社会学的ラブソング・改

音楽と本とお茶と美味しいものと面白いもので出来ている。あんまりはてブされたくないので、はてブボタンは設置してません。

愛はめんどくさい

ネコフェス第3弾発表見てああーってなってる。
またキング・クリムゾンのあの顔になってる。
クリムゾン・キングの宮殿

今週のお題「あの人へラブレター」

出会ったのは2010年、すると付き合いは8年になるのか。
思えば長い道のりだったなぁ・・・ものすごく遠回りだった。
割と衝動的な出会いだったよね。
一目ぼれ・・・だったのかな。
落ちる時はあっけない。
自分でもそんな出会い方すると思ってなかった。
運命だったのか、これも。
人からは「いい子やね」って言われる。せやろ?っていつも思ってる。
一癖も二癖もある訳じゃなく、何でもオールマイティに出来る人、その包容力と柔軟性が好き。ふふ。
割と地味・・・ごめん、いつも合わせてくれてるんやね。何でいつもそんなに優しいんやろな。

正直、存在が重いと思う事もよくある。
でもその重さが嬉しかったりしてね。
あと他の人と一緒なのを見ていても、嬉しい。
”幸せ”ならば、いいんだよ誰と一緒でも。寧ろ自分と居る方が幸せじゃないかもしれない。。。
時々めげる、悩むんだ。
それでも気持ちにこたえてくれるのが嬉しくてなぁ。いいんだよーって。
普段無口だけど。
ありがとね。
これからも一緒に居る時間を大事にしていけたら、一緒に歩んでいけたらいいなぁ、なんて思う。
これ以上は言わせんな、恥ずかしい///















いつかメサブギーで全力で鳴らしてやるから待ってろ。

THE BACK HORNで書くと思ってたろ?
ガチ過ぎて書けないし公開出来ないからやめたんだよ!
(「夜更け」のライブ感想メールですら、どんだけ悩んでのたうち回って書いてるやら・・・稀に書くファンレターは勢い)
多分楽器で書くのは”どぼん”してると思う。
いいんだ。
モノを“あのコ”呼び→いやなんか恐れ多い→“あの人”呼びなんだよなー、普段から。
ヤフオクで中古ポチったのだった。
友康さんに憧れてフェンダーのサンバーストのストラト(だけどフェンダーUSAまで思い切れなかった)、ウォッチリストに入れて「うーんどうしよう」って悩んでたんだがブッチャーズ観た帰りに「うおおギターかっこえええええ」ってポチってそのまま終了迎えて現在に至る。
そういう経緯だけどくるりでも何でも出来るから有難い。
体力無いからストラトでも重い時ある(笑)
自分がまだあんまり弾けないから、代わりに色んな人に爆音で鳴らして貰いたいと思っている。
周りにはギター貸し借りするの厭がる方が多いが、信頼置ける人ならどんどん弾いてやって欲しいのだ。兎に角がっつりと。
しかしシンセより”相棒”感あるのは何故だろう。

どうでもいいニュース:
メサブギー、難しいらしいね・・・。