社会学的ラブソング・改

音楽と本とお茶と美味しいものと面白いもので出来ている。あんまりはてブされたくないので、はてブボタンは設置してません。

ていねいに暮らしたかった

本日は自分の実家へ。
行かずに済めばよいのだがそういう訳にもいかないのである。
CD・本がまだあるから。新年の挨拶もしなきゃだけど、メインの目的はそれ。
今の家に持ってくるには収納が足りなさ過ぎる、しかし実家に置きっぱだと聴きたい時に聴けないし読みたい時に読めない。あと手放せるものは早めに手放しておきたい。
厭味言われつつ椎名林檎・9mmを中心にごそーっと持ち帰る・・・心算が「Termination」が見つからず(泣)。とほほ。
それにしても小犬の可愛さよ。獅子丸(仮)が可愛くてなぁ・・・ほんっとに元気いっぱい。こっちに向かって走って来られると怖い(笑)。

今回はCDと音楽系の本を持ち帰った心算だが、それ以外の本も混じっていたので、帰宅後に読む。
お茶・飲食絡みの本が多かった。
・明るい食品偽装入門(魚柄仁之助/サンガ)
食品偽装が話題になってた頃に出た本だろうか。
とんぶりでキャビア作ったり、卵黄でからすみ作ったり。いい食品偽装である。
作ってみたいなぁ・・・と思っていたが、結構難しそう^^;
・うつわの手帖(1)お茶(日野明子/ラトルズ)
急須・土瓶が欲しくなる。
伊万里陶苑の土瓶が美しくて。お茶が美味しく入りそう。
欠けてしまった急須の蓋を金属で作る、という方があって。そうやって長く急須使えるようになったらいいなぁ。

そういえば家を出たら食器にこだわって暮らしたかったのだった。
叶わず。
今ある食器、壊れてないのに捨てたくはないし、こだわって買ってもすぐ壊しそうだし。
丁寧に暮らしていける人じゃないと、明るい食品偽装もうつわにこだわる生活も難しそう。。。

どうでもいいニュース:
勝訴ストリップ」のクレジット見たら、名越さんのが「名越”ラムネ”由貴夫遅刻王」とあった。ははぁ。
カースケさんは「河村”キリスト”母介係長」。カースケから”母介”なのか。