社会学的ラブソング・改

音楽と本とお茶と美味しいものと面白いもので出来ている。あんまりはてブされたくないので、はてブボタンは設置してません。

なんともないと思ったけど

前回はこちら↓
なんともないと思うけどな - 社会学的ラブソング・改

行ってきたよ専門病院。西元町のモダン寺の裏んとこらへんの。あそこそういうとこだったのか。
スケジュールと呼び出しのタブレット的機械持たされてぐるぐる。
普段の血液検査だと何故か血が採れなくて苦労しがちなので「出にくいけどいつも左でやってます」と自己申告したら「出てるよー」って。
検査結果出るまで1時間弱。はやーい!
病院内のカフェでパンケーキ食べながら「渋谷のナイト」へのメールを書く。
意外と早かった、ちょろいちょろいすぐ終わんじゃね?お昼食べようと思ってたカフェの開店前にお会計まで終わっちゃったらどうしよう。
再び診察、結果を聞く。
「血液検査、尿検査は大丈夫ですね」
でしょー、どうせ何ともないと思ってた。
「で、超音波検査の結果。ここ石灰化してる」
あ?
「良性か悪性か検査します」
今、何つった?
めっちゃ怖そうだと思ってた細胞診受ける事になってしまった。

検査は午後からなので当初の予定を変更してモトコーへ。
レルレ氏のブログだっけな?「メタルコア専門店」、多分モトコーだろうと思ったらやっぱりそうらしいので店の前まで行ってきた。
あじさいの街”って?と思ったらモトコーそれぞれに名前があるそうだ。
かの有名な「焼肉スナック」の隣だった。
オープンには早かったので即撤収。
モトコーはあの雰囲気が昔から怖くて。
中学の頃とかカツアゲ怖くてビビリ倒してる背後で実際にカツアゲ遭ったらしき人の会話が聞こえてきたり。
今は耐震工事云々で閉店してるとこが結構あって、人が少なくて怖い。水曜午前だし。
今回もモトコー7踏破ならず。
お昼はティールームココでお茶頂きつつオープンサンドイッチ食べつつ本を読む。

牛さんミルクピッチャーが可愛い。ちゃんと口から出る。

1杯目ストレート、2杯目からミルクティーにしたけどお茶に対して丁度良いミルクの量なのが素晴らしい。
洋食の朝日の場所確認。検査結果聞きに来なきゃならんので、その日は朝日でご飯を食べよう。終わったらティールームココ。

細胞診は首に針刺して細胞採る検査である。怖いやん首に針グサーッって。
首だから刺すとこは見なくて済むけど、痛い。
事前案内では腕の注射と同じくらいの痛さとあったが絶対嘘だ痛い。奥歯に響く痛さ。じんじん。
そもそも針の太さが違う!チラ見で針先の穴がっつり見えるねんで・・・
しかも2回目あるし。痛いの痛くないのって、声出てもうた。じんじんじんじん。
これ書いてる時点でもまだくしゃみしたり鼻かんだり上向いたりお茶飲んだりしても痛む。
痛みが残るのは特に問題ないらしい。こんなに痛いのに。確かに痛みに弱い人間だけどこれは辛い。

ここまでやって何も無い・・・のが一番いい。あったら困る。厭だ。
と思う一方で、何も無いなら一体ここんとこの不調の原因は何なんだろう。
40歳過ぎてから体力落ちてきてるのかなーいかんいかん、と思ってたのが甲状腺ホルモンが不足してる時症状に当てはまるのだが。
だとすると加齢なのか!?((((;゚Д゚)))))))