社会学的ラブソング・改

音楽と本とお茶と美味しいものと面白いもので出来ている。あんまりはてブされたくないので、はてブボタンは設置してません。

石井麻木写真展【3.11からの手紙/音の声】 at コワーキングスペースSHARES

「ふろくの楽しみ」展は3月後半まであるが今日行くぜよ!にしたのは石井麻木さんの写真展が25日までだったからである。
ヤマサ蒲鉾らへんから地図片手に会場へ。自分にしては珍しく迷わなかった!
2014年にNu茶屋町でやってた写真展以来である。
初めて被災地に行かれる前の話に覚えがあったのは、その時に読んだ文章だったんだろう。他の媒体でも読んでたかも。
それまでと、それ以降重ねてこられた写真と文章。
復興が進む所もあれば、進まない(進められない)所もある。
改めて思い知らされる事実。
現地に行けるなら行きたいが、行けないなら行けないなりに、出来る事を探していきたい。
現地に行き、交流があるからこそ撮れる写真なんだな。
冷静で、温かい目線。

ライブ写真は東北ライブ大作戦のライブハウスや風とロック、ARABAKIかな。
どのアーティストもかっこいい。その中でもTOSHI-LOWさん、山さんは見入ってしまった。
石井さんのライブ写真って真っ直ぐで好きだ。

23年前、こちらにも来て欲しかったなぁ・・・とやっぱり思ってしまった。そんな事思っても仕方のない事だけど。
あの時も自分が知らないだけで、どなたか写真・文章を他の地域に届けておられたのだろうか。

帰りに物販でポストカード等色々購入。
下の階の幡ヶ谷再生大学、東北ライブハウス大作戦等のブースも見てきた。
幡ヶ谷再生大学の冊子はどれ買おうかな?と考えていたら「どうぞ」と手渡された。い、いいのかしら・・・。
帰ってきて読み始めたが、色んな人に読んで欲しいと思った。
自分の友人達で回覧しようかねぇ。