社会学的ラブソング・改

音楽と本とお茶と美味しいものと面白いもので出来ている。あんまりはてブされたくないので、はてブボタンは設置してません。

拝み屋備忘録 怪談双子宿

「拝み屋備忘録 怪談双子宿」(郷内心瞳/竹書房文庫)読んだ。
じわじわ怖い。
シリーズ的に長く続いていた件ではない、単発の短い怪異話の方が却ってリアルですーっと寒くなる。
こないだ「鬼談」の感想で

”よくわからない”のが怖い。畏い。
怪異話で一番怖いのがよくわからないまま、一体何なのか曖昧なまま終わってしまう話だと考えている。

と書いたんだけど、”よくわからない”の中でも意図が分からないの怖い・・・。
かくかくしかじかで思い残してますとか、本人の意図しない所で恨まれたりとか、はあると思う。
でも分からないうちにそこまでする?てな事されて、関連あるかは定かではないとはいえ死んでるっていう。
それは厭すぎる。

どうでもいいニュース:
「鬼談」の京極先生で思い出したんだが、講談社タイガ創刊のラインナップに京極先生のお名前あったよね・・・?
新作心待ちにし過ぎて幻でも見てたんだろうか。