやってないか?「わにまくらいしか〜」とはわにまの方々が仰るけど。
エルレのインタビュー宜しく頼むぜ山崎のオジキ!
シネマアルカラも良かった。こういう関係、いいな。
CHAIの扱いの小ささわろた。今回のチャットモンチー以上の、あほほどバカでかい扱いしそうなのにね。
・爆飲会
スペアザ回。これ読む為に買ったんだとしても後悔はないぞ。
TOSHI-LOWさんが荒ぶってる時は怒髪天先輩のうしろに逃げたらよいらしい・・・が今後怒髪天先輩の近くに避難するバンドマン多そう。
TOSHI-LOWさんにぶん投げられそうな状態から逃れる話がとんち話みたいだ。
音楽と人
卓郎のシューッとした写真の後にあの兄ィは素でブフッてなってもうた。
初めてライブ観た頃から考えたら、随分柔和な顔つきになってきたよなぁ、卓郎。
メロンパン発言どころかゆるめのMCにびつくりだもの。
兄ィ伝説、まだあったか(笑)
理由つけようとすると〜、ただの歌だよ〜って言ってる傍から「泥舟っていうのはこの国を喩えた言葉かと思ったんですけど」って投げ掛けられてる流れ。
それは石井さんの考えではあるし「なるほど」と思うけれど、先の話の後だとへんな感じ。
今の兄ィはそういうのまず置いといて歌とぶつかり合って欲しいんじゃないかなー、と。
SNSじゃない媒体でもそうなっちゃうんだよなぁ・・・それこそ石井さんが嫌う媒体みたいになっちゃってる。
結局みんなそうなるのかね。がんじがらめがらめー。
あと、一時期(武道館らへん)の兄ィからは想像つかんかったな、その後、つまり今の「不遇の時代」つうの。
あれだけ頑張っても思った結果出てないのかねぇ。切ねえな。
それだけ世の中悪くなってるって事か。。。