社会学的ラブソング

音楽と本とお茶と美味しいものと面白いもので出来ている。あんまりはてブされたくないので、はてブボタンは設置してません。

霊能動物館

日頃の行いは思わぬ形で出てくるもんなんだな。
普段から炎上商法やらかして他人をバカにしてなければ、訴えるべき事が伝わっただろうに。
元々声がでかい人がやらかした所為で本当に苦しんでる人が声を上げられなくなってしまったのでは。

霊能動物館(加門七海集英社文庫)読んだ。
動物を通じて怪異・言い伝えetc.を見ていくと、面白い。
上野動物園の元園長さんの解説込みで読むと面白い。
昔昔の話じゃなく、今でもあるんやねえ。
神懸かりひええ、と思うけれど、当事者としては何でもない、日常なんだろうなぁ。
弘法大師と狸・狐の話で「本州に鉄の橋がかかったら四国に帰ってきてよい」と仰ったそうだが、瀬戸大橋を予測してはったんやろか。
あと福島県が巨大な九尾の狐の頭部に相当するのではないか、とあるが、もしそうだとしたら東日本大震災原発のあれこれは九尾の狐的にはどうだったんだろう。。。